「掴めない部分との対峙も面白い」、『誰もいない国』平埜生成インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「掴めない部分との対峙も面白い」、『誰もいない国』平埜生成インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年11月1日

 

ノーベル文学賞を受賞したハロルド・ピンター作、演劇『誰もいない国』が2018年11月8日(木)から11月25日(日)まで、新国立劇場 小劇場で上演されます。演出は寺十吾さんで、出演は、柄本明さん、石倉三郎さん、有薗芳記さん、平埜生成さん。一室の中での会話を通して繰り広げられる虚実曖昧な4人芝居です。アイデアニュースでは、フォスター役で出演される平埜生成さんにインタビューし、作品について、稽古の様子などについて伺いました。上下2回にわけて掲載します。インタビュー「下」では、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』出演などについても伺いました。

 

平埜生成さん=撮影・伊藤華織

平埜生成さん=撮影・伊藤華織

 

 

<ものがたり>(新国立劇場の公式ページより)
ロンドン北西部にある屋敷の大きな一室。ある夏の夜、屋敷の主人ハーストとスプーナーが酒を飲んでいる。詩人のスプーナーは、酒場で同席した作家ハーストについて家まできたようだ。酒が進むにつれ、べらべらと自らをアピールするスプーナーに対し、寡黙なハースト。スプーナーは、共通の話題を見出そうとハーストに話をふるが、もはやそれが現実なのか虚構の話なのかわからない。そこへ、ハーストの同居人の男たちが現れて…。

 

 

――新国立劇場初登場ですね。ご出演を告知された公式ブログは喜びが溢れていらっしゃいました。新国立劇場の舞台に立つというのは、やはり特別なものがありますか?

 

新国立劇場は芝居を観に通ってきた劇場なんです。ただ新国立劇場の舞台に立つというよりも、その“新国立劇場制作”の作品に出られる喜びの方が大きかったです。新国立劇場のラインナップに入ることが、自分の中で大きなものがあって、その喜びを書いた感じです(笑)。新国立劇場、つまり「国」がラインナップを考えたものに参加できる俳優になれたというか、そこに入ることが出来た喜びというか。

 

――新国立劇場で以前から観劇されていらっしゃったのですね。

 

そうですね。ラインナップが面白いと思っていました。芸術監督が選んだ作品と、そこに賛同して集った演出家とか、出演者がいて。そこに呼んでいただけたというのは、なんと言えばいいか…「良かったな」と思えた感じです。

 

――最近は映像作品のお仕事が続いていらっしゃいましたね。

 

舞台は久しぶりですね。

 

――ハロルド・ピンターの戯曲にはこれまでに触れられたことはありますか?

 

お芝居を観たことはあったんですけど、演じるのも、文字として読んだのも初めてでした。

 

――お稽古が始まってから、作品に対して何か発見があったり、作品の印象が変わったことがありますか?

 

発見で言うと、先輩方も「分からないことが良いんだよね」とか、「分からないことが面白いんだよね」とおっしゃっているんですけど、 “真意”までは行かないけれど、なにか作品の“核”の部分をこう、ちょっと触れられたのかなと思う瞬間があります。

 

 

<取材協力>
【アイテム】ブルゾン(Johnbull、¥22,000、ジョンブルカスタマーセンター、050-3000-1038)、 カットソー(UMBER、¥13,800、STUDIO FABWORK、03-6438-9575)、パンツ(Blanc YM、¥25,000、TEENY RANCH、03-6812-9341) 価格はいずれも税別
【スタイリスト】渡辺慎也(Koa Hole)
【メイク】白石義人(ima.)

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、演出の寺十吾さんについての印象や、などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。11月2日掲載予定のインタビュー「下」では、2017年にNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に徳川家康の嫡男の信康役で出演し、新鮮な印象を残したことなどについても伺ったインタビューの後半の全文を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■中間地帯というか、どっちつかずというか、曖昧な面白さに少しずつ触れて

 

■(演出の寺十吾さんは)想像していたよりも、細かく丁寧な演出をされる方

 

■本読みではみんなのイメージを想起させ、立ち稽古ですごく明確な指示を

 

■お金をいただいて舞台に立っているので、勉強という気持ちは持たないように

 

 

<新国立劇場 演劇『誰もいない国』>
【東京公演】2018年11月8日(木)~11月25日(日) 新国立劇場

 

<スタッフ・キャスト>
作:ハロルド・ピンター
翻訳:喜志哲雄
演出:寺十吾
出演:柄本明、石倉三郎、有薗芳記、平埜生成

 

<公式サイト>
https://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_011667.html

 

<関連サイト>
平埜生成オフィシャルブログ「稲穂だより」
https://ameblo.jp/hirano-kinari/
平埜生成 Twitter
https://twitter.com/kinarichan
アミューズ 平埜生成
http://artist.amuse.co.jp/artist/hirano_kinari/

 

『誰もいない国』 関連記事:

⇒すべて見る

 

平埜生成 関連記事:

⇒すべて見る

 

※平埜生成さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月1日(土)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

平埜生成さん=撮影・伊藤華織

平埜生成さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.