「手放さなければ、手に取れない」、『銀河鉄道999』中川晃教インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「手放さなければ、手に取れない」、『銀河鉄道999』中川晃教インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年3月14日

 

昨年上演された舞台『銀河鉄道999』〜GALAXY OPERA〜の続きを描く、舞台『銀河鉄道999』さよならメーテル〜僕の永遠 が、4月20日(土)から29日(月・祝)まで明治座で、5月10日(金)から12日(日)まで梅田芸術劇場メインホールで上演されます。昨年に引き続き星野鉄郎役を演じる、中川晃教さんにインタビューしました。

 

中川晃教さん=撮影・岩村美佳

中川晃教さん=撮影・岩村美佳

 

 

――昨年の上演を振り返って、再演することへの今の思いをお聞かせください。

 

この話を最初に頂いた時に、実は2年越しのプロジェクトであるということはわかっていました。ただ、前作を立ち上げる過程のなかで、星野鉄郎を演じていて感じたことは、とにかく精神的にも体力的にも大変だということです。これだけ色んな舞台を経験させて頂いているので、ペース配分や、その役でどれぐらい自分が体力を消耗するかは、稽古期間中にある程度わかります。自分のなかにデータがありますし、お客さんが入って本番になってからの疲労や、色んなテンション具合があるのもわかって挑んでいるつもりですが、それでも大変でした。

 

――想定を超えてきたんですね。

 

そうなんです。それはなぜだろうと考えながら本番のなかで気づいたことを、『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠 にまた活かせる。そういう意味では、普通は一作で終わってしまう作品ですが、続きをまた一緒に創ることができるという意味で、良かったなと。物語についてはわかっていると思うので詳細は省きますが、簡潔に言うと、鉄郎はメーテルと出会い、999号に乗って旅に出るということなんです。そして、何かに気づいて大人になっていく、そういう誰もが経験することを鉄郎は母の死を乗り越えて、自分のアイデンティティーを見つけていく。そんなストーリーなんです。

 

母の敵をとるために機械伯爵と対峙して、機械伯爵を打ち倒す時、彼は機械伯爵の目の向こうに人間を見るわけですよね。かつて人間だった頃の機械伯爵の思いや、なぜ自分が機械伯爵になったのか、なぜ人類を機械化人にする計画を進めているのかが、だんだん見えてくるわけです。機械化人なのに人間だったことが見えてきた時、それを見てしまった鉄郎は戸惑う。そして、どこかで哀れに思うと同時に、同じ人間であったということが、敵を撃つ瞬間まで鉄郎を苦悩させる。それでも、16歳の彼は人間を殺す、機械化人を殺すわけですよね。それは、今の時代に置き換えただけでもすごくセンセーショナルで、またそれが前作の一番のハイライトシーンでした。

 

でもそれは決して悲しいこと、ネガティブなことだけではなくて、希望がある。言い換えれば、終わることのない思い、生きている限り決して終わらない旅、というのが、“さよならメーテル~僕の永遠”というタイトルの、“永遠”という言葉のなかにも繋がってくる気がします。

 

 

<取材協力>
ヘアメイク=松本ミキ
スタイリスト=AKIRA

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、鉄郎という少年の光について、前作から今作に続けて繋げていくことについて、脚本を新たに石丸さち子さんが書かれている点などについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。3月15日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、舞台『銀河鉄道999』でキャプテン・ハーロック役を担当し、そして『サムシング・ロッテン!』では中川さんと兄弟役を演じた平方元基さんについて伺ったお話や、『ジャージー・ボーイズ』チームWHITEのみなさんにインタビューで伺ったお話を中川さんにお伝えして中川さんのアンサーを伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■精神的にも肉体的にも辛かった。それだけの力を毎回、鉄郎を演じる時に使っていた

 

■ひと言で言えば、鉄郎は天才、スーパースター

 

■『銀河鉄道999』の鉄郎という存在が、舞台で余すことなく発揮される

 

■鉄郎という人間の思いや、鉄郎という人間が、歌によってどんどん展開していく

 

 

<舞台『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠>
【東京公演】2019年4月20日(土)~4月29日(月・祝) 明治座
【大阪公演】2019年5月10日(金)~5月12日(日) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://999-40.jp

 

<関連リンク>
中川晃教オフィシャルサイト
http://www.akinori.info/
中川晃教オフィシャルTwitter
https://twitter.com/nakagawa1982aki

 

 

『銀河鉄道999』 関連記事:

⇒すべて見る

 

中川晃教 関連記事:

⇒すべて見る

 

※中川晃教さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月14日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

中川晃教さん=撮影・岩村美佳

中川晃教さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. Nene より:

    銀河鉄道999続編たのしみにしてます。また前作よりもナンバーが増えるということで中川晃教さんの魅力がいっそう感じられるんではないかとたのしみにしてます。作品を観る際に、演者や作り手の思いを感じることで作品がさらにおもしろく感じることが出来ると思うこともあります。中川晃教さんは思いが人一倍強い役者さんに感じるためこのような記事がもっと見る機会が増えればうれしいです!

  2. Weeber より:

    読みながら、前作で機械伯爵を打ち倒すシーンでの鉄郎の葛藤を思い出し、それが今回にどのように繋がっていくのかのヒントになり面白かったです。
    星や光を感じるような時計の下での写真も素敵です。
    記事のおかげで「銀河鉄道999」がさらに楽しみになりました。

  3. けらこら より:

    昨年の舞台も観ました。歌のナンバーが増えるということでより鉄郎の内面があらわになるのかなと思います。出会いと別れ、今作も楽しみにしています。

  4. のこ より:

    インタビューを通じて、中川さんの、鉄郎や作品への想いをしっかりと感じました。
    元々楽しみにしていましたが、さらに期待度が高まります。

  5. say より:

    中川さんの作品に対する情熱がしっかりと伝わってくる読み応えのある記事でした。いつものようにお写真もとっても素敵です。4月の舞台が待ち遠しくなりました。

  6. リナ より:

    サイクロンの目である鉄郎の鮮烈さ、周りを巻き込んでいく力を舞台上で表現しようとされていることがよくわかりました。
    前作も鉄郎は出ずっぱりで体力的にも大変そうだと思いましたが、今作は歌も増えるということで、どうなってしまうのかドキドキワクワクします。
    いつもながら、思いの伝わる素敵な記事をありがとうございます!
    後半も楽しみにしております。


最近の記事

■ 2019年9月掲載分
■ 2019年8月掲載分
■ 2019年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.