「あっという間!」、『銀河鉄道999 THE MUSICAL』中川晃教・三浦涼介対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「あっという間!」、『銀河鉄道999 THE MUSICAL』中川晃教・三浦涼介対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年4月8日

2022年4月8日(金)から4月18日(月)まで日本青年館ホールで上演されるミュージカル『銀河鉄道999 THE MUSICAL』に星野鉄郎役で出演する中川晃教さんと、キャプテン・ハーロック役で出演する三浦涼介さんの対談インタビュー、後編です。ハーロックの存在感の出し方についての試行錯誤、三浦さんと小池修一郎先生の約束、ご自身の20周年を振り替えて中川さんが思うこと、蜷川幸雄さんや石丸さち子さんの熱い現場のことなどについて話してくださった内容と、中川さんと三浦さんそれぞれからのお客さまへのメッセージを紹介します。

中川晃教さん(右)と三浦涼介さん(左)=撮影・岩村美佳
中川晃教さん(右)と三浦涼介さん(左)=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは3月下旬に実施しました)

――三浦さんがハーロックを作っていくなかで、キーにされていることや、ここを大事にしたいなと思っていることは、いかがですか?

三浦:鉄郎から憧れられているとか、鉄郎のお父さんからの大事な伝言、遺言を彼に伝える使命感とか、そういったところはもちろんですが、「せっかく動いている人間が演じる」というところですね。この間、殺陣稽古をした時に、「ハーロックはもっとゆったりしていていい。むしろ相手が振りかかってきて、それを年寄りのようによけてくれ」みたいなオーダーがあったのですが、僕からすると遅すぎて、どうしても動いていっちゃうんです。個人的には、どんどん斬っていきたいと思っちゃうから。

パフォーマンスとしては、そのちょうど良いところを見せられたらいいなと思います。生で観た時に、「ハーロックってこんな俊敏な瞬間もあるんだ」ということが、違和感ではなくて、きちんとハーロックの良さの1つになったらいいなと。本当に動いたらこうなるのかもしれない、というリアリティーは追求したいと思います。

中川:今のお話は、すごく興味深いですよね。

三浦:本当ですか?

中川:「でーんとしている」というだけじゃない存在感、メリハリを、自分のなかでどう作れるかということを言っているんですよね。

三浦:はい。演出家の方には、「もっとゆっくり歩いてハケていいです」と言われました。今、メリハリと仰ってくださいましたが、それができたらいいなと思います。ずっとゆっくりとは観ていられないですから。

――確かに、ずっとひとりだけゆっくり動いていたら、気になるかもしれません。

中川:ああ…。

三浦:だから、良いところどりですね。

――動きのなかにも、ハーロックならではの見せ方、見どころがあるんですね。

三浦:そうだといいなと思っています。

――中川さんは、20周年イヤーを音楽活動に特化されてきて、ミュージカルは昨年4月の『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』以来ですよね。ご自身の柱である歌の活動をされるなかで、久しぶりにミュージカルに取り組まれ、今どのような思いですか?

中川:まず、「久しぶり」という感覚があまりないんです。去年もたまたま20周年ということもあって、本当に“あえて”ではなく、“たまたま”ミュージカルがなかったという感じでした。三浦さん、そういう時ってない?すごく重なる時と、ふわっと全然違うものの余白ができる時と。

三浦:ありますね。

中川:ずっとミュージカルというものをやり続けてきていますが、今この時代、ミュージカルが市民権を得てきていると感じます。僕自身の20年ということでお話するならば、ウィーン・ミュージカルから、ブロードウェイ、オフ・ブロードウェイ、ウエストエンド、韓国、そして日本のオリジナルミュージカルと幅広い経験をさせていただいてきました。

『モーツァルト!』という作品で数々の賞を頂いた時には、ミュージカルというものと、自分というものの距離感は、まだ初めましてという感覚でした。この20年の月日の中、さまざまな経験をさせていただく中で、ミュージカルというものに、ようやく、しっかり足が地に着いた感覚を得られています。それと同時に、ミュージカルが市民権を得て、盛り上がってきている。そんな今こそ、新たな自分が向かう先、ステージって何だろう?と考える時期なのかな、と思っているんです。

