「『グレート・コメット』のバイオリン、楽しい!」、小西遼生インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「『グレート・コメット』のバイオリン、楽しい!」、小西遼生インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年1月26日

 

2019年2月17日(日)にyokohama LANDMARK HALLで、Birthday LIVE 2019を開催する小西遼生さんのインタビュー、後半です。有料部分では、ご自身のこだわりについて、そして1月27日(日)まで東京芸術劇場プレイハウスで上演されている『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』についても伺いました。

 

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』より=撮影・岩村美佳

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』より=撮影・岩村美佳

 

 

ーー久々に自身のオリジナルでライブをやろうと思ったら、今まで浮かばなかったようなメロディや歌詞、イメージが浮かぶようになったというのは、色んな音楽に触れたからですか?

 

僕がライブでいつも大切にしていたのは、その曲をどういうイメージでやるかということ。そしてそのイメージをどうやってお客様と共有して楽しんでもらうかということ。そこを大切にしてアレンジしたり、吾郎さんに演出を注文したりすることで、1曲で表現、共有することの楽しさみたいなものが柔軟になったこともあって、じゃあ自分で曲を作ってやるならば、こういう曲を作りたい、ライブでこういうイメージを共有したいということがより具体的になったんです。

 

例えば昨年のライブの時に作った『たが為に』という曲は、繰り返すベースのラインの中に、すごく綺麗で物悲しい旋律が流れ、そこにかき乱すようなノイジーなギターが重なってくることで、小さく無垢なものと現代社会との間に生まれるノイズを表現したいというような、楽器のイメージが具体的に頭の中に鳴るようになりました。それは、バンドでのライブを続けていたから出来たというのもあるんですよね。今まではもう少し抽象的なものが頭に浮かんでいました。今は、こういうイメージだから、こういう楽器が鳴っていたら面白いなとか、こういうふうに音が鳴っていたら面白いなとか、裏メロディでこういうのが流れていたら面白いなとか、具体的に思い浮かぶようになったので、今が作り時なんだなと思って作っているところです。僕を応援してくれたり、興味を持ってくれている人って、舞台を観て来てくれている人がほとんどだと思うので、目が肥えている方がたくさんいらっしゃると思うんですね。そんな方たちにLIVEに来てもらっても、ちゃんと音楽を楽しんで、何かを感じてもらえるようにしたいなと思っています。

 

ーーミュージカルを見ていると、いろんな種類の音楽に触れられますよね。知らない音楽に出会えたりします。

 

それはすごく良いことで、心豊かなことだと思います。僕のLIVEに参加して下さることも、そんな新しい世界に触れる楽しみの一つになれたらいいなと思います。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、2019年1月27日(日)まで東京芸術劇場プレイハウスで上演されている『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』や、2018年に出演したミュージカル『生きる』についての思い、「こだわりすぎると言われることもある」という小西さんがなぜ「こだわるのか」について語ってくださったインタビュー後半の全文と、『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』公演から小西さんが登場しているシーンの写真4カットを掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■僕のいい時期が自分で選べるとしたら、もっと年齢が行った時だと思っています

 

■(360度観られる『グレート・コメット』は?)ライブで案外慣れていた(笑)

 

■「手にキス」は、目が合った人をロックオンしてやっているんですが…

 

■演劇とは違った世界ですが、非現実的な楽しい体験のライブ。お待ちしています

 

 

<小西遼生Birthday LIVE 2019>
【神奈川公演】2019年2月17日(日) 横浜 LANDMARK HALL
https://landmarkhall.jp/
1部 15:00開場 / 15:30開演
2部 18:00開場 / 18:30開演
公式サイト
https://konishiryosei.com/contents/219888

 

<チケット>
【料金】前売り:7,000円+1drink / 当日:7,500円+1drink
【席種】全席指定
一般発売:2019年1月26日(土)午前10時00から
チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/konishiryosei-t/
ローソンチケット
https://l-tike.com/konishiryosei
Yahoo!チケット
http://r.y-tickets.jp/ryosei-konishi1901
イープラス
https://eplus.jp/konishiryosei19/

 

<関連リンク>
小西遼生 オフィシャルサイト
https://konishiryosei.com
小西遼生 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ryosei-konishi/
小西遼生FC「遼生類」会員登録はこちらから
https://konishiryosei.com/about/membership
(まずは無料登録で最新情報のメルマガが受け取れます)

