「踊るなと」、コンサート『遥かなる大空へ ー My Dream』東山義久インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「踊るなと」、コンサート『遥かなる大空へ ー My Dream』東山義久インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年12月6日

 

芸能生活20周年の記念コンサート『遥かなる大空へ ー My Dream』を2018年12月21日(金)と12月22日(土)に草月ホールで開く、東山義久さんにインタビューしました。柔軟な身体能力を活かしたダンスで知られ、数多くのミュージカルに出演してきた東山さんにとって、「歌」とは何だったのか。そして、20周年記念に「コンサート」選んだのは、なぜなのか。その深い思いを伺いました。上下に分けて掲載します。

 

東山義久さん=撮影・伊藤華織

東山義久さん=撮影・伊藤華織

 

 

――学生時代に出会われたダンスを主体に活動されてきた、芸能活動20周年節目のイベントを「コンサート」とされたのは何故でしょう?

 

22歳からしっかりとダンスを始めたんですけど、3年後の25歳の時に「DIAMOND☆DOGS」というグループを始めて、ボーカルが2人、ジャンルが違うダンスの5人というエンターテインメントグループを目指して、今は充電の時間をいただいて活動を休止中ですが16年間やってきて、僕たちだけでオリジナルのミュージカルとか、その中でお芝居をすることになったり、僕自身もメンバーとして歌うことがありました。その中でひとつの転機になったのが、二十代後半の時に『レ・ミゼラブル』でアンジョルラスの役をいただいて、本当に踊りなしの歌だけのミュージカルに出演したことでした。『レ・ミゼラブル』は、僕が学生のときに、はじめて観たミュージカルで、まだ自分が「舞台人になる」と決めてもいない頃に、ある先輩から「チケットがあるから一緒に行かない?」って、誘われて行ったのが、帝国劇場の『レ・ミゼラブル』で。そのときは、作品名を聞いたことはあったけど、ミュージカル自体観るのはじめてだったので。

 

――いつごろご覧になったのですか?

 

大学生でした。ミュージカルを観たこともなければ、興味もなかったんですけど、そのときたまたま観たのが『レ・ミゼラブル』だったので、なんか縁を感じて。それで、オーディションを受けて、何故か僕をキャスティングしていただけて、というところから「歌ってどういう世界なんだろう?」と思って。海外の本場の空気を感じるために、お金貯めてプライベートでニューヨークに行ってレッスンを受けたりしたんですが、向こうで初めて観たミュージカルは『RENT』だったんですけど、そのときにやっぱりすごい衝撃を受けて。ダンスが好きだったんですけど、何と言うか「歌の持つ力」って、またダンスとは違う感覚があって。もちろん「お芝居」は、映画などを見ていましたから、素敵な表現だなっていうのは分かっていたんですけど、「歌の持つ力」というのは、やっぱりすごいなというのがあって。それで『レ・ミゼラブル』をきっかけに、縁があって、歌が主体のミュージカルに出させていただく機会があって。この間の『ドリアン・グレイの肖像』も、ほとんど踊らずにお芝居と歌だけでしたし。そういうことの流れで、ずっと応援して下さるファンの方々と、20周年でなにかできないかなと考えたんです。いつもは客席とステージで結構隔たりがあるから、そういうことじゃなくて、最初何日かに分けてトークライブみたいなことをしたかったんですよ。僕と普通に、こういう感じでみんなと話せるような機会があればな、って。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、なぜ20周年を「コンサート」にしたのか、第1幕と第2幕の構成をどのように考えているのか、そして「これは、ちょっとやらないかもしれないですけど…」と言いつつ話してくださった「今、練習中」のことなどのお話と写真を掲載しています。12月7日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、ゲストの大山真志さんが出演したミュージカル『SMOKE』について、ゲストの藤岡正明さんと中河内雅貴さんが出演した『JERSEY BOYS』について語ってくださった内容のほか、東山さんにとっての「DIAMOND☆DOGS」、この20年を振り返って印象的な作品『レ・ミゼラブル』『サロメ』『ニジンスキー~神に愛された孤高の天才バレエダンサー~』などについて話してくださった盛りだくさんの内容と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■全部自分が演出・構成をして、歌だけで勝負しなさいと。アニバーサリーとはいえ挑戦

 

■1幕はミュージカルのナンバーで。当時の僕の思いとともに、魅力的な楽曲で綴れたら

 

■2幕は日替わりのゲストたちとのトークと、それぞれのゲストとの思い出の曲を

 

初日のゲストは卒業したメンバー2人と現メンバーが1人の3人。うちの親が一番喜んでいます(笑)

 

 

<東山義久 芸能20周年記念コンサート『遥かなる大空へ ー My Dream』>
【東京公演】2018年12月21日(金)~12月22日(土) 草月ホール
ローソンチケット(予定枚数終了)
https://l-tike.com/higashiyama20/
チケットぴあ(予定枚数終了)
https://w.pia.jp/t/higashiyama-yoshihisa/

 

<関連ページ>
DIAMOND☆DOGS オフィシャルサイト
http://diamonddog-s.com/
DIAMOND☆DOGS Twitter
https://twitter.com/dd_official_jp

 

 

『遥かなる大空へ ー My Dream』 関連記事:

⇒すべて見る

 

東山義久 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※東山義久さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2019年1月6日(日)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

東山義久さん=撮影・伊藤華織

東山義久さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. にゃむのむ より:

    上下ともたのしく拝読しました!読みごたえのあるインタビューありがとうございました。ゲストとのトークもあるとのことで、たくさんお話を伺えることも楽しみです!話題のジャージーボーイズまで!20周年コンサートとても楽しみにしています。

  2. まよ より:

    東山さんの歌が大好きです。ミュージカルナンバーをお聴かせ頂けるのが嬉しくてたまりません。日替りゲストの方々も皆さん見逃すわけにはいかないので3回とも行きます。楽しみにしています!!

  3. ユッコ より:

    とても楽しく読ませていただきたいてます。
    そして、コンサートも楽しみ。
    ピアノソロ必ず聞けると信じてます(笑)

  4. すーさん より:

    東山義久さんのコンサートがすごくすごく楽しみになったインタビューでした。
    ありがとうございます。
    苦手な楽器(笑)にあえて20周年コンサートで挑戦する姿、ドキドキしながら見たいと思います。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年12月掲載分
■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.