「もう時間!?」、ミュージカル『カム フロム アウェイ』石川禅、咲妃みゆ、シルビア・グラブ、橋本さとし(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「もう時間!?」、ミュージカル『カム フロム アウェイ』石川禅、咲妃みゆ、シルビア・グラブ、橋本さとし(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2024年3月13日

ブロードウェイミュージカル『カム フロム アウェイ』が、2024年3月7日(木)に開幕しました。3月29日(金)まで東京・日生劇場で、4月4日(木)から4月14日(日)まで大阪・SkyシアターMBSで、4月19日(金)から4月21日(日)まで愛知県芸術劇場 大ホールで、4月26日(金)から4月28日(日)まで福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホールで、5月3日(金・祝)から5月4日(土)まで熊本城ホール メインホールで、5月11日(土)から5月12日(日)まで群馬・高崎芸術劇場 大劇場で上演されます。出演されている、石川禅さん(ニック&その他)、咲妃みゆさん(ジャニス&その他)、シルビア・グラブさん(ボニー&その他、ビバリー&その他カバー)、橋本さとしさん(クロード&その他)のインタビュー後編です。

「下」の無料部分では、橋本さんと咲妃さんの魅力について伺った内容を紹介します。有料部分では、咲妃さんについてのお話の続きを紹介します。

(右から)石川禅さん、シルビア・グラブさん、咲妃みゆさん、橋本さとしさん=撮影・岩村美佳
(右から)石川禅さん、シルビア・グラブさん、咲妃みゆさん、橋本さとしさん=撮影・岩村美佳

ーーでは、次は橋本さんのターンでお願いします。

橋本:わ! 来た!

全員:(笑)。

橋本:落としてくださいよ!

石川:劇団☆新感線の大スターで、でもやっぱり衝撃的だったのはレミゼですよね。俺も初ジャベールだったんです。さとしさんも初バルジャンで。初ジャベと初バルジャンだったから、登板も初日から3日目か4日目ぐらいでしたかね。

橋本:そうですね。

石川:初顔合わせできたのが、さとしさんがバルジャン3回目で登板した時ですかね。プロデューサーさんのはなむけというか、どちらも初めてだったので、まずは経験を積んだジャベールとバルジャンを相手にした方がいいだろうということで、そういう登板になったんですけど、私は初日をさとしさんとやりたかったですね。

橋本:稽古場でも、ほぼなかったですよ。

石川:さっき、僕が自分のことを「芝居屋」って言ったとおっしゃっていたけど、なぜそれを言ったかというと、稽古場でさとしさんのお芝居を見ていて「この人、芝居の人だな」って思ったからなんです。その後『十二夜』をやって。

橋本:そうでしたね、シェイクスピアを一緒にやって。

石川:それだけだっけ?

橋本:禅さんとは2回?

石川:『十二夜』の時に、はっきりとわかったのが、意外と籠ってやるタイプだった。

ーー自分の中に籠るということですか?

石川:稽古場の片隅一角の、誰にも目につかないようなところで籠って、ずーっとセリフを覚えてた人なんですよ。

橋本:シェイクスピアはああなっちゃうんですよね。

石川:あの役は、大変でしたけどね。いやもうね、(橋本さんは)爆笑に次ぐ爆笑で今も笑わせてくれてますよ、稽古場で。

シルビア:本当に面白い。本人は多分、笑わせるつもりはないんですけど。

橋本:必死ですよ(笑)。

シルビア:面白い(笑)。

石川:この人の笑いのセンスは、持って生まれたものなのかなと思いますよ。でもやっぱりレミゼの時に、対バルジャンとの絡みで、この人すごいなと思って、絡ませていただいていましたね。

橋本:楽しかったですよ。禅さんが特別公演でマリウスをされたので(日本初演20周年記念スペシャルキャスト)、マリウスともね、一緒にやらせてもらって。

石川:重かったでしょ。

橋本:重かったです……。

全員:(爆笑)!

石川:そうなんですよ。だってあのときのマリウスって、みんなだんだん体がちっちゃくなっていったのね。私が現役でマリウスをやってた時は、みんなでかかった。

シルビア:そうだね。石井一孝しかり、みんな大きいね。

石川:バルジャン役の俳優さんに「重いんだよ、マリウス~ッ!」って笑いながら言われてたんだもん。スペシャルバージョンのときってマリウスがみんな私より小柄だったんですよ。それってやっぱり?冗談みたいに言われてたけど、本当に重かったんだろうなぁ。

橋本:そうなんですね。「Bring Him Home」を歌うときにマリウスが寝てるところで、「♪まるで我が子です〜(禅さん……)」

全員:アハハハハハ!