感覚的に、その時ごとの、自分の分岐点みたいなものだと思います。小さい分岐点もあれば、大きい分岐点もあったり、いろいろな岐路があるでしょう。『銀河鉄道999』は、3度目で、ようやくミュージカルになりました。自分が関わりを持たせていただいた作品が再演という形を経て、今だからこそ、どうすればミュージカルになっていくだろうと考えます。温めつつ、進化させつつ。ひとりではできませんが、今回のように素晴らしいキャストの方が集うというタイミングをいただきました。

「準備」と言っていいのかわかりませんが、昨年はそういう期間をいただいていたのかなと、思っています。日本のオリジナルミュージカルを、ここからどこまで耕していけるのか。そういう種みたいなものが、たくさん稽古場のなかにも埋まっていたり、作品を通して出会い、共鳴し合って、それが次に繋がっていったり。そういうことを、僕はミュージカルから感じることができている。そんなタイミングに来ているのかなと、20年を経て、すごく思いますね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、三浦さんと小池修一郎先生の約束や、蜷川幸雄さんや石丸さち子さんの熱い現場のことなどについて話してくださった内容と、中川さんと三浦さんそれぞれからのお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■三浦:ミュージカルを毛嫌いしていた僕に、小池先生が「3年頑張れ」と

■中川:(蜷川さんや石丸さんの)あの熱さは好き? 三浦:「大好き」かも(笑)

■三浦:人生の輝かしさの欠片さえ、落とさず拾い上げる力を持って生活する大切さを

■中川:2.5次元ではなく、2.8次元を目指す。私たちの出会いを、ぜひ劇場で見届けて

<『銀河鉄道999 THE MUSICAL』>
【東京公演】2022年4月8日(金)〜4月18日(月) 日本青年館ホール
公式サイト
https://999musical.com/

『銀河鉄道999 THE MUSICAL』 関連記事:

⇒すべて見る

中川晃教 関連記事:

⇒すべて見る

三浦涼介 関連記事:

⇒すべて見る

※中川晃教さんと三浦涼介さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月7日(土)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

三浦涼介さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. いちご より:

    初演・再演と観劇していますが、コロナ禍での今回の上演だからこそ、銀河鉄道999のテーマから受け取るメッセージが多く、感慨深いものがありました。
    劇場に到着して30分前に公演の中止を知った日もありましたが、無事に千穐楽が迎えられて良かったです。
    改めてこの記事を読みながら、作品の奥深さを噛み締めています。
    ステキなお写真と対談、ありがとうございました。

  2. りえ より:

    待ちに待った中川さんと三浦さんの共演!楽しみにしていました!早速記事にしてくださってありがとうございます!
    999が千秋楽まで無事駆け抜けられるよう祈っています!

  3. ワトソン より:

    お二人が岩村さんを信頼されてることがよくわかるリラックスした素敵なお写真と記事!ありがとうございます!お稽古場での事、演出や役づくりのお話を伺った上での観劇は一層興味深く思います。

  4. パンダうさぎ より:

    お二人の共演が拝見出来て非常にに嬉しく思います。また配信もあるため、千秋楽は配信にて観劇します。アニメと同じようなクオリティーで、本当にワクワクする作品だと感じました。

  5. Weeber より:

    共演は初めましてのお二人が,対談を通じてもお互いをより深く理解し,「銀河鉄道999」での役柄につなげていらっしゃるのが感じられて,胸が熱くなりました。
    三浦さんの中川さんへの言葉「少年の心を忘れずに」に頷き,まさに鉄郎くんはぴったりと思います。
    この記事のおかげで,舞台を拝見するのがますます楽しみになりました。
    とっても雰囲気のある写真も素敵です。有難うございました。

  6. ゆっちょ より:

    お二人のミュージカルに対する想いが伝わってきました。
    これまでの道程や考え方などがよくわかりました。
    早く観たいです!

最近の記事

■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
■ 2022年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.