「演劇は拡散力では映像より弱い。でも素晴らしい」、鈴木勝吾インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「演劇は拡散力では映像より弱い。でも素晴らしい」、鈴木勝吾インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2019年4月9日

 

北川恵海さんのベストセラー『ちょっと今から仕事やめてくる』が、青山隆役の飯島寛騎さん、ヤマモト役の鈴木勝吾さんのW主演で、2019年6月13日(木)~6月23日(日)まで、東京・CBGKシブゲキ!! にて上演されます。「大阪弁でいつでも爽やかな笑顔をみせる謎の男」ヤマモトを演じる鈴木勝吾さんに、作品について、今年30歳になって思うところをお話しいただいたインタビューの後半です。

 

鈴木勝吾さん=撮影・NORI

鈴木勝吾さん=撮影・NORI

 

 

――ヤマモトが話す大阪弁にまつわるお話をお聞きしていて、先日の鈴木さんのブログをふと思い出したのですが、本の紹介をされる際に、作者は何故この本を書いたのだろうか? と問いかけられていて、そこに「なにかしらの事象には必ず理由があるはず」という同じ視点が感じられて、視野広く物事を多面的に捉えつつ、細やかに分析して核心を捉えられる方なのだなと感銘を受けました。

 

多面的というか、それで、その「理由」がないときのことも思うというか。

 

――「理由」がないとき?

 

やっぱり「なんとなく」ってあると思うんです。「黄金比」とかもそうですけど、昔の芸術、絵画とかが、分解していくと黄金比で創られているというのはあるけど、おそらく測って描いているわけではなくて「これが美しい」っていうセンスだし、見た人が「これは美しい」と思ってしまう比率だったりするというか。だから必ずしも理由を知っていなくても良いんじゃないかと思うんです。「なんでこんなに感動するんだろう」って、こっち側には理由はあるんですけど、創った側からしてみると、理由がない場合が往々にしてあるな、というのは少しは分かるというか。「描きたいから描いたんだ」というような、違うところに信念があって、そこからはみ出た、なにかよくわからないものが僕たちに伝わって、感動なり心を動かしたりすると思うんです。

 

それで、やっぱり僕みたいに「それは何故なんだ?」って思った人が、よくよく調べたら、全部同じ比率に当てはまるとか、そういうことだったり。ヒットソングのコードが、わりと近いものが全部あるんだったりとか、人が「良い曲」だと認識しやすいコードラインがある、ということもそうですし。後発者はやっぱりそれを理解して、あえて似せて作っているでしょうけど、でも多分、最初に創ってきた音楽家たちは「これ耳障りが良い。これが良い、悪い」とか、これがウケるかどうかもわからない中で、創っているみたいなので。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、30歳を迎えての気持ちや、作品の見どころなどインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■技術先行であってはならない。感覚先行で、のちにそれがメソッド化されていく

 

■30歳になって、なにか、すこし、やさしくなれたなという気持ちはあります(笑)

 

■技術もすごさも一流だとしても、そこに社会的価値が生まれないと、意味がない

 

■演劇はどの媒体よりも事件を身近に感じることができる、というのが一番の今回の面白さ

 

 

<『ちょっと今から仕事やめてくる』公演日程>
2019年6月13日(木)~6月23日(日)CBGKシブゲキ!! (東京都渋谷区道玄坂2-29-5 ザ・プライム 6階)

 

<『ちょっと今から仕事やめてくる』公式サイト>
公式サイト
https://www.chottoimakara.com/
Twitter
https://twitter.com/ChottoImakara

 

<関連リンク>
ヒラタオフィス 鈴木勝吾
http://www.hirata-office.jp/talent_profile/men/shogo_suzuki.html
鈴木勝吾 Twitter
https://twitter.com/Shogo_Suzuki_
鈴木勝吾オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/shogo-suzuki

 

 

ちょっと今から仕事やめてくる 関連記事:

⇒すべて見る

 

鈴木勝吾 関連記事:

⇒すべて見る

 

※鈴木勝吾さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月8日(水)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

鈴木勝吾さん=撮影・NORI

鈴木勝吾さん=撮影・NORI

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. まぁこ より:

    鈴木勝吾さんは顔がかっこいい・歌や演技がうまいというだけでなく、人として、生き様や考え方がとても素敵で魅力的な俳優さんですね。
    演技の中のみに留まらず色々なことを深く考えていらっしゃって、演劇・周りの人たち・家族・ファン、どれに対しても真摯にまっすぐで愛情があって、暖かい方だなと尊敬します。
    勝吾さんに出会ってますます、演劇を生で観て同じ空間を役者さんたちと一緒に体感することの素晴らしさを感じ、演劇を浴びるという感覚を覚えました。
    今後も更にご活躍されると思いますが、何年経っても舞台にはずーっと立ち続けていてほしいし観にいきたいです。
    次の劇場で会えるのがますます楽しみなる素敵な記事をありがとうございました。

  2. 菖蒲 より:

    インタビューの問いについて、勝吾くんが答えたことがとても丁寧に書かれていて、とても読み応えがありました。30歳を迎えた勝吾さんをこれからも応援していけたらと思います。舞台を楽しみにしています。

  3. きき より:

    舞台のこと、ご自身のこと、深く掘り下げられていてとても読み応えのある記事でした、ありがとうございます。
    また取材される機会がありましたら是非読みたいです。

  4. すえぴ より:

    鈴木さんの記事が読みたくて有料になりました。今回の舞台の話だけでなく鈴木さんの考えや演劇にかけている想いを知ることができる内容で満足です。ありがとうございます。写真も素敵でした。また鈴木さんのインタビューがあればぜひ読みたいです。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.