「生き方がそのままステージに出る役者になりたい」、小西遼生インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「生き方がそのままステージに出る役者になりたい」、小西遼生インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年1月2日

 

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』に出演する小西遼生さんのインタビュー、後半です。有料部分では、2018年を振り返って、また、2019年へ向けた思いも伺いました。

 

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

 

 

――小西さんが演じるアナトール役について、過去にモデルになる人はいました?

 

いるんじゃないですかね(笑)。特に特定の人を役作りの参考にはしてはいないですが。ただ、世の中を知らない若い女の子からすごく魅力的に見える、この人がもっているものは、何か素敵なものではなくてはいけないと思っています。貴族という設定もありますしね。ナルシズムもないといけないし。あとは色気だったり。

 

――小西さんがナルシズムや色気をふるう役って楽しみしかないです(笑)。

 

ホントですか?(笑)。

 

――ちなみにビジュアルはチラシとは変わるんですか? 短髪なのかなと。

 

まだ全然分からないです。地毛でいくのかもしれないし、分からないですね。エレン役の霧矢さんと、「最近髪型が似てきたよね。いい感じに兄弟みたいになってきたよね」って話をちょうどしていました(笑)。

 

――共演者の方々についてお伺いしますが、特に関わる役となるピエール役の井上芳雄さんと、ナターシャ役の生田絵梨花さんの印象をお聞かせください。

 

おふたりとも初共演です。これはおふたりに限らずなのですが、キャストの皆さんがすごくおだやかな空気を纏っていて、全体的にどのキャストも大人だし、すごくいい雰囲気ですよ。いい意味で普通の人(笑)。

 

――いい意味で普通の人(笑)。

 

「スターです!」という感じじゃないというか(笑)。

 

――なるほど。

 

おふたりとも板の上に立つとスターじゃないですか。でも、「何食べた?」とか、そんな話ばかりしていますよ(笑)。稽古場では「このカップ麺500円でカスタマイズできるんだよね」とか、そんな話(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、2018年に出演した『戯伝写楽2018』や『生きる』について話していただいたインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■井上芳雄さんと生田絵梨花さんは、プレーンでいくらでも方向を変えられる

 

■『生きる』の鹿賀さんや市村さんは、役者を10年、20年続ける上で指針になる

 

■照明、衣装、音響、ステージング…、いい舞台は本当に総合力で作るんだなと

 

■『グレート・コメット』、観たことのない世界に行きたいと思ってもらえたら

 

 

<『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』>
【東京公演】2019年1月5日(土)~1月27日(日) 東京芸術劇場プレイハウス

 

<公式サイト>
https://www.tohostage.com/thegreatcomet/

 

<関連リンク>
小西遼生 オフィシャルサイト
https://konishiryosei.com
小西遼生 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ryosei-konishi/

 

 

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』 関連記事:

⇒すべて見る

 

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※小西遼生さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月1日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. ゆん より:

    アナトール様のキスをいただいて、熱に浮かされたようになり、ここまでふらふらと辿り着きました。
    読み応えある記事、ありがとうございました♪

  2. はる より:

    なんとなく敬遠していた演劇の世界。ところが小西さんがきっかけで、少しずつ舞台作品を観劇したり俳優の方々に興味を持つようになりました。食わず嫌いだった自分を反省。

    「グレートコメット」は観客の一人である自分も一緒に作品の中へ溶け込むことができ、大いに楽しみました。再演してくれないかな〜

    岩村さんの記事は読み応えがあり、登録して良かったです。お写真も素敵。これからもワクワクしながら読ませていただきます!

  3. とっこ より:

    いつも楽しく読ませていただいております。
    舞台観劇前の俳優さんの気持ち、役にこめる思いなどを知ったうえで観劇できるというのはとても贅沢なことだと思ってます。
    また沢山のお写真も、ただただ嬉しいです。

  4. ユウ より:

    上・下ともに楽しく拝見させていただきました。
    岩村さんが取材相手の方にインタビューされる内容(投げかけ)がとても好きです。
    今後も楽しみにしております。

    最後になりますが、
    お誕生日おめでとうございます(奇しくもグレートコメット初日ですね)。
    良い1年でありますようにと、お祈りいたします。

  5. 水乃 より:

    2019年最初の記事に小西遼生さんを取り上げて頂き、ありがとうございます!
    岩村さんのインタビューは、演劇に対する視点からの質問と、俳優に対するファン目線での質問が上手く組み合わさっていて、読んでいてとても興味深く楽しいです。
    明日からの舞台に対する期待が一層高まりました。
    また、遼生さんの答えに対する岩村さんの反応(返し)が、まさに私が思ったことと同じだったりして、「そうそうそう!」と膝を打ちたくなりました。
    お写真も遼生さんの魅力がしっかり映し込まれていてとても素敵です。
    これからも上質な記事を楽しみにしています。

  6. 白狐 より:

    『グレコメ』いよいよですね!
    (((o(*゚▽゚*)o)))
    ワクワクしてます!!
    そんな時の遼生さんのインタビュー…ワクワクに拍車がかかりより一層楽しみになりました!

  7. りなち より:

    小西さんの舞台を観て、知らない世界に連れて行ってもらっている者の1人です。
    舞台を観た後は、自分の新しい感覚や領域が開かれるような経験をさせて頂いています。それが、小西さんが役者としての心意気のような、役者の役割として心得ている事だとしたら、受け手としてとても嬉しい事だと思いました。小西さんの役者としての心持ちを聞けて、とても嬉しいインタビューでした。
    グレートコメットの舞台も、更に楽しみです。
    ステキなインタビューをありがとうございました。

  8. ことり より:

    岩村さんのインタビューは、他では聞けないようなお話も多く、いつも楽しく読ませていただいております。インタビューの現場もとても楽しそうで良い雰囲気なのだろうなと伝わってきて、その楽しそうな様子を動画で見られたらといつも思ってしまいます(笑)。2019年最初に小西くんのインタビューをありがとうございました!グレコメもますます楽しみになりました(´∀`*)

  9. blue より:

    楽しく拝見させて頂きました。
    役作りの姿勢や役者としての在り方など、相手を深くフォーカスしてのインタビューは、他ではあまり読む事が出来ない内容なので、これからも楽しみにしています。
    素敵な写真の数々も楽しみです!

  10. さいく より:

    後半のインタビューも読みごたえありました。
    共演者の方の話がうれしいです。
    小西さんが『生き方がそのままステージに出るので役者』となるまで応援したい、としみじみ思います。
    これからも面白いインタビューを期待しています。

  11. ちゅん より:

    宝塚ファンでもあり、他も三浦くんの『罪と罰』などロシア物の作品が続くこの2019年冬季に観比べる楽しみもあって興味深いです。
    やはり“冬”の重厚な空気感が合うのでしょうか。
    小西さんのお話で、楽曲やキャストさんたちの関係性など期待がさらに深まりました!ありがとうございます。

  12. ロゼ より:

    今年はグレートコメットで新年の観劇初めを迎えられるのを嬉しく思います。
    色男で遊び人、どんなアナトールになっているか、初日がとても楽しみです。
    舞台構造も初めて体験する形のようで、今からワクワクしています。
    掘り下げたインタビューをしていただいてありがとうございました。

  13. ぽち蔵 より:

    昨日に続き、後編もとても興味深く拝見しました。
    私もナルシズムや色気をふるいながら歌うアナトール役が楽しみです!
    また是非小西さんのインタビュー記事をよろしくお願いします!



最近の記事

■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.