「クラブミュージックが融合」、『グレート・コメット』小西遼生インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「クラブミュージックが融合」、『グレート・コメット』小西遼生インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年1月1日

 

明けまして、おめでとうございます。2019年最初の記事は、『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』に出演する小西遼生さんのインタビューです。2019年1月5日(土)に東京芸術劇場プレイハウスで開幕するこの作品の稽古場を、2018年12月上旬に訪ねてインタビューしました。(上)(下)に分けてお届けします。今までにないミュージカルというこの作品の見どころ、小西さんが演じるアナトール役について、共演者の印象などを伺いました。インタビュー(下)では、2018年に出演した『戯伝写楽2018』『生きる』などを振り返ってのお話を掲載します。

 

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

 

 

――稽古に参加されて2週間ぐらいとのことですが、作品の印象はいかがですか?

 

まず一度最後の方まで大枠を作っている段階ですが、今の時点でも新しい舞台だと感じますね。稽古場にセットが組まれたのが12月頭頃ですが、ステージ自体がとても特殊な形をしているんです。奥行きがあって、客席が埋め込まれた状態のステージ。ブロードウェイ版もそういう作りなんですが、やはり稽古場に作られるのを見ると、客席から舞台を見る単一方向性の作品とは全然違う雰囲気です。僕ら役者は360℃意識しなければいけない作品でもありますし、場面が抽象的になっているので、おそらく照明が入るとまた変わると思いますが、感覚的に新しくて、慣れるのに時間がかかるなと感じています。

 

――観客が入るとさらに印象が変わるかもしれませんね。

 

そもそもお客様が入らないと、完成しない作品ですね。全体像をイメージはしていますが、実際完成するのはお客様が入ってから。さらに、歌だけで綴られている作品です。『レ・ミゼラブル』など歌だけで構成されている作品はありますが、レミのようにリフレインが多用されているものでもないんです。EDMとの融合が、斬新だけど表現する側も聴く側も慣れるまではなかなか難しい気がします。多分日本では観たことがないような新しいエンターテイメント性のある舞台になると思います。

 

――普段目にしない要素が集まっているから新しいんですね。舞台構造だけでも新しいですが、音楽なども全部含めて。

 

特に、日本のミュージカルを観にくるお客様はあまり馴染みのない世界観なんじゃないかと思います。全体的な音楽のテイストには、かなりクラブミュージックが融合されているんです。特に狂想的な部分はかなり個性的な打ち込みが使われていたり、ずっとフラッシュが光っているような、薄暗いクラブの中のようなところで流れている音楽というイメージ。けれど、音階や曲はオペラだったりするんですよね。何世紀も前からあるオペラと、現代的な現代クラブミュージックの融合。それがこの作品の原作である「戦争と平和」のテーマとも重なって意味をなす。両極の対比によって「愛」とは、「生きる」とはと言った主題を感じることが出来るんです。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、小西さんが演じるアナトール役について、小西さんがどのように役を作ろうとしているのかなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。1月2日(水)掲載予定のインタビュー「下」では、2018年に出演した『戯伝写楽2018』や『生きる』についても話していただいたインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■こう表現していいのかわかりませんが、昼ドラみたいな感じなんですよ(笑)

 

■全部歌なので、感情を歌に出す。「なんてハンサムな人」っていう歌詞が…

 

■アナトールは「結婚してる」って言われても、「好きなんだもん!」って(笑)

 

■単純な役だから楽ということはなくて、「こう生きよう」という選択肢は全部平等

 

 

<『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』>
【東京公演】2019年1月5日(土)~1月27日(日) 東京芸術劇場プレイハウス

 

<公式サイト>
https://www.tohostage.com/thegreatcomet/

 

<関連リンク>
小西遼生 オフィシャルサイト
https://konishiryosei.com
小西遼生 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ryosei-konishi/

 

 

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』 関連記事:

⇒すべて見る

 

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※小西遼生さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月1日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. しょこ より:

    素敵なお写真とインタビューでとても感激いたしました!!
    小西さんの思いなどが知れて嬉しかったです♪

  2. ゆん より:

    観劇して、アナトールの魅力にとりつかれてここに辿り着きました(笑)
    貴重なお話とお写真、ありがとうございました!
    サイン色紙とお写真、当たりますように…!

  3. hanako より:

    とても丁寧なインタビューと、素敵な写真をありがとうございます!
    (白紙で観たかったので)観劇後に読ませていただいたのですが、
    舞台を思い返しながら、うんうんと頷くことばかりでした。
    そして改めて舞台の厚みみたいなものを感じました。
    また、素敵な記事をお願いします!

