「『笑う男』での“艶”は、出ちゃいました(笑)」、朝夏まなとインタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「『笑う男』での“艶”は、出ちゃいました(笑)」、朝夏まなとインタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年6月18日

 

2019年6月20日(木)開幕の『MANA-HOLIC』〜Asaka Manato Concert 2nd〜に出演する朝夏まなとさんのインタビュー、後半です。次々に新しいことに出会う今の環境が自分に合っているという朝夏さんに、その面白さについて伺いました。『オン・ユア・フィート!』について、さらに有料部分では『笑う男』などについても伺っています。ジョシアナ公爵がどういう過程でできあがっていったのか、難しかった歌についてなど、いろいろと伺っています。

 

『MANA-HOLIC ~Asaka Manato Concert 2nd~』稽古場より=撮影・岩村美佳

『MANA-HOLIC ~Asaka Manato Concert 2nd~』稽古場より=撮影・岩村美佳

 

 

ーー今回のコンサートも新しいみなさんと作る過程を楽しんでいるように感じますが、宝塚を退団してからの一年半も、新しいことをいつも楽しんでいる印象です。

 

そうですね。でも苦しんでもいますよ。

 

ーーその苦しんでいるところは、こちら側にはあまり伝わってこない部分なのかなと。

 

それで正解です(笑)。楽しいです。

 

ーー新しいことに出会うというのはどうですか?

 

多分、カンパニーが変わるということが性に合っているんだと思います。

 

ーーカッコいい!!!

 

(笑)。カッコよさは狙っていないんですけれど(笑)。

 

ーー宝塚とは真逆ですよね。

 

ずっと同じ仲間たちと作るという、宝塚にはその良さがあるんですよ。でも、私はすごく飽きっぽいので。新しい刺激をもらえる人に出会えるのはすごく楽しいです。

 

ーー飽きっぽくて17年続けたというのはすごいですね(宝塚音楽学校から含めて)。

 

そうでしょう? 演目が変わるからできるんです。

 

ーー自分のなかで変わる要素を作っていけばできるんですね。

 

そうですね。基本好きなことなので、好きだからできるんですが、ずっと同じことをやっているのは飽きちゃうんです。

 

ーー作品が終わるごとに、カンパニーの皆さんと離れたくないとか寂しいということは?

 

それは毎回あるんですが、でもそれでお別れじゃないので。いろんなところで会えますしね。それよりも、新しい人がいて、「わぁ! すごい! こんな人がいるんだ!」とか、拝見していた方と共演したりするほうが面白いですね。

 

ーーそれは普段の生活のなかでもそうですか?

 

そうかもしれないですね。

 

ーー最近見つけた新しいこととかありますか?

 

……ないですね。今はずっと忙しいので。この稽古場に新しい方々がたくさんいらっしゃるので、刺激を頂いています。

 

ーーアイデアニュースにご登場いただくのが『オン・ユア・フィート!』の取材以来なので、この半年のことを少し伺わせてください。

 

ありがとうございます。

 

ーー『オン・ユア・フィート!』のグロリア・エステファン役は、とてもハードな人生ながら、とてもカッコいい女性だと思いましたが、終えてみていかがでしたか?

 

本当に楽しかったです。やればやるほど濃くなっていった半生という感じでした。ちゃんとお芝居だったから、そこがすごく楽しかったんですよね。

 

ーーシアタークリエと各都市での反応は違いましたか?

 

すごく印象的だったのは博多座ですね。博多座のキャパなので、やはり最初は客席が埋まっていなかったのですが、最終日は満席で、2階席の方も、3階席の方も立ってくださって、すごく嬉しかったですね。九州の方は盛り上がることが好きなので、一体感を味わえました。お客様が盛り上がるとキャストもみんな盛り上がりますし、ファミリーの物語でしたから、やればやるほどファミリー感も強くなって行きました。子役ちゃんたちも本当の子供のように溺愛しました(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『笑う男』のジョシアナ公爵がどういう過程でできあがっていったのか、難しかった歌についてなど、いろいろと伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■“艶”はどうやらあったみたいです(笑)。自分ではわからないんですよ

 

■相手が私の役に対してそう思っているんだというのがあると活かせます

 

■歌は大変でしたね。久々にどうしようかと思いました

 

■地方公演中に次の稽古をするというのが、宝塚にはなかった

 

■『MANA-HOLIC』、密度の濃いものを皆さんにお届けしたい

 

 

<『MANA-HOLIC ~Asaka Manato Concert 2nd~』>
【東京公演】2019年6月20日(木)~6月23日(日) ヒューリックホール東京
公式ページ(キョードー東京)
https://www.kyodotokyo.com/asaka-manato2nd

 

<関連リンク>
朝夏まなと オフィシャルウェブサイト
https://asakamanato.com/
朝夏まなと 東宝芸能プロフィール
https://www.toho-ent.co.jp/actor/1040
朝夏まなと オフィシャルinstagram
https://www.instagram.com/asaka_manato_official/
朝夏まなと マネージャーTwitter
https://twitter.com/asakamanatomg

 

『MANA-HOLIC ~Asaka Manato Concert 2nd~』 関連記事:

⇒すべて見る

 

朝夏まなと 関連記事:

⇒すべて見る

 

※朝夏まなとさんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月17日(水)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

『MANA-HOLIC ~Asaka Manato Concert 2nd~』稽古場より=撮影・岩村美佳

『MANA-HOLIC ~Asaka Manato Concert 2nd~』稽古場より=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. ままんご より:

    改めて、まぁ様が大好きだって思いました。
    素敵な記事をありがとうございました。

  2. mhsun&moon より:

    後半も心に響く記事と美しい瞬間を沢山捉えたお稽古場写真をありがとうございました。苦しみもがきながらも乗りこえた先に見える美しい光景をいつも観客である私達に見せて下さっている事を改めて思いました。だからこそ私達はリスペクトし愛してやまないのですね。素敵なお写真、場面毎に違う表情がたまらなく素敵です。マナホリいよいよの開幕が楽しみです!
    またアイデアニュースに 朝夏さんが登場する日を楽しみにしています。ありがとうございました。

  3. なりたてファン より:

    まぁ様が軽々と壁を超えていかれるお姿がかっこいいです。順応性と柔軟性と意思の強さとそれを大きな笑顔で見せてくださっていることをあらためて認識できたステキな記事でした(^^)



最近の記事

■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.