緊張感が半端ない『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』、8月4日に大阪公演 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

緊張感が半端ない『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』、8月4日に大阪公演

筆者: 達花和月 更新日: 2018年8月2日

 

歌舞伎界の新鋭、尾上右近さんが翻訳現代劇に初挑戦した作品『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』が全21回の東京公演を経て、8月4日に大阪・サンケイホールブリーゼで上演されます。『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』は、2008年トニー賞作品賞受賞作『イン・ザ・ハイツ』の脚本家であるキアラ・アレグリア・ヒュディスによる、2012年ピューリッツァー賞戯曲部門賞受賞作です。筆者は、東京公演を観劇しましたが、戦争、薬物依存、ネグレクト、移民など、重い要素が扱われる中、それでも観劇後に、他人との繋がりによって、なにか可能性が広がっていくことを予感できるような、閉塞感の中から目の前に僅かな光を感じられるような、そんな印象の作品でした。

 

尾上右近さん(左)と篠井英介さん=『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』より、撮影:引地信彦

尾上右近さん(左)と篠井英介さん=『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』より、撮影:引地信彦

 

 

イラク戦争の帰還兵で、今はサブウェイでアルバイトをしながら俳優を志望している青年エリオット(尾上右近さん)には、生みの母オデッサ(篠井英介さん)と彼女の姉である育ての母ジニーの2人の母がいた。オデッサはかつて薬物依存で、そのためにエリオットは妹とともにネグレクトを受け、当時子供に大流行した胃炎により、2歳の妹メアリー・ルゥは絶命。自らも罹患したが、何とか助かった幼いエリオットは、伯母のジニーに育てられ成人した。

 

彼と仲の良い幼馴染みで、いとこのヤズミン(南沢奈央さん)は、音楽家志望だったが、現在は非常勤講師として大学で音楽を教えている。離婚調停真っ只中の彼女は、自分の音楽の才能と人生に行き詰まりを感じながら生きていた。

 

エリオットには、ずっと頭にリフレインする、アラビア語のとあるフレーズがあった。実はそれは戦争によって彼が抱えるPTSDの症状だったが、その言葉の意味を知ろうと、ヤズミンの知人であるアマン教授(影山泰さん)に翻訳を依頼するところから物語は始まる。

 

一方、かつての自分の悔やんでも悔やみきれない経験から薬物を止め、“シラフ”6年目になるオデッサは、薬物依存から抜け出すための更生支援のチャットルームを立ち上げ、管理人“俳句ママ”として、このオンラインのバーチャル空間に集う“オランウータン”、“あみだクジ”等、薬物依存と戦う人々と、何日間“シラフ”であったかを語り、互いに励まし、支えあって日々を生き抜いていた。

 

チャットルームの常連、ハンドルネーム“オランウータン”こと、日系人マデリーン(村川絵梨さん)は、生後間もなく日本からアメリカへ里子にだされ、紆余曲折の末、現在は釧路で英語を教えている。

 

同じく常連の、ハンドルネーム“あみだクジ”こと、アフリカ系アメリカ人ウィルスキー(鈴木壮麻さん)はロス在住の国税局の職員。彼は一度依存から抜けていたが、息子との不仲が引き金となり、再び薬物依存の渕に迷い込んだ過去を持つ。

 

ある日、ハンドルネーム“ミネラルウォーター”こと、フィラデルフィアの高級住宅街に住まう企業家のジョン(葛山信吾さん)がチャットルームを訪れ、オンラインバーチャルなコミュニティに新たな波紋が起こっていく。

 

そしてオフラインのリアルな世界では、エリオットの育ての母、ママ・ジニーが、がんで亡くなる。慈悲溢れ、わけ隔てなく人に接し、多くの人々に愛された彼女の葬儀のために、エリオットとヤズミンは疎遠となっていたオデッサを訪ねることになる。そこをきっかけにオフラインとバーチャルな世界が交錯し始める。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、東京公演の舞台の詳細なルポと写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■問題を多く抱えたエリオットが、尾上右近さんという芯を得て、矛盾なく存在

 

■オデッサの複雑な人物像は、篠井英介さんが演じてこそ!と思える瞬間が何度も

 

■母の愛情への渇望と失望、言葉の槍。母と息子のヒリヒリとした緊張感が半端ない

 

■人と人の関係性の中に、幾度もそれぞれの想いが凝縮された「スプーン一杯の水」が

 

 

<『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル ~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~』>
【東京公演】2018年7月6日(金)~ 7月22日(日) 紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA (この公演は終了しています)
【大阪公演】2018年8月4日(土) サンケイホールブリーゼ
公式サイト
http://www.parco-play.com/web/play/wbts/

 

ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル 関連記事:

⇒すべて見る

 

篠井英介 関連記事:

⇒すべて見る

 

(左から)尾上右近、篠井英介、南沢奈央、葛山信吾のみなさん=『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』より、撮影:引地信彦

(左から)尾上右近、篠井英介、南沢奈央、葛山信吾のみなさん=『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』より、撮影:引地信彦

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
■ 2018年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.