  4. ちび より:

    中々舞台に対する気持ち、思いなど聞くことがないので、嬉しいです。

  5. mamaka より:

    すてきな記事と写真をありがとうございます!
    アナトール役と知ったときは、あのクズ男役を小西さんが!?と少し不安を感じましたが今はものすごく楽しみになりました。期待しかありません♪♪
    後半の記事も楽しみにしております。

  6. 白狐 より:

    素敵な写真とインタビューありがとうございますo(^▽^)o
    観劇がより一層楽しみになりました!

  7. はるか より:

    今回も素敵な写真とインタビュー記事、ありがとうございます♪
    小西くんの言葉に益々楽しみに♪
    コメットシートでの観劇もあるのでそちらもドキドキです!
    オペラとクラブミュージックの融合、どんな世界が待っているんだろう…
    インタビュー後編も楽しみにしてます!

  8. とっこ より:

    いつも楽しく、嬉しく飲ませていただいてます。
    グレート コメット…益々楽しみになりました(*^^*)
    お写真も、やっぱりステキ♥
    ワクワクを頂きまして、
    ありがとうございます。

  9. たろさん より:

    いつも小西さんの記事を書いて下さりありがとうございます。2019年は小西さんからスタート!と言うのが、ファンの私はとても嬉しいです。グレートコメット、観劇しますが、インタビューからどんな役作りをしているのかな、とかこんな風に舞台のことを考えているんだ…!と、改めて小西さんのことが大好きになりました。いつもideanewsさん、ありがとうございます。今年もたくさん小西さんを取り上げてくださいね。楽しみにしています。

  10. ゆりか より:

    いつも楽しく拝見しています!
    読み応えのあるインタビューと素敵なお写真ありがとうございました。
    後編も楽しみにしております!

  11. まぁちゃん より:

    いつもの楽しく読ませていただいています。岩村さんのインタビューはかゆいとこに手が届くみたいな(^^;読んでいてすごく引かれます。お写真もいつも素敵です。(下)も楽しみです。

  12. まみろう より:

    いつも楽しく拝見しています。
    岩村さんのお写真、インタビューともに、
    いつも お相手の表層だけでなく内面をうかがわせる内容でとても好きです。
    今後も楽しみにしています(^^)

  13. りなち より:

    クラブミュージックと古典作品が融合して、そこに観客が入り混じり、生と死、愛と情熱が渦巻く、なんだかグラングランするような、面白そうな舞台になりそうですね。
    小説で「ならず者」と表現されている、魅惑的でどうしようもないアナトールを小西さんが演じられるのが、楽しみでなりません。
    明日のインタビューの続きも楽しみ♪

  14. ぽち蔵 より:

    元旦から、岩村さんによるお写真とインタビューで小西さんの記事が拝見出来てとても嬉しいです。
    後編も楽しみにしております。

  15. さいく より:

    ステキな写真はもちろんですが、インタビューが面白い。小西さんの舞台や役への入り方や考え方まで突っ込んで下さるので、とても面白いです。想像が広がります。
    グレコメ、あまり肩肘張らずに楽しみたいですね。音楽も楽しみ♪
    あ、といってもやはり写真も素敵です。
    後半のインタビューも楽しみです。

  16. mimi より:

    いつも素敵な記事にお写真、ありがとうございます。楽しみでしかたない作品です。

  17. なな より:

    小西さんのアナトール、めちゃくちゃ楽しみです。
    記事も読み応えありますが、岩村さんの撮られた写真もどれもステキですね

  18. ロゼ より:

    もうほんとに分かりやすいダメなイケメン役みたいで、ありそうで今までされていなかった役柄ですよね。
    どうしたらこんなに育っちゃうのかねぇっていう、ホットなアナトールが楽しみです。
    後半の記事も楽しみにしています

  19. あつこ より:

    いつも素晴らしい記事とお写真ありがとうございます‼小西さん大好きです!!これからもよろしくお願いします。

  20. 桜子 より:

    声や姿をカタチにするというのは
    両側の雰囲気を纏うと思うんです。
    小西さんのインタビューを
    岩村さんが というのは私にとって
    好きが好きに包まれてるようで
    読めることがいつも嬉しいです。
    明日も楽しみにしています(^^)

  21. K より:

    新年早々 小西さんのインタビューが読めてとても嬉しいです。ますますグレコメ観劇が楽しみになりました!明日も楽しみにしています。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年3月掲載分
■ 2019年2月掲載分
■ 2019年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品