「こんなすごいミュージカル、観たことない」、『ビリー・エリオット』大阪で上演 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「こんなすごいミュージカル、観たことない」、『ビリー・エリオット』大阪で上演

筆者: 橋本正人 更新日: 2017年10月22日

 

ミュージカル『ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~』が、2017年10月15日から11月4日まで、大阪の梅田芸術劇場メインホールで上演されています(東京公演は終了しています)。実は、私は観劇前は「この作品は子ども向けのミュージカルなのかな」と思っていましたが、それはとんでもない間違いでした。もちろん子どもも楽しめる内容ではありますが、大人にもズドンと響く、スピーディーかつ重厚な作品です。私はミュージカルを中心に、これまで数々の舞台を観てきましたが、こんなすごいミュージカルは、観たことがありません。高いレベルの音楽と歌と芝居とダンスが、絶妙な演出で一体になった、まさに総合芸術。涙も鼻水もダダ漏れになりながら、見入ってしまいました。

 

ミュージカル『ビリー・エリオット』より(ビリー役:前田晴翔君)=撮影:阿部高之

ミュージカル『ビリー・エリオット』より(ビリー役:前田晴翔君)=撮影:阿部高之

 

 

何が素晴らしかったのか言い出すとキリがありませんが、私としては、なんといっても1幕最後の「Angry Dance(怒りのダンス)」でした。その迫力は、まさに絶句。

 

バレエに理解を示さない父(私が観た回は益岡徹さん)に隠れて、バレエの先生(同、島田歌穂さん)の指導を受けていたビリー(同、加藤航世君)。ロイヤル・バレエ・スクールのオーディション当日にバレエを続けていることが父や兄(同、中河内雅貴さん)にばれてしまい、炭鉱労働者と警察の衝突が激しくなったことも重なって、試験を受けられなくなります。ビリーは、父に向って「母ちゃんなら行かせてくれた」と叫びますが、父は「母ちゃんは死んだ!」と怒鳴って立ち去ります。ここで、私の涙腺が崩壊しかけます。

 

ビリーは、階段を駆け上がって自分の部屋に飛び込んで行き、怒りのタップダンスを踏み始めます。このダンスが、たまらくカッコイイんです。私が観た回にビリーを演じた加藤航世君は、バレエ歴9年とは聞いていましたが、タップがここまですごいとは思いもしませんでした。

 

そして舞台はまたたくまに警官隊と衝突する労働者たちの場面にスライドしてゆき、気が付くと、警官隊とビリーが対峙するイメージのシーンになります。この時の警官隊の迫力が、とんでもない。ヘルメット姿の警官隊が舞台の横幅いっぱいに広がり、手に持った半透明の盾を並べて大きな壁を作り、盾をガンガン叩きながら一斉に床にドン、ドンと当てます。盾が作る大きな音と、ビリーの怒りのタップの打撃音、そしてギターの激しいビートが交差します。

 

舞台を観ている自分自身が、舞台上に引きずり上げられて、グルグル引き回されているような「巻き込まれ感」。映像では感じられない、生でしか味わえない舞台の魅力を、あらためて認識させられた瞬間でした。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、ミュージカル『ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~』公演レポートの全文を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■オールダー・ビリーの優雅な舞と、舞台の上空を縦横無尽にフライングする子どもビリー

 

■ストライキ中でお金がない父。ビリーのためにスト破りをして「裏切り者」と呼ばれ…

 

■ハッピーエンドばかりではなく、暗く厳しい現実世界もしっかり描き、それでも、と

 

■ミュージカルではあまり見かけない、父親と男の子の組み合わせの観客もあちこちに

 

 

<ミュージカル『ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~』>
【東京公演】2017年7月19日(水)~10月1日(日) TBS赤坂ACTシアター(この公演は終了しています)
【大阪公演】2017年10月15日(日)~11月4日(土) 梅田芸術劇場 メインホール

 

<関連サイト>
公式ページ
http://billyjapan.com/
梅田芸術劇場のページ
http://www.umegei.com/schedule/545/

 

<おもなキャスト>
ビリー:加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力
お父さん:吉田鋼太郎、益岡徹
ウィルキンソン先生:柚希礼音、島田歌穂
お婆ちゃん:久野綾希子、根岸季衣
トニー:藤岡正明、中河内雅貴
ジョージ:小林正寛
オールダー・ビリー:栗山 廉(Kバレエ カンパニー)、大貫勇輔
(筆者が観劇した回のおもな複数キャストは、ビリー:加藤航世、お父さん:益岡徹、ウィルキンソン先生:島田歌穂、お婆ちゃん:根岸季衣、トニー:中河内雅貴、オールダー・ビリー:大貫勇輔、マイケル:城野立樹のみなさんでした)

 

 

ビリー・エリオット 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、ミュージカル『ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~』公演レポートの全文を掲載しています。

 

ミュージカル『ビリー・エリオット』より(ビリー役:加藤航世君、ウィルキンソン先生役:柚希礼音さん)=撮影:阿部高之

ミュージカル『ビリー・エリオット』より(ビリー役:加藤航世君、ウィルキンソン先生役:柚希礼音さん)=撮影:阿部高之

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. もも より:

    東京公演を観ました。本当に素晴らしい舞台で、両手を膝の上で握りしめながら観ました。何箇所も涙が出てきてハンカチ必須でした。今のビリーたちは今しか観られない!大阪にも行きたいくらいです!

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.