石川:そうだよね、そりゃそうですよ。年上だもん!

橋本:そう! 年上のマリウスが、ものすごい無垢な顔で寝てるんですよ。

石川:無理した無垢の顔よ。

橋本:その寝顔すらやっぱりね、いつも見てたジャベールの顔じゃないんですよ。

石川:当時、あと2年で50でしたからね。

シルビア:私は、さとしさんと『レ・ミゼラブル』が最初で、『ミス・サイゴン』、『三銃士』の順かな。今まで日本でやってきたジャン・バルジャンたちとは全く違う存在だったのがすごく面白くて。多分私もそのとき初ファンティーヌで、わりと稽古が一緒になることが多かった気がするんですよね。何をやっても、全部受け止めてくれるのが楽しくて、その勢いで他の人とやったらちょっと大変そうでした。全てのエネルギーをバンって相手にぶつけると、ああ…ってなる人もいらっしゃるんですけど、受け止めてくれたジャン・バルジャンだったので、楽しくてしょうがなくて。

私も多分、それまであまりいなかったタイプのファンティーヌだったと思うけど。だから、いつか本当にお芝居で、さとしさんとやりたいと思っているんだけれども、なかなか機会がなくて。『ミス・サイゴン』でもエンジニアとエレンは絡まないし、『三銃士』もアトスとアンヌ王妃はそこまで絡みはなかったので。今回もあまり……。

橋本:ないのよね。

シルビア:ただやっぱり、さとしさんが稽古している姿を見ていると、いろいろ勉強になるし楽しいし、今回もまさにそうなんです。製作発表で「ポンコツ」とおっしゃってましたけど、それは逆にムードメイキングなポンコツで、セリフも全部入ってたりとか、割とちゃんとできてるんですよ。だからポンコツと言いながら、その世界にちゃんと入り込んでるのが、やっぱすごいなと。

禅さんと一緒で、レミの頃はお芝居の人とかミュージカルの人だっていう区別をつけることがあまりわからなかったんですけど、今思い返すと、めちゃめちゃお芝居の人なのにミュージカルに入っていて、新しい風を入れてくれているのがすごく面白いなと思うし、見たいと思うし、例えばダブル、トリプル、クワトロがあるんだとすれば、さとしさん選んじゃう。

橋本:光栄だわ。俺、ファンティーヌがお亡くなりになったシーンでさ、段取りとか全然わからないまま稽古させられていて、ファンティーヌが召されたときにね、シーツをかけてあげるところがあるんですよ。顔まで全部覆ったら、ビアが「生き返るわ!!!」って(笑)。

全員:アハハハハハ!

シルビア:やっぱりクワトロキャストになってくると、あまり稽古できないから、見ている方が長くなっちゃって。

橋本:そういう俺のミスも、「生き返るわ!!!」とか言って、いいリアクションしてくれるんですよ!

ーー楽しいですね。

シルビア:楽しいですよ。だから今回もすごく楽しみだった。

咲妃:私はNHKを見て育ってきたので、『プロフェッショナル 仕事の流儀』のお声でさとしさんを知ったのが多分一番最初なんですよ。すごく素敵な声だなって思うし、あの番組も好きだし、ナレーターさんって言ったらいいんですかね?

橋本:そうだね、あの番組的には。

咲妃:その声ありきの番組だなと思っていたので、『千と千尋の神隠し』で初めて共演させていただいて、「あの方とご一緒できる!」と、すごく嬉しかったです。釜爺さんとリンで初めてお芝居させていただいたときに、ビアさんもおっしゃいましたけれども、懐が広いから、どんなアプローチをしても、ちゃんと受け止めてくださるんです。思い切って飛び込んで行きたい、行けるって思わせてもらえる。そういう役者さんって稀有だなと思いました。

釜爺さんって愛情深い人だし、でも、ときに厳しいし、コミカルだし、いろんな要素を短い時間で表現しないといけないんですけど、それが見事で、あんなに手足を使いながら大変だったと思うんですけれども、アニメになりすぎずに、ぶれずにお芝居をされていて、ちゃんと心を注げるのは橋本さとしさんならではだなと思いました。

