「芸人の方は外さない」、『ジーザス・クライスト・レディオスター』染谷俊之(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「芸人の方は外さない」、『ジーザス・クライスト・レディオスター』染谷俊之(上)

筆者: 伊藤 華織 更新日: 2018年12月11日

 

2018年12月12日(水)に紀伊國屋ホールで開幕する舞台『ジーザス・クライスト・レディオスター』に出演する染谷俊之さんにインタビューしました。「上」「下」に分けて掲載します。「上」では、作品の内容のほか、稽古の様子や染谷さんの役柄、共演者について伺った内容を掲載します。「下」では、写真集出版や主演映画など、染谷さん自身の活動などについて話してくださった内容を紹介します。

 

染谷俊之さん=撮影・伊藤華織

染谷俊之さん=撮影・伊藤華織

 

 

――まず、どんな作品なのかということについて教えてください。

 

「ジーザス・クライスト・レディオスター」というラジオ番組があって、絶大な人気を誇るMCのジーザスっていう人がいるんです。ジーザスは、板倉俊之さん(インパルス)が演じるんですが、その日は1時間の生放送をやる特番の日です。いざ、生放送が始まるというときに、ジーザスが外出先から戻って来なくて、「どうする、どうする」って言ってるなか、すごく個性的なキャラクターの人達がいっぱいスタジオにやってきます。演歌歌手とか、SMの女王様とか、良くわからない社長とか、ピザ屋のコスプレの店員さんとか、占い師さんとか。個性的なキャラクターがどんどん入ってきて、MCがいないから、皆で生放送を乗り切ろうって奮闘するお話です。ざっくり言うと(笑)。

 

――その中で、染谷さんの役柄は?

 

僕は、長谷部翼(はせべ・つばさ)という、番組「ジーザス・クライスト・レディオスター」のディレクターで、みんなを回すポジションというか、みんなを取り仕切るポジションなんです。でも、いざ本番となった時に、ずぶの素人たちが集まってきちゃって、この人達を一生懸命まとめなきゃいけないけど、素人たちは色んなことをやってくるし、色々なことが起こるしとすごく翻弄される役ですね。

 

――翻弄されるんですね。

 

そうですね。他のスタッフさんも個性豊かなキャラクターばっかりで、「もうどうしたらいいんだ!」って(笑)。てんやわんやする役です。

 

――稽古は、どんな感じで進められているんでしょうか?

 

稽古が始まって1週間くらいです。毎日新しいところを10ページ位ずつ進んでいくんですけど、色々な事がありすぎて、あまり進んでいかないという現状です。

 

――それは、稽古の上でも色々あって進めないということですか?

 

いや、内容が本当に濃いので、なかなか進めないということです。シチュエーションコメディーで、シーン、シーンに分かれていないので、順にやっていくしかないっていう大変さですよね。

 

――作品の中も大変ですが、稽古も大変そうですね。でも大変なのは外から見たら面白い(笑)。

 

普通、パーソナリティーがいなければ、中止じゃないですか。誰のせいでもない。でも、こういう人達が集まって、「やりましょう!」ってことになって、やらざるを得なくなって。生放送なので、時間は迫ってくるし、集まってくるのは、ずぶの素人だし。素人と言っても、本当に、訳の分からない濃い人たちが織りなすドタバタが、面白いなって思いますね。

 

 

<取材協力>
ヘアメイク:MIEKA
衣装クレジット:KINGLY MASK

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、稽古の様子や共演者の方々などについて語ってくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。12月12日掲載予定のインタビュー「下」では、文豪・谷崎潤一郎とのコラボレーションとなるテレビ番組連動写真集出版や主演映画など、染谷さん自身の活動などについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■稽古のたびに「大人のメンバー」の方々が、毎回違うことをされるのがすごく面白い

 

■板倉俊之さん(インパルス)は、台詞が台詞に聞こえない。究極のお芝居

 

■大地洋輔さん(ダイノジ)は、1人でも面白い人間力がある。いるだけで面白い

 

演出の西田大輔さんは、以前僕の役を演じられていたんです。ちょっと緊張します

 

<舞台『ジーザス・クライスト・レディオスター』>
【東京公演】2018年12月12日(水)~12月24日(月・祝) 紀伊國屋ホール
公式サイト
https://www.mmj-pro.co.jp/jesus-christ-radiostar/
公式 twitter
https://twitter.com/jesus_radiostar

 

<染谷俊之さんプロフィール>
1987年12月17日生まれ。神奈川県出身。舞台『弱虫ペダル インターハイ篇 The Second Order』 石垣光太郎役 、 『刀剣乱舞』鶴丸国永役など数多くの人気作品に出演し、 近年の舞台作品では『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』キング役、 『アンフェアな月』安藤一之役、 『御茶ノ水ロック』片山亮役、 『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~機械伯爵役など。現在、声優では『HUGっと!プリキュア』に若宮アンリ役で、『BAKUMATSU』に土方歳三役で出演している。

 

<関連リンク>
染谷俊之 OFFICIAL SITE
https://someyatoshiyuki.net/
染谷俊之 Twitter
https://twitter.com/some_toshi

 

 

『ジーザス・クライスト・レディオスター』 関連記事:

⇒すべて見る

 

染谷俊之 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※染谷俊之さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは1月11日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

染谷俊之さん=撮影・伊藤華織

染谷俊之さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> 伊藤 華織(いとう・かおり)フォトグラファー/シネマトグラファー 18年間看護師として集中治療・救急救命の現場などで勤務。病気の方に寄り添ってきたが、生きるすべての方に愛あるメッセージを表現の世界で伝えたく、写真、映像を生業とし、縁があればどこまでも赴き、時を収めている。⇒伊藤華織さんの記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. 眞実* より:

    こちらの記事を読んでから、公演が楽しみになり、公演が終了してからまた読むと、なるほどー!!と分かる部分が沢山あってとても楽しかったですヽ(*´∀`)ノ!!

    更に、お写真がめちゃめちゃ素敵で…
    いつも色んな媒体で染谷さんを見ていますが、特に好きです!!

    素敵な記事やお写真、染谷さんを取り上げて下さってありがとうございました( ˃̶͈ ᴗ ˂̶͈ )♡
    またぜひお願い致します!!

  2. まやます より:

    お芝居観てきました!正に先が読めない展開、おおよその流れは予想つくのにたどり着くまでに何度も裏切られました。染谷さんもクールでとても素敵でした。笑わないでいられるのはさすがです。でも背中が揺れていたような?記事をまた読み直して二度と美味しい。このお芝居おススメです。

  3. ちあこ より:

    明日から始まる舞台を前に、どんな役柄でどんなお気持ちでのぞまれているのかを知れて良かったです。舞台上でどんなことが起きるのか、ますます楽しみになりました。
    インタビュー「下」も楽しみにしております!

  4. ちゅーた より:

    染谷さん、こんにちは。
    凄く楽しそうですね♪アドリブが多くて面白そう!でも笑っちゃいけないなんて…(笑)
    頑張って下さい(^_^)



最近の記事

■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.