上野ストアハウス『日韓演劇週間』、ぽこぽこクラブが『ゲシュタルト崩壊』上演 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

上野ストアハウス『日韓演劇週間』、ぽこぽこクラブが『ゲシュタルト崩壊』上演

筆者: 達花和月 更新日: 2017年9月27日

 

東京の小劇場「上野ストアハウス」が主催する国際交流プログラム・企画公演『ストアハウスコレクション』のひとつ、『日韓演劇週間』が、2017年10月4日(水)~8日(日)に開催されます。『日韓演劇週間』には、韓国より招聘したカンパニー(パスクン/モンシアター)と、日本の「ぽこぽこクラブ」が参加。日韓の両作品を、休憩を挟んで観劇できます。「ぽこぽこクラブ」が上演するのは、2017年5月~6月の上演で好評だった『現世永劫爆殺地獄』の“完全版”となる『ゲシュタルト崩壊』です。

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)3名さまを、この『日韓演劇週間』公演にご招待します。10月4日、5日、6日の公演にそれぞれ各1名さまで、計3名さまとなります。詳しくは、この記事の末尾をご覧ください。※このプレゼント応募受付は、終了しました。

 

(左から)坂本健さん、渡辺芳博さん、三上陽永さん、杉浦一輝さん、高橋玄太さん=撮影・達花和月

(左から)坂本健さん、渡辺芳博さん、三上陽永さん、杉浦一輝さん、高橋玄太さん=撮影・達花和月

 

 

「ぽこぽこクラブ」のみなさんにコメントをいただきました。

 

坂本健さん:シモンヌ(「泥棒対策ライト」下司尚実さん)さん振付のダンスは、踊ってても見てても楽しめます。シモンヌが坂本を輝かせるダンスを創ってくれたので、もしかしたらちょっとかっこいいところとかあるかも(笑)。どセンター!で踊らせていただきます。

 

杉浦一輝さん:『ゲシュタルト崩壊』ということで、70分通すとカオスな空間だらけです。役の振れ幅もそうですし、芝居の構成も「本当にいろんな事を演ってくなぁ、この団体」というぐらい詰め込んだので、最終的にいつも以上にカオスな空間になっています。僕は、ぽこぽこクラブを大きくしたいし、その第一歩がこの”日韓”という、外国の方にも観ていただけるという企画なので、価値観とか概念とかいろいろぶち壊したいと思います。

 

高橋玄太さん:前回のぽこフェスで『現世永劫爆殺地獄』をご覧になったお客様も、初めてご覧になるお客様も、とても楽しめる作品になっていると思います。韓国との合同公演ということで、韓国の上演では日本語字幕がありますが、僕たちの上演には字幕がないので、韓国のお客様がご覧になった時にどう感じるのか?というのはものすごく興味があります。

 

渡辺芳博さん:『現世永劫爆殺地獄』は俺がサボるために書いた作品だったんですが(一同笑)、今回は続編ということで「絶対動かなきゃいけなくなるじゃん!」と思ったら、5分に1回ぐらいのペースで登場して、思った以上に動いています。作品はワンシーン見れば今世界で何が起こっているかすぐわかる『週刊誌』のようだと思ってます。

 

三上陽永さん:今回は「地獄のインド映画」をコンセプトにしてます。ダンスは勿論、インド映画の分かりやすい面白さをテイストとして盛り込もうと思っています。演出も1部と2部では変えているので「ノンジャンルだね」って言って貰えるような、良い意味で幅広い、悪い意味では節操ないという感じで、やりたいことを詰め込んだ芝居になってます。

 

 

『ゲシュタルト崩壊』ゲストの(左から)磯部莉菜子さん、湯浅くららさん、細村雄志さん、 都倉有加さん=ぽこぽこクラブのウェブサイト(https://www.pocopoco.club/)より

『ゲシュタルト崩壊』ゲストの(左から)磯部莉菜子さん、湯浅くららさん、細村雄志さん、 都倉有加さん=ぽこぽこクラブのウェブサイト(https://www.pocopoco.club/)より

 

 

《ぽこぽこクラブ公式ページより》
突如発見された謎の回転物。
これは一体何なんだ!?
そもそも私達は知っている。回転物は回らなければ意味がない事を。
さらに私達は知っている。回転するなら回してみたい気持ちを。
だから私達は知っているフリをしている。回転すれば何かが変わる事を。
しかし私達は知らないフリをしている。回転させるべきじゃなかった事を。
そして私達は忘れてしまっている。「これは一体何なんだ!?」という事を。

 

 

韓国の2カンパニーと、その上演作品などについての詳しい説明は、こちらをご覧ください。
上野ストアハウスのページ http://www.storehouse.ne.jp/collection/next.html

 

 

<ストアハウスコレクションNo.11 日韓演劇週間Vol.5>
【東京公演】2017年10月4日(水)~10月8日(日) 上野ストアハウス
『ゲッベルス劇場』劇団番人[パスクン](韓国)
『サイコパスは猫を殺す』夢劇場[モンシアター](韓国)
『ゲシュタルト崩壊』ぽこぽこクラブ(日本)
料金:前売・予約¥5000 当日¥5500
予約のページ https://ticket.corich.jp/apply/85133/

 

<タイムテーブル>
2017年10月4日(水)19時 ぽこぽこクラブ/パスクン
2017年10月5日(木)19時 ぽこぽこクラブ/モンシアター
2017年10月6日(金)19時 ぽこぽこクラブ/パスクン
2017年10月7日(土)13時 ぽこぽこクラブ/モンシアター
2017年10月7日(土)18時 ぽこぽこクラブ/パスクン/(トークあり)
2017年10月8日(日)14時 ぽこぽこクラブ/モンシアター

 

<『ゲシュタルト崩壊』キャスト&スタッフ>
作:渡辺芳博
演出:三上陽永
出演:杉浦一輝 三上陽永 渡辺芳博 坂本健 高橋玄太(以上ぽこぽこクラブ) ​磯部莉菜子 湯浅くらら 細村雄志 都倉有加
照明:坂本明浩
音響:堀江潤
振付:下司尚実
舞台アドバイザー:大刀祐介

 

<関連サイト>
上野ストアハウス
http://www.storehouse.ne.jp/collection/index.html
ぽこぽこクラブ
https://www.pocopoco.club/
ぽこぽこクラブ Twitter
https://twitter.com/pocopoco_club

 

<関連リンク>

 

ぽこぽこクラブ 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)3名さまを、上野ストアハウス『日韓演劇週間』の10月4日(水)、10月5日(木)、10月6日(金)の公演(いずれも19:00から)にご招待します(各日お1人で計3名さま)。応募締切は、9月29日(金)午後4時です。ご招待はお1人ですので、お連れさまとご一緒される場合は、お連れさまは別途料金が必要になります。ご応募は、アイデアニュースに電話(0797-82-3323)して有料会員のお名前とアドレスをご連絡くださるか、この下のフォームからお申込み下さい。当選された方には9月30日に連絡させていただきます。※このプレゼント応募受付は、終了しました。

 

 

※この記事には有料会員限定のページはありません。

 

<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
■ 2017年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.