今回2度目の共演もとても嬉しいですし、さとしさんはムードメーカーでもいらっしゃいますけど、すごく素敵だなって思うところが、どんなときも正直だというところです。見習いたいですし、それがお芝居にも表れていますし、お人柄がそのままで、できないときはできないって……。

石川・シルビア:ふふふ……

橋本:要約すると、僕、いい加減なんです!大体アバウトで。

咲妃:いい加減じゃないです!正直で、無理をしない。ご自分のペースで前進されるところに、今までご一緒した期間は短いですけど、これまでのさとしさんの歩みが垣間見えるなと思って。禅さんとビアさんのお話も伺って、やっぱりそうなんだって思いました。

橋本:嬉しいっすわ。

ーー咲妃さんについてもお聞かせください。

咲妃:手短かにお願いします!

橋本:全てにおいて、真摯に向かっていく感じの印象。

石川:この座組の中で最年少ですから、さっさっさとはできないでしょうけどね。先程の話にも出てきたコンサートでご一緒したんですが、台本が独特の世界観で。歌を歌うために、その時代にタイムスリップしなければいけないという設定で、タイムトラベラーの役割を小林遼介くんと二人で担っていたんだけれど、大変で。でもそれを、見事にやってくれたんすよ。

咲妃:いや、いや、いや。

石川:でもね、あなたたちがそこで「私達は誰が何と言ってもタイムトラベラーです」っていう顔をしてやってきてくれたので。他のメンツは日替わりで入れ替わり立ち替わりでキャストが変わるから、何十通りもあったもんね。

咲妃:そうですね。

石川:毎日そのキャストを「今日はこの人たちなんだ」って相手をしながら、自分たちのペースを崩さずに、しっかりちゃんとタイムトラベラーの世界に引き込んでいくんだなって思ってたんですよ。だから、ちょっと安心と思って。

咲妃:ありがとうございます。

石川:その時から、「この子すげえな」と思ってたんですよね。今回も、この稽古場で本読みの段階から聞いていて、「わ、こういうこともやるんだ。ちょっと奥が深いぞ」と思っていたら、読売演劇賞優秀女優賞を受賞してね。

シルビア:そうですよ!

石川:そうか、獲ったか。やっぱりなという気持ちです。

咲妃:ありがとうございます。

※アイデアニュース有料会員限定部分では、咲妃みゆさんについてのお話の続きを紹介し、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■シルビア:(咲妃さんは)歌稽古でも、割と同じパートが多い。隣にいてくれると安心

■シルビア:「私、しっかりしてます!」という様子だけど、ちょっとおっちょこちょい

■橋本:いろんなお花を持っていて、「お花畑がここにある」みたいな。芯も通っている

■橋本:「退屈やな」と思ってたら、突如として鶏の映像を… 石川・シルビア:見る!

<ブロードウェイミュージカル『カム フロム アウェイ』>
【東京公演】2024年3月7日(木)~3月29日(金) 日生劇場
【大阪公演】2024年4月4日(木)~4月14日(日) SkyシアターMBS
【愛知公演】2024年4月19日(金)~4月21日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
【福岡公演】2024年4月26日(金)~4月28日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【熊本公演】2024年5月3日(金・祝)~5月4日(土) 熊本城ホール メインホール
【群馬公演】2024年5月11日(土)~5月12日(日) 高崎芸術劇場 大劇場
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/comefromaway2024/

『カム フロム アウェイ』 関連記事:

⇒すべて見る

石川禅 関連記事:

⇒すべて見る

咲妃みゆ 関連記事:

⇒すべて見る

シルビア・グラブ 関連記事:

⇒すべて見る

橋本さとし 関連記事:

⇒すべて見る

※石川禅さん、咲妃みゆさん、シルビア・グラブさん、橋本さとしさんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月12日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

(右から)石川禅さん、シルビア・グラブさん、咲妃みゆさん、橋本さとしさん=撮影・岩村美佳
(右から)石川禅さん、シルビア・グラブさん、咲妃みゆさん、橋本さとしさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ピティパット より:

    お互い年齢やキャリアを超えてリスペクトし合って高め合っていかれているのがインタビューでよく分かりました。大阪での初観劇が今から楽しみでなりません。

  2. もも より:

    楽しい記事をありがとうございました。
    キャスト皆さんが大変なお稽古だけれど
    楽しくて…という気持ちが伝わってきて
    だからこそ素晴らしい舞台なのだなと思えました。

最近の記事

■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.