「尾上右近くんが僕にどんなお芝居をしてくるか、楽しみ」、篠井英介(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「尾上右近くんが僕にどんなお芝居をしてくるか、楽しみ」、篠井英介(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年6月19日

 

7月6日に開幕し、東京と大阪で上演される『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル ~スプーン一杯の水、それは一歩踏み出すための人生のレシピ~』は、歌舞伎界の新鋭、尾上右近さんが翻訳現代劇に初挑戦する注目の作品。右近さん演じる主人公エリオットの母親役、オデッサを演じる篠井英介さんにお話をうかがったインタビューの後半です。

 

篠井英介さん=撮影・伊藤華織

篠井英介さん=撮影・伊藤華織

 

 

――息子であるエリオット役の尾上右近さんについて、どんな印象をお感じになりましたか?

 

この間、彼の持っているラジオにゲストで出させていただいたので、そのとき割とガッツリ1時間半位はおしゃべりしたんです。歌舞伎の人のすごいのは、365日の内の300日ぐらいは舞台に毎日上がって、白粉塗って演ってらっしゃるっていう凄さがある。お若かろうが何だろうが、やっぱりプロフェッショナルですよね。本当にキチっとした方なんです。お話のなかで、右近さんが「女形(おんながた)さんの篠井さんが来てくださって、ちょっと助かってます。ホッとしてます」っておっしゃってくださったんです。

 

歌舞伎ではないから、やっと女優さんと一緒に演れるのに、って実は思ってらっしゃるかもって思ってたら(笑)、「いや、有り難いです。ちょっと嬉しいです。慣れてる女形さんっていう存在が居てくださって」って言ってくださるから、「そ…そうなんだ…!」って、ちょっと思ってるんですけど。まぁ、そうおっしゃってくださるのは、僕も嬉しいので。歌舞伎の女形と、こういう現代劇の女形は大分違いますけど、でもハートは一緒なので、「じゃあ、頑張りましょうね!」っていう感じなんですけど(笑)。

 

――そうだったんですね!

 

僕、陰山泰さん以外は、皆さん初共演ですね。鈴木壮麻さん、葛山信吾さんはお芝居を観たことありますし、右近くんは歌舞伎でもちろん観ていますけど、南沢奈央さん、村川絵梨さんのお2人はお芝居を拝見したことないので楽しみですね。ここのところ人数の少ないお芝居が続いていて、G2さんとやっている「三軒茶屋婦人会」っていうのは、もう“オッサン3人が女の役を演る”っていう企画だし、これだけ見目お若く麗しい女性も入って、おじさんも居てっていうのは、ちょっとバラエティに飛んだキャスティングなので、それはフレッシュで新鮮だなーと思ってるんです。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、「華がある」という尾上右近さんについてや、今の日本でこの作品を上演する意味などについて語ってくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■右近くんの態度に「あ、なるほどね!」って、わかる可能性が高いんです

 

■オデッサは、いわゆる女形としての技術とか、そういうものが通用しない役

 

■「この舞台にいる人たちと私は一緒」っていう捉え方が拠り所。今観ておくべき芝居

 

 

<『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル ~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~』>
【東京公演】2018年7月6日(金)~ 7月22日(日) 紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA
【大阪公演】2018年8月4日(土) サンケイホールブリーゼ
公式サイト
http://www.parco-play.com/web/play/wbts/

 

<関連リンク>
PARCO STAGE Twitter
https://twitter.com/parcostage
Me&Her コーポレーション篠井英介
http://www.me-her.co.jp/profile/sasai_eisuke/

 

ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル 関連記事:

⇒すべて見る

 

篠井英介 関連記事:

⇒すべて見る

 

※篠井英介さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月2日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

篠井英介さん=撮影・伊藤華織

篠井英介さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 二次元二次創作界の住人から、ひとりの俳優さんとの出会いをきっかけに演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
■ 2018年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.