「いつか、大河ドラマの主役を演りたい」、平埜生成インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「いつか、大河ドラマの主役を演りたい」、平埜生成インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年11月2日

 

2018年11月8日(木)から11月25日(日)まで、新国立劇場 小劇場で『誰もいない国』が上演されます。キャストは、柄本明さん、石倉三郎さん、有薗芳記さん、平埜生成さん。一室の中での会話を通して繰り広げられる虚実曖昧な4人芝居に、フォスター役で出演される平埜生成さんのインタビュー、後半です。

 

平埜生成さん=撮影・伊藤華織

平埜生成さん=撮影・伊藤華織

 

 

――しばらく映像が続いていましたが、『誰もいない国』ご出演に向けて、なにか準備をされたことはありますか?

 

役へのアプローチの準備としては、基本的にしていません(笑)。ですが、もちろん英国ナショナル・シアター・ライブの『誰もいない国』を見たり、戯曲を読みました。この一年半、映像作品をやってきて、インタビューで、「舞台と映像どっちが良いですか?」と聞かれることが多くて、僕は「どっちが良いかなんて自分でもぜんぜん分からないです」と回答し続けてきました(笑)。久々の舞台である今回は、この一年半に感じたことを、舞台の上に乗せてみたいなという気持ちが出て来ています。それが出来たら、もしかしたら千穐楽が終わったときに、やっと良さというか、なにか自分の中で言葉に出来るものが生まれることがあるのかなとは思っています。それをちょっと楽しみにして稽古を迎えました。

 

――ナショナル・シアター版をご覧になって、どんな印象を受けられましたか?

 

「なんだったんだろう?」と思いました、やっぱり(笑)。この作品は言葉を使った戦いでもあったりしますし、英語が分からないので結局字幕を追っていったのですが…。「我々の唯一の財産は英語です」という台詞が実際に出てくるのですが、翻訳の喜志哲雄先生が「スプーナーはハーストに対して3通りの文体でしゃべっている」とおっしゃっていて、その英語の使い方、発し方によって人間関係も変わってくると思うんです。そういう楽しみ方があるはずの戯曲なので、それを多分、映像を見ていたときに本能的に感じたのかもしれません。それで字幕を追おうとしている自分が居たんでしょうね。ただ芝居だけを見て、感情の揺れとかそういうものだけで解決できる作品では、もしかしたらないのかなっていう意味も含めて、言葉を追って、ワーッて見ていったら、ドッと疲れて「なんだったんだろう」って(笑)。

 

 

<取材協力>
【アイテム】ブルゾン(Johnbull、¥22,000、ジョンブルカスタマーセンター、050-3000-1038)、 カットソー(UMBER、¥13,800、STUDIO FABWORK、03-6438-9575)、パンツ(Blanc YM、¥25,000、TEENY RANCH、03-6812-9341) 価格はいずれも税別
【スタイリスト】渡辺慎也(Koa Hole)
【メイク】白石義人(ima.)

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、平埜さんが2017年にNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に徳川家康の嫡男の信康役で出演し、新鮮な印象を残したことなどについて伺った内容などを掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■わかりやすい作品は嫌いじゃない。でも、言葉に出来ない面白い作品もある

 

■大河ドラマ出演は、良かったことしかない。もっと出たいと思いました

 

■信康はああいう人だと心から信じています。脚本に「有り難うございます」と

 

■『誰もいない国』は、考えることを放棄しない、考えてみる楽しみがある作品

 

 

<新国立劇場 演劇『誰もいない国』>
【東京公演】2018年11月8日(木)~11月25日(日) 新国立劇場

 

<スタッフ・キャスト>
作:ハロルド・ピンター
翻訳:喜志哲雄
演出:寺十吾
出演:柄本明、石倉三郎、有薗芳記、平埜生成

 

<公式サイト>
https://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_011667.html

 

<関連サイト>
平埜生成オフィシャルブログ「稲穂だより」
https://ameblo.jp/hirano-kinari/
平埜生成 Twitter
https://twitter.com/kinarichan
アミューズ 平埜生成
http://artist.amuse.co.jp/artist/hirano_kinari/

 

『誰もいない国』 関連記事:

⇒すべて見る

 

平埜生成 関連記事:

⇒すべて見る

 

※平埜生成さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月1日(土)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

平埜生成さん=撮影・伊藤華織

平埜生成さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.