台灣寶塚:(13)『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』精彩片段解說&公演觀賞報告 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

台灣寶塚:(13)『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』精彩片段解說&公演觀賞報告

筆者: 文:中本千晶/訳:Flora/イラスト:牧彩子 更新日: 2018年9月15日

 

 

 

『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』第2幕第4場 

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』精彩片段解說&公演觀賞報告

(『台湾のファンのためのタカラヅカ入門』第2幕第4場)

(『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』見どころ解説&公演レポート)

 

 

預計10~11月在台灣上演的『Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀』『Killer Rouge/星秀☆煌紅』於8月31日在梅田藝術劇場揭開序幕。

我(中本)也迫不急待的來到劇場觀賞,『Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀』(以下略稱:東離)就如同大家所期待的,不愧為台灣、日本共同合作的作品,舞台的可看性十足。當然事先預習時看的原作作品就已經非常有趣了,能把原作的世界完整的重現在寶塚的舞台,光想到這些就令人覺得興奮不已。

另外,秀的部分也針對台灣公演加入了新的演出,期待在台灣上演時的客席觀眾們的驚喜歡呼聲。

「東離」的舞台充滿了小柳小姐對於原作的愛意,濃密的舞台表現,也充分的表現出原作的魅力。原本只想先預習一下故事的內容,但發現會漸漸的陷入故事的情節當中。

本次的連載內容除了這次公演的觀賞報告外,也針對台灣粉絲提供精彩片段解說。大家可以在台灣公演正式上演前先好好預習一下。

 

 

10〜11月の台湾公演で上演予定の『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)』『Killer Rouge/星秀☆煌紅』(アメイジングスター☆キラールージュ)が、8月31日、いよいよ梅田芸術劇場にて開幕しました。

私(中本)もさっそく足を運んできましたが、『サンダーボルトファンタジー』(略称サンファン)の方はまさに期待どおり! 台湾・日本のコラボならではの見応え十分な舞台に仕上がっています。予習のために見た原作がとても面白かっただけに、あの原作の世界がタカラヅカで再現されていると思うだけでワクワクが止まりません。

また、ショーの方も台湾公演に向けての新たな場面も増え、台湾ではすごい盛り上がりが期待できそうです。

「サンファン」は小柳先生の原作愛のこもった密度の濃い舞台なだけに、原作の魅力的な部分がたくさん盛り込まれています。予習のつもりでしたが、予習すればするほど物語に引き込まれてしまいます。そこで今回は公演レポートとともに、台湾のファンの方向けの見どころを解説します。台湾公演に向けての予習のためにご活用くださいね!

 

 

サンファンのツボ

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』のツボ

※日本語訳
「に…人形がでっかくなった!!」
(左上から)光のセットが美しい/狩雲霄の弓矢、どうなってるの!?/人形役の動きがすごすぎる!/いい仕事する傀儡師の皆様
(右上から)傘で戦う殤様 素敵♥/蔑天骸の高笑い これぞ悪役!/ちょっと可愛い殘凶の生首/殤様の封印した剣が意外と可愛かった

 

 

■台灣與日本的奇蹟合作「東離」

(台湾と日本の奇跡のコラボ「サンファン」)

 

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」、通稱「東離」,是台灣與日本「奇蹟合作」下的作品。

這是在日本活耀於動漫,遊戲界的人氣編劇作家-虚淵玄看到台灣「霹靂布袋戲」的影片大感驚訝後所誕生的作品。

總監修、原案、編劇由虛淵擔任,人物設計也由虛淵所屬的Nitro+公司的設計團隊進行,人偶的製作由台灣的霹靂國際多媒體公司負責,影像的拍攝也由霹靂國際多媒體公司擔任,人偶的聲音則是請來日本卡通界有名的配音員擔任,這些組合正所謂是台灣與日本的「奇蹟合作」。2016年7月開始在電視台播出,全新型態的影像作品,吸引了不少注目眼光。

寶塚挑戰將「東離」作品轉化成舞台,由小柳奈穂子擔任劇本、劇場導演。在寶塚劇場導演群中,小柳小姐對「2.5次元」有卓深的造詣,這次作品表現也充分尊重原作,並巧妙的將原作濃縮在90分鐘演出。

首先,讓我先稍微詳細介紹一下劇情摘要。

 

 

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」、通称「サンファン」は、台湾と日本の「奇跡のコラボレーション」によって創られた作品だ。元々はアニメ・ゲーム界で幅広く活躍する日本の人気シナリオライター・虚淵玄(うろぶちげん)が、台湾の「霹靂布袋劇」の映像に惚れ込んだことが誕生のきっかけだった。

総監修・原案・脚本を虚淵が担当。キャラクターデザインも虚淵が所属するニトロプラスのデザイナー陣が行なったが、人形を制作したのは台湾の霹靂社だ。映像の撮影も霹靂社が行った。キャラクターの声は日本のアニメファンにおなじみの声優が担当している。まさに台湾と日本の「奇跡のコラボ」である。これが2016年7月よりテレビ放映され、まったく新しいタイプの映像作品として注目を集めた。

その「サンファン」の舞台化にタカラヅカが挑む。脚本・演出を担当するのは小柳奈穂子である。タカラヅカの演出家の中でもとりわけ「2.5次元」への造詣が深いことで知られるだけあって、さすが原作へのリスペクトを感じさせる90分の舞台にうまくまとめ上げられている。

まずは、あらすじについて少し詳しめに紹介しよう。

 


 

※以下為ideanews收費會員(月付300日幣)頁面內容

 

※ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分です。

 

<後半(付費會員的閱讀限定部分)的副標題>

 

<後半(有料会員限定部分)の小見出し>

 

 

■圍繞在「天刑劍」旁的各種謎題

(「天刑劍(てんぎょうけん)」を取り巻く様々な思惑が)

 

■為了星組首席搭檔所寫的作品嗎?

(星組トップコンビのための当て書きかと思った!)

 

■精彩的角色重現度,布袋戲獨特的「口白」呢?

(素晴らしいキャラクターの再現度。布袋劇ならではの「念白」は?)

 

■至少要記住這些東離的專門用語

(最低限覚えておきたいサンファン専門用語)

 

■要先看過原作比較好嗎?

(原作は見ておいた方がいいのか?)

 

■秀當中的紅子要渡海來台?

(ショーでは紅子さんが海を渡るらしい?)

 

 

給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書 相關作品(関連記事):

⇒すべて見る

 

 

針對加入會員與付費相關的中文說明,請參考 這邊
https://ideanews.jp/taiwan-member

 

(有料会員登録は、こちらから)
https://ideanews.jp/p15561

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者>文:中本 千晶/翻訳:Flora/イラスト:牧 彩子 ⇒『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年12月掲載分
■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.