「少しでもこれからの人たちのヒントになるなら」、藤岡正明インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「少しでもこれからの人たちのヒントになるなら」、藤岡正明インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2020年1月10日

 

実話を元にした二人芝居の濃密なミュージカル『Hundred Days』が、2020年2月20日(木)~2月24日(月・祝)にシアターモリエール、3月4日(水)~3月8日(日)に中野ザ・ポケットで上演されます。ショーン役の藤岡正明さんのインタビュー後半です。『Hundred Days』の中で演奏される曲についてのほか、2019年9月に開催された「ヴォイストレーニングワークショップ」などについても伺いました。

 

藤岡正明さん=撮影・NORI

藤岡正明さん=撮影・NORI

 

 

――アビゲイル役の木村花代さんとは初共演ですか?

 

コンサートイベントで一緒になったことはありますが、お芝居としては初めてですね。

 

――木村さんとは、作品についてなにかお話をされましたか?

 

取材のときに話したりしてました。まだ正直、具体的な内容まではいけてないですけど、台本を読んだ後に、花代さんに会って顔を見たことで「そっか、この人がアビゲイルか。こういうこと言うんだな」とか、彼女の中の「闇」みたいなものをイメージしていったり、っていうのはありましたね。

 

アビゲイルという女性は15歳の時に親を失っているんです。それで誰かと出会って恋に落ちたりしていく中で、普通だったらその人と結婚をして、ということになっていきますよね。それを「嬉しいな、素敵だな」ではなくて、でも、これも両極端に誰しもが持っている感情だと思うんですけど、“この人を失ったらどうしよう” という考え方、この考え方が強すぎるんですね。アビゲイルの言葉で言うと「私は夢と呼ぶんだけれど、そしてその味はすごく塩味なんだけれども、すごくよくその夢に苛まれる」と。

 

つまりどういう事かというと、その人を失うということの悪夢みたいなもの、それがよぎってしまう。思い込みだけれども、それが彼女のずーっと抱えてきたトラウマであり、闇であり、恐怖であり、傷なので、それをぬぐい去れないんですね。それを「じゃあ、どうする?」 ということなんです。ただし、作品のテーマの中には、もっとより大きなものがあって。さっき言ったように、いつかは失うんですよ。いつか別れが来る。人間は100日というと「もうちょっとしかない、どうしよう余命3ヶ月だ」ってなりますけど、じゃあ「あと50年」と言われると、それはリアリティがないですよね。

 

――たしかに。

 

でも「5年生存率0です」と言われたら「5年か…!」ってなるわけですよ。5年生存率が50パーセントって言われても「うわぁっ!」ってなるわけですよ。人は勝手に50年、まだあと40年、あと30年、って考えていますが、実際には必ず、そのカウントダウンがかかって誰しもが生きているわけです。だからどういう希望を持って、どういう風に生きていくのかということを、作品のテーマとして掲げているんだろうなと思います。

 

 

※こちらはミュージカル『Hundred Days』公式サイトに掲載されている「HUNDRED DAYS PV#2:HUNDRED DAYS」動画です。

 

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『Hundred Days』の中で演奏される曲について、藤岡さんが2019年9月に開催された「ヴォイストレーニングワークショップ」についてのお話などインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■恐怖や、不安、闇に向き合いながら、カラッと笑い飛ばせるかどうか

 

■ギタリストとして、まこちゃんと一緒にコラボしてやれるというのは楽しみ

 

■「ヴォイストレーニングワークショップ」。もし僕が、少しでもヒントになるなら

 

■『Hundred Days』、“大事な人に会いたくなるルンルンなライブを観た” 気分に

 

 

<ミュージカル『Hundred Days』>
【東京公演】2020年2月20日(木)~2月24日(月・祝) シアターモリエール
【東京公演】2020年3月4日(水)~3月8日(日) 中野ザ・ポケット
公式サイト
https://www.consept-s.com/100days/
シアターモリエール
http://www.moliere.co.jp/theatre/
中野ザ・ポケット
https://www.pocketsquare.jp/the-pocket/

 

<キャスト&スタッフ>
【THE BENGSONS】ショーンとアビゲイルがフロントマンを務めるバンド
藤岡正明、木村花代
桑原まこ(音楽監督/Key)、遠藤定(Ba)、長良祐一(Dr:2/20~21、24、3/4~8)、小久保里沙(Dr:2/22、23)、石貝梨華(Vc)
【STAFF】
板垣恭一(日本語上演台本・訳詞・演出)

 

<関連リンク>
conSept 公式 Twitter
https://twitter.com/consept2017
藤岡正明公式サイト
https://fujiokamasaaki.officialsite.com/
藤岡正明公式ブログ
https://ameblo.jp/fujioka-masaaki/
藤岡正明 Twitter
https://twitter.com/Tsukune_Toro

 

 

 

 

『Hundred Days』 関連記事:

⇒すべて見る

 

藤岡正明 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※藤岡正明さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月9日(日)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

藤岡正明さん=撮影・NORI

藤岡正明さん=撮影・NORI

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. 地蔵マリオ より:

    歌の上手い声の良い人は世の中にたくさんいらっしゃるけれど、