 

<ミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』>
【東京公演】2019年1月5日(土)~1月27日(日) 東京芸術劇場プレイハウス
公式サイト
https://www.tohostage.com/thegreatcomet/

 

 

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

 

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※小西遼生さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月25日(月)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』より=撮影・岩村美佳

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』より=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録(月額450円)してログインすると、コメントを書き込めます

最近のコメント

  1. はる より:

    登録して以来、多くの俳優さんや作品の情報(記事)を拝読できて大満足です。ありがとうございます。

    17日のライブへ行きました。
    盛り上げ用の新グッズのおかげもあって楽しいひとときでした。佐江子さんの声が艶っぽくて♡
    舞台とは違う小西さんの一面に触れられるライブ。今後も期待大です。

    「グレートコメット」のバイオリンは..マイクが付いてないし、弾いているのかどうか私には判別できませんでした。真相がわかってスッキリ(^ ^)

  2. ゆん より:

    グレコメの裏話がお伺いできて嬉しかったです。
    ぜひ、小西さんがアナトールで再演していただきたいです。

  3. 水乃 より:

    グレコメは終わってしまいましたが、あの時感じたワクワクやドキドキといった気持ちが蘇ってきました。
    そしていよいよ今週末に迫ったBDライブについて、小西さんの考えていることを知ることができて嬉しいです。
    ここまでじっくり聞いて記事にしてもらえるのは他に無いと思うし、小西さん本人から話を聞いているような気分になるので、できる限りご本人の話している通りに文字に起こして頂いているんだろうなと思います。ありがとうございます。

  4. ロゼ より:

    最初あんなにちゃんと弾いてる真似してるんだから、音出せばいいのに(失礼)と、思っていました。
    周りの音と混じるので、コメットシートでも全く聞き分けられなかったんですよ、ちゃんと弾いてたってことで、ライブで弾いてほしいです。
    聴きたかった。
    手にキスについては…(笑)
    いつもすっごく考えて役を作り上げて来る小西さん、役柄としては最高にダメな男なのに、アナトールをクズだけと物凄く魅力的な男にされたのは素晴らしいと思います。
    他の方ならここまでアナトール人気は起こらなかったと思います。
    登場シーンは笑いじゃなくて、見惚れるため息でしたから(^^)
    掘り下げたインタビューをしていただいてありがとうございました。楽しかったです。

  5. みき より:

    コメットシートで初観劇したのが1/25
    もっとこの世界に入り込んで行きたいと思ったところで時すでに遅し。。
    今、インタビューを読みながら再演をより強く願うと共に、このグレロス感をどうBD liveへ絡めていけば良いのか…。
    バイオリンは確かに音が聴こえてました!が、裏にマイク付けてそこから音を…なんて、かなり失礼な事を考えてました、本当にごめんなさい(笑)
    人生で最初で最後の手にキスを頂いたのですが、自我を保てず記憶が…本当に…ございません。。
    ロックオンされてたのか…と、記事を読んで知るくらい、前後の記憶がすっぽり抜け落ちております。。。
    せっかくの激レア体験だったのに、こちらの記事やみなさんのレポを頼りに記憶を再構築しなきゃいけないのは、なんとも哀しいものですね…。

  6. しょこ より:

    いつも素敵なお写真とインタビューありがとうございます!
    バイオリンや手にキスのシーンの裏話が聞けて嬉しかったです!

  7. ささっぱー より:

    イマーシブシアターという聞き慣れない内容 「戦争と平和」という重厚な名作をどうすんの?という好奇心でチケットを取ったのが運の尽き。
    気がつけば 1階 2階 コメットシートに 立見とどんどんチケットが増え そのどこの席でも置いてきぼり感の無い素晴らしい舞台でした。
    作品に客席降りがあると 2階にはやさぐれた諦め感が漂うことも多いですが 大変さと危険を承知の上で 客席を一切そんな気持ちにさせなかった出演者やスタッフの皆様の心意気にも感動です。
    アナトールからキスを贈られる僥倖にめぐり合い 非常に動揺したのも良い思い出です笑

    小西遼生さんの役への向き合い方にはいつも感銘を受けてます。
    次の舞台も楽しみにしています。

  8. 奈々 より:

    ステキなお写真と記事をありがとうございます!
    グレートコメットは斬新的ですよね。普通の舞台が古く思えるくらい。
    アナトールは大変な役だと思いますが、本当に素敵でした。バイオリンのことを知ることができて嬉しかったです。

  9. そよ より:

    岩村さんがインタビューされる小西さんの記事が大好きです。
    小西さんの素敵な部分を上手く引き出されて言葉にされているな、と思っています。これからも素敵なインタビュー記事をお願いします!

