前山剛久・新納慎也・納谷健ほか出演、青木豪上演台本・演出『十二夜』2020年上演 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

前山剛久・新納慎也・納谷健ほか出演、青木豪上演台本・演出『十二夜』2020年上演

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2019年10月7日

 

少年に変装した少女が公爵に恋をして、公爵が恋をしている令嬢は少女を男だと思って想いを寄せ…というシェイクスピアの「十二夜」が、シェイクスピア喜劇の演出で高い評価を得ている青木豪さん上演台本・演出の舞台『十二夜』として、2020年3月6日(金)から3月22日(日)まで東京の本多劇場で、2020年3月29日(日)から3月31日(火)まで大阪の近鉄アート館で上演されることが、2019年10月7日(月)、発表されました。出演は前山剛久さん、新納慎也さん、納谷健さん、春海四方さん、小林勝也さん、他のみなさんで、女性役も含めて出演者全員が男性のオールメイルによる上演となります。ニュースリリースの内容をご紹介します。

 

2020年3月に上演の舞台『十二夜』に出演するみなさん=写真提供・ワタナベエンターテインメント

2020年3月に上演の舞台『十二夜』に出演するみなさん=写真提供・ワタナベエンターテインメント

 

 

シェイクスピア喜劇、Dステ「ヴェニスの商人」(‘11)、「十二夜」(‘13)、「お気に召すまま」(‘16)にて演出を務めた青木豪。その評判から昨年は、劇団四季にとって12年ぶりのストレートプレイとなる「恋におちたシェイクスピア」を外部招聘演出家としては実に50年ぶりにオリジナルにて演出しました。

 

シェイクスピア喜劇の演出で高い評価を得る青木が再び手掛ける「十二夜」の上演が、来春、東京・本多劇場、大阪・近鉄アート館にて決定しました。

 

出演はDステ「お気に召すまま」から再び青木とタッグを組む前山剛久、劇団Patchの納谷健に加え、三谷幸喜作品などで知られる新納慎也、春海四方、小林勝也です。

 

力のある喜劇役者たちが生み出すオールメイルの恋物語「十二夜」をぜひお楽しみに!

 

 

<舞台『十二夜』>
【東京公演】2020年3月6日(金)~22日(日) 本多劇場
【大阪公演】2020年3月29日(日)~31日(火) 近鉄アート館
作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
上演台本・演出:青木 豪
出演:
前山剛久/ヴァイオラ
新納慎也/オーシーノ
納谷 健/オリヴィア
春海四方/サー・アンドルー・エイギュチーク
小林勝也/サー・トービー・ベルチ

公式ホームページ:
https://12th-night.westage.jp/

 
<チケットなど>
チケット料金:¥8,000(全席指定/税込)※未就学児童入場不可
一般発売日:2019年12月14日(土)10:00
★特典付き「We!プレ」スタンダード会員先行予約受付!:
受付期間:2019年10月11日(金)12:00~10月20日(日)23:59
http://wepremium.jp/t/1370/
※受付期間中に会員登録頂いた方(月額300円[税別])のみ、お申し込みいただけます。
主催・企画・製作:ワタナベエンターテインメント
お問い合わせ:ワタナベエンターテインメント 03-5410-1885(平日11:00~18:00)

 

 

 

 

『十二夜』 関連記事:

⇒すべて見る

 

新納慎也 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.