台灣寶塚:(10)寶塚歌劇團的海外公演與台灣公演(タカラヅカの海外公演と台湾公演) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

台灣寶塚:(10)寶塚歌劇團的海外公演與台灣公演(タカラヅカの海外公演と台湾公演)

筆者: 文:中本千晶/訳:Flora/イラスト:牧彩子 更新日: 2018年6月16日

 

給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書 相關作品(関連記事):

⇒すべて見る

 

『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』第2幕第1場 寶塚歌劇團的海外公演與台灣公演
(『台湾のファンのためのタカラヅカ入門』第2幕第1場 タカラヅカの海外公演と台湾公演)

 

 

「給寶塚歌劇團台灣粉絲的第一本入門書」的連載正式進入第二幕。

第二幕的主題為「給台灣粉絲的特製指南」,內容集中在針對台灣粉絲的疑問,給予相關解答。本連載的譯者Flora居住在台灣,由她收集一些台灣寶塚粉絲的問題,再由我將題目彙整後回答。希望透過這樣的模式,讓台灣的粉絲更加認識寶塚歌劇團,並期待大家能夠樂在其中。

「Killer Rouge/星秀☆煌紅」已早先一步在日本上演,期待度上升。前些日子公布了參加台灣公演的演出者,那麼,「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」的全劇角色到底會怎麼分配呢?到底七海廣希(此處的中文姓名僅為譯者暫時翻譯表示)是否會擔任殺無生的角色呢?真的令人非常地在意。
主要三位主角的視覺形象化推測圖請參考此處

首先,讓我們先回顧一下過去台灣公演中所上演的作品與演出者以及精采的地方,如果您曾遺漏某個點,就從文章中喚起記憶吧。就讓我們用這個連載的場地,一起炒熱台灣公演吧!

 

 

「台湾タカラヅカ」、いよいよ第2幕の始まりです!

第2幕では「台湾のファンのためのスペシャルガイド」と称して、台湾のファンの皆さんが知りたいことにさらに詳しくお答えしていきたいと思います。台湾在住のFloraさんから質問を寄せてもらい、それにお答えする形でまとめてみました。皆さんがタカラヅカを楽しめる手助けになれば嬉しいです。

日本では、「Killer Rouge/星秀☆煌紅」が一足お先に上演され、期待が高まっております。台湾公演の出演者も発表されましたが、さて「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」の配役はどうなるのでしょう? 果たして七海ひろき(中国語表記はこちらで考えた翻訳です)さんは殺無生役なのでしょうか? 気になって仕方ありません。
メインキャスト3名の「私的ビジュアル予想」はこちらをご覧ください

まずは、これまでの台湾公演の上演作品と出演者、見どころを振り返ります。見逃してしまった人も必見です。さあ、この連載で台湾公演に向けて盛り上がっていきましょう!!

 

 

Killer Rouge

「アメイジングスター・キラールージュ」

 

 

■寶塚歌劇團的海外公演
(タカラヅカの海外公演)

 

追溯寶塚歌劇團的海外公演歷史,意外的還蠻久遠的,遠在1938年就已經實施歐洲公演了。

之後,從歐洲及美國展開到東南亞,中南美洲,世界各地都有公演的實績,但近年來以亞洲圈的公演為數較多。於1998年在香港、1999年、2002年在中國(北京・上海等)、2005年在韓國(首爾)皆有公演演出。

2018年預定在台灣進行第三次的台灣公演,台灣公演也可以說漸漸的成為了定期化的公演演出。首先,讓我們先來回顧一下過去的兩次台灣公演的狀況。

 

 

タカラヅカの海外公演の歴史は意外と古い。1938年にはヨーロッパ公演をすでに実施している。

その後、ヨーロッパやアメリカから、東南アジア、中南米まで、世界各地での公演実績があるが、近年ではアジア圏での公演がとくに増えている。1998年には香港、1999年・2002年には中国(北京・上海ほか)、2005年には韓国(ソウル)での公演があった。

そして、2018年に3度目が予定されている台湾公演は、今や定例化しつつあるといっても良いだろう。ここではまず、これまで2回の台湾公演を振り返ってみよう。

 

 

※ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分です。

 

<後半(有料会員限定部分)の小見出し>

 

■(第一次台灣公演)台灣版亞森羅賓「楚留香」由柚希禮音扮演
((第1回)台湾のアルセーヌ・ルパン「楚留香」を柚希礼音が)

 

■(第一次台灣公演)秀一開始、客席充滿了歡呼聲與興奮感
((第1回)ショーの幕開け、どよめきと興奮に包まれる客席)

 

■(第二次台灣公演)菲爾遜、奧斯卡……眾所皆知的登場人物深映眼簾
((第2回)フェルゼン、オスカル……おなじみの登場人物たちに釘付け)

 

■(第二次台灣公演)「我愛台灣!」明日海里奧眼中的淚水
((第2回)「台湾が大好きになりました!」明日海りおの目に涙)

 

■第三次台灣公演,台灣日本的共同合作作品成為話題!
(第3回台湾公演では台湾・日本のコラボによる話題作が!)

 

■「東離劍遊記」主角凜雪鴉完全就是紅悠智露的角色!
(「サンファン」主人公の凜雪鴉は紅ゆずるそのもの!)

 

 

給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書 相關作品(関連記事):

⇒すべて見る

 

針對加入會員與付費相關的中文說明,請參考 這邊
https://ideanews.jp/taiwan-member

 

(有料会員登録は、こちらから)
https://ideanews.jp/p15561

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者>文:中本 千晶/翻訳:Flora/イラスト:牧 彩子 ⇒『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.