「表現したいのは、まずは人との関係だと気づいた」、藤原啓児インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「表現したいのは、まずは人との関係だと気づいた」、藤原啓児インタビュー(下)

筆者: 桝郷春美 更新日: 2019年5月2日

 

劇団スタジオライフの役者であり、代表を担う藤原啓児さんのインタビュー、後半です。演劇の世界に飛び込んでからの変化、コミュニケーションの気付き、2019年5月18日(土)から音楽劇としてリニューアル上演される次作『音楽劇 11人いる! 』への想い、高校での「芸術鑑賞教室」再始動、代表としてのマネジメント視点などについて、じっくりとうかがいました。

 

藤原啓児さん=撮影・桝郷春美

藤原啓児さん=撮影・桝郷春美

 

 

――「もう食えなくてもいいから、演劇の世界で自分が思っていることを表現していけたら」と腹を決めて、本格的に演劇の世界に飛び込まれたのは、いくつの時ですか?

 

28歳でした。今から思うと浅はかだったなと。一方で、その浅はかさがなかったら演劇の世界に飛び込めなかった。両方の思いがありますね。

 

――ということは、役者になりたいというより、世の中のおかしいと思うことを堂々と表現する場に自分の身を置こうというのが動機ですか。

 

28歳のその瞬間は、そうでした。ただ、実際に演劇の世界に飛び込んで変わりましたね。演劇は人の人生を扱うし、社会のことを取り上げるわけで、真実に迫ろうとするもの。そういう芸術の深さに気付かされていくのです。若い時はイデオロギーに興味があって不寛容さに対する批判的な芝居とかがやりたかったんです。ですが今は違って、ベースはコミュニケーションです。

 

――藤原さんの中の表現のベースが、イデオロギーからコミュニケーションへと変わった。その変わり目には、何かあったのでしょうか。

 

僕は劇団員たちに、表現者としてのスタートは、いつか分かるか?という話をよくするんです。僕の中では、本当に無残にもできなくて、孤独感や無力感を心底味わった時が、表現者としてのスタートラインに立てる瞬間だと思っています。じつは僕にもそういうことがありました。

 

――「孤独感や無力感を心底味わった」というのは、どんな経験だったのですか?

 

(スタジオライフに入団後)海外の戯曲に初めて挑戦させてもらったことがありました。それもメインで。プロが世の中に向けて書いた戯曲に対しては、自分ではなく相手を慮る演技が必要なんです。だけど当時の僕は、コミュニケーションが分かっていなくて、エゴイスティックな延長線上にいました。それまでの社会経験で、変革には時間がかかると皆が言っている病院内の問題に対して、3 年で何とかしようと言っちゃう世間知らずな自分が、芝居でもあからさまに出るわけです。従って、相手の表情を見て、相手から感じて、それに対して慮る演技というのが、カケラもできなかったんです。

 

立ち稽古からダメ出しの連続で、人生のダメ出しまでされて、しまいには稽古場でうずくまって泣いて、挙句の果てに初日の舞台に立てなかったんです。役を降ろされました。6 日間の短い公演で 4 日間降ろされて、2 ステージだけ立たせてもらった。でもやっぱりダメだと言われて、千秋楽も立たせてもらえなかった。みじめでしたね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、インタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■正しいか正しくないかじゃない。一人ひとり違うことをどこまで理解し合えるのか

 

■長い目で見ています。理解には時間がかかることを身をもって知っていますから(笑)

 

■萩尾先生の作家生活50周年。次作の『11人いる!』は音楽劇としてリニューアルします

 

■高校での芸術鑑賞会後の懇親会、生徒が劇団員に人生相談をし始めた。嬉しかった

 

■劇団と自分、どっちか分かんなくなるところまで行けた時に、何か見えてくるのかな

 

 

<Studio Life公演 『音楽劇 11人いる! 』>
【東京公演】2019年5月18日(土)~6月2日(日) あうるすぽっと
http://www.studio-life.com/stage/11nin2019/

 

<関連リンク>
劇団スタジオライフ
http://www.studio-life.com/
劇団スタジオライフ 公式ツィッター
https://twitter.com/_studiolife_
スタジオライフ 公式facebookページ
https://www.facebook.com/studiolife1985/

 

 

なのはな 関連記事:

⇒すべて見る

 

藤原啓児 関連記事:

⇒すべて見る

 

スタジオライフ 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

藤原啓児さん=撮影・桝郷春美

藤原啓児さん=撮影・桝郷春美

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> 桝郷春美(ますごう・はるみ)福井県小浜市出身。京都市在住。人生の大半を米国ですごした曾祖父の日記を読んだことがきっかけでライターの道へ。アサヒ・コム(現・朝日新聞デジタル)編集部のスタッフとして舞台ページを担当後、フリーランスとして雑誌やウェブサイトに執筆。世の中と表現の関わりを軸に、舞台、映画、美術などジャンルを問わず、人物インタビューや現地取材に取り組んでいる。英語での取材・執筆も行う。 ⇒桝郷春美さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
■ 2019年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.