  10. まなまな より:

    グレコメ観劇しました。アナトールがキスする位置に男性がいたからか振り返ってみる目が合い、キスされました(笑)もうその時のことはドキドキしすぎて詳しくは覚えていません(笑)

  11. ちゅう より:

    「グレート・コメット」観劇しました。
    まさか、2階客席通路にまでアナトールが現れるとは思っていなかったので、ビックリしました!キャストさんが1階の観客席まで降りて演技するのはよく見受けられますが、2階席まで来たのは、初めてでした。
    少し離れていましたが、しっかりと私の耳には小西さん歌声、聞こえていました。
    バースデーライブも楽しみにしています。

  12. りなち より:

    小西さんのご自分のライブに関する思いや、俳優という仕事をしていく上でのこだわりを聞けて、今回もとても貴重で嬉しい記事でした。
    こんな芯のあるこだわりを持ちながら、悩殺アナトール様を演じているというのが、本当に小西さんの最大の魅力だと思っています。
    写真もこのシーンが写真になってる〜!と、とっても萌え萌えでした。
    ナターシャを誘惑している表情とか、とってもツボでしたw
    今回も読み応え・見応えのある記事をありがとうございました。

  13. ユウ より:

    今回も上・下ともに楽しく拝見させていただきました。上から、下公開までの1日がマチドオシイこと!
    バイオリン部分の、テンポ良い掛け合いから、本当に愉しく取り組まれている様子が伝わり、読んでいて心地好かったです。
    今後も(ライブ当日のレポなど、すぐにでも)楽しみにしております。ありがとうございました。

  14. ことり より:

    前半・後半ともに、とても楽しく読ませていただきました。岩村さんはツボをわかってらしゃる(笑)!お写真もいつも素敵だなぁと思っていますが、何より、そこが聞きたかったというお話を引き出してくださって、本当に感謝しています!作品に対する思い、ライブへの思い…これからもますます楽しみになりました(*´ω`*)

  15. ぽち蔵 より:

    後半も読み応えのあるインタビュー、そしてこの場面を切り取って下さってありがとうございます!な劇中お写真をありがとうございます(感謝)
    バイオリンの生音を聴ける距離では観劇出来ませんでしたが、左手や弓の動きで本当に弾いてらっしゃるのだろうなと思っていた事が裏付けられて良かったです(笑)
    小西さんがお芝居や音楽に取り組むお姿をとても尊敬していますしそれを応援出来る事に感謝する日々です。

  16. たろみ より:

    今回も小西さんを取り上げていただき、ありがとうございます。
    私も、アナトールにキスをしてもらえたラッキーな観客の1人です。完全に、階段を降りてくるところからロックオンされていました。しかし、初めての観劇、初めてのコメットシートだったので、何が起きるの?どうしてアナトールは私のところに!?と思っているうちに、促されるように手を差し出してしまい、キスをされていました(恥ずかしい…)その後のお話は全然頭に入ってきませんでした(笑)こちらの記事を読んで、またアナトールの眼差しを思い出してしまいました。(ドキドキが止まりません!)
    小西さんのバースデーライブももちろん参加します。記事を読んで、ますます、お祝いをしたい気持ちとどんなライブになるのかとワクワクした気持ちと…楽しみが湧いてきました。
    いつも、書いてくださってありがとうございます。

  17. まみろう より:

    いつも素敵な記事をありがとうございます。
    グレートコメットに関してのインタビューは、さすが岩村さん、お話もお写真も わかってらっしゃる…!!と感じました(^^)
    また私自身、小西さんのライブは特別なギフトのように感じており、それが伝わってくる記事でとても嬉しいです。
    今後も楽しみにしています。


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
■ 2019年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.