「稽古場で感じて創る」、『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』篠井英介(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「稽古場で感じて創る」、『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』篠井英介(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年6月18日

 

2012年のピューリッツァー賞戯曲部門賞受賞作品、キアラ・アレグリア・ヒュディス作『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル ~スプーン一杯の水、それは一歩踏み出すための人生のレシピ~』が、2018年7月6日(金)~22日(日)まで、東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演されます(大阪公演あり)。歌舞伎界の新鋭、尾上右近さんが翻訳現代劇に初挑戦する注目の作品です。その右近さん演じる主人公エリオットの母親役、オデッサを演じる篠井英介さんに、作品についてお話をうかがいました。

 

篠井英介さん=撮影・伊藤華織

篠井英介さん=撮影・伊藤華織

 

 

――翻訳・演出のG2さんとは、これまでにいろいろな作品でご一緒されていらっしゃいますが、今回はG2さんから直接お話があったのでしょうか?

 

この作品はパルコさんからのお話でした。もちろん、G2さんが「よし」と思ってくださり、G2さんが翻訳と演出をなさるということも、やっぱりお受けするにあたってはとても大きかったです。

 

――主人公エリオットの実母、オデッサを演じられます。いま現在で彼女をどのような人物と感じていらっしゃいますか?

 

彼女はかつてジャンキーで、おさない娘を亡くしている暗い過去がありますし…。子供のお父さんの姿が出てこないので、母子家庭で子供2人を育てながら、仕事もしていて大変だった。そんな中、そういうお薬にちょっと走ったようなところがあったりするのかなぁと思いますね。台本には書かれていないので、これは想像ですよ(笑)。

 

でも、基本的にサイトを運営したりしているので、世話好きなところももちろんあり、本来、人も良いんじゃないかなと思います。逞しさと弱さを両方兼ね備えている感じかな。強いところと、とっても弱い部分とを、…やっぱり皆さんそうなんですけど、すごく両方持ってるからこそ、こんな状態になっちゃってるっていう感じはありますね。

 

――台本を読ませていただきましたが、それぞれの登場人物のバックボーンについては、あまり語られていないように感じました。篠井さんは、役作りはどのようにされているのでしょうか。

 

人によっては「この人はこういう家族構成で、こんな生い立ちがあって」って、考える人もいらっしゃると思うんですけど、いつもいろんな役をやらせていただくときに、僕は台本に書かれているものがすべてで、演者としては、そこに肉体が、存在があるので、背景はお客様が想像すればいいと思ってるんです。僕はそれを口で説明しませんからね。「実はここに到るまでにこんなことがあって」なんて、台本にももちろんないので、「この人どういう人で、どんな前後があって」っていうのは、それをお客様が探していく、っていうのかな、感じていったり、見つけていくのがお芝居の楽しさだと思います。

 

自分が役の背景を想像して決めても、演じる上での寄る辺というか、ひとつの指針としてはあっても良いと思うんです。それを伝えるのが目的ではないので。出てくる人たちの人間関係とか、関わり方とかドラマ、そこで生まれるドラマをお客様にお見せするのです。だからあんまりね、考えないようにしているんです。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、現代劇のリアリズムの楽しさや大事なこと、「母性溢れる主人公の母親」とされるオデッサ役について、演出のG2さんなどについて語ってくださった内容を掲載しています。6月19日掲載予定のインタビュー「下」では、「華がある」という尾上右近さんについてや、今の日本でこの作品を上演する意味などについて語ってくださったインタビューの後半の全文を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■人って周りから見られたり、どう接してくださるかっていうことで自分が生まれてくる

 

■生きづらさとか、ささやかな希望とかが、ちゃんとお客様に見えたり感じたり出来れば

 

■お芝居って、自分で決めちゃっても思い通りになんか行かない。人間相手、人間関係だから

 

■お芝居をしながら育っていく、変わっていく系のお芝居。今回はそれで良いと思います

 

 

<『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル ~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~』>
【東京公演】2018年7月6日(金)~ 7月22日(日) 紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA
【大阪公演】2018年8月4日(土) サンケイホールブリーゼ
公式サイト
http://www.parco-play.com/web/play/wbts/

 

<関連リンク>
PARCO STAGE Twitter
https://twitter.com/parcostage
Me&Her コーポレーション篠井英介
http://www.me-her.co.jp/profile/sasai_eisuke/

 

ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル 関連記事:

⇒すべて見る

 

篠井英介 関連記事:

⇒すべて見る

 

※篠井英介さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月2日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

篠井英介さん=撮影・伊藤華織

篠井英介さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. サンド より:

    このお舞台を数回の観劇予定しています。篠井さんはお顔は存じておりましたが、この度のメディアを通じてのお話を伺い、さすがにベテランの凄い役者さんのイメージが湧いてきて一度にファンになりました。観劇がますます楽しみでワクワクしております!

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.