「今までやってきたものの中でもいちばん無謀な翻訳劇」、『フリー・コミティッド』成河インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「今までやってきたものの中でもいちばん無謀な翻訳劇」、『フリー・コミティッド』成河インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年5月17日

 

2018年6月28日~7月22日まで、東京・DDD青山クロスシアターで上演される『フリー・コミティッド』。劇作家、女優、TV プロデューサーであるベッキー・モードさんが、1999年にマンハッタンのチェリー・レーン・シアターで上演した「一人芝居」の傑作コメディです。作中に入れ替わり立ち代り登場する全38役を演じる成河さんにお話をうかがいました。

 

成河さん=撮影・伊藤華織

成河さん=撮影・伊藤華織

 

 

――作品名の『フリー・コミティッド』の「フリー」を、日本語表記だけ見て「Free」かと思ったのですが、「Fully」なんですね。

 

いくつかダブル・ミーニングがあるそうで、レストランの「満席状態です」という場合にも使うようなんですね。

 

――「全力で頑張る!」みたいな意味も。

 

それがふたつダブル・ミーニングで合わさっていますね。劇中としては、すごくピッタリな。

 

――作品はご存知でしたか?

 

いえ、知りませんでした。プロデューサーの江口(剛史)さんから「すごく面白いものを観た! これを日本でどうしてもやりたい」というお話を3年前くらいからずっと言っていただいて。

 

――今回の上演は日本初演になりますね。

 

そうだと思います。こんな大変な作品演やろうと思う人いないですよ(笑)。イヤ、僕、江口さんじゃなかったら、これ断ってますよー!だって出来ないもん。

 

――38役の一人芝居なのでかなり…。

 

イヤイヤこれ出来ないっすよ! 出来ない出来ない。何考えてんの?!って思いましたよ。いろんなお芝居で「出来ない」っていうのはいろんなパターンがあるでしょうけど。…出来るかもしれないけど、これが面白くなるためのハードルって非常に高いので。例えば「『資本論』を演劇にします!」って言う人だっているわけですから「演劇」に出来ないものはないわけで、大変で難しいものはいくらでもあるんですけど、これに関しては38役が無謀なのではなくて、“翻訳劇で38役”であることが、やっぱりとても大変ですね。それで、現代劇の翻訳劇なので。

 

――では「翻訳劇」でなければ、38役はアリ?

 

例えばですけど、一番表現として近いのは、日本では「落語」があるんですよね。落語で38役なんて普通にあるでしょうから。

 

――確かに『居残り佐平次』とかそんな噺ですね。

 

ええ。だから問題は、これはニューヨーク生まれニューヨーク育ちの作品で、要するに“ニューヨークあるある”のお話なんですよ。ニューヨークのレストランのニューヨークで「居る居る、こういう人居る、こういうときあるよね?」っていうことが盛りだくさんなので。

 

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『フリー・コミティッド』のお話の続きなどインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。18日掲載予定のインタビュー「下」では、37歳になって思うことや黒蜥蜴のお話などインタビューの後半の全文を掲載します。

 

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■引き受けた決め手は、1人の人間の成長物語としてすごく共感できる話だから

 

■成長と家族の物語。『魔女の宅急便』が好きな人は泣きます、これ

 

■向こうのまんまどこまで出来るんだろう?と。だから「翻訳」にこだわるんです

 

■翻訳劇として観て貰うときに出てくる余計な壁をなるべく取っ払いたい

 

 

 

<『フリー・コミティッド』>
【東京公演】2018年6月28日(木)~7月22日(日) DDD 青山クロスシアター

 

<関連リンク>
『フリー・コミティッド』公式 HP
https://www.stagegate.jp/stagegate/performance/2018/free_committed/
Stage Gate Twitter
https://twitter.com/catproduce
web dorama de songha
http://web-dorama.jugem.jp/
スペースクラフト・エンタテインメント 成河
http://spacecraft.co.jp/songha/
成河・スタッフオフィシャル Twitter
https://twitter.com/tw_de_songha_sc

 

フリー・コミティッド 関連記事:

⇒すべて見る

 

成河 関連記事:

⇒すべて見る

 

※『フリー・コミティッド』成河さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月31日(木)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

成河さん=撮影・伊藤華織

成河さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. やよい より:

    単にコメディとして楽しめるだけじゃなく、サムの奮闘、決断から、見終わった時に何かを受け取れる作品になりそうですね。
    90分の中でどんな人間ドラマが繰り広げられるのかとても楽しみです!

  2. MARIA より:

    一人38役と聞いただけでは想像し難い舞台に思えます。
    しかし、成河さんならばきっと、観客を惹きつけてアッという間に、その世界に引き込んでくれると期待しています。
    観劇するのが楽しみで、待ちきれません。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースのおもな新着記事などを、お知らせします。だいたい月に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年5月掲載分
■ 2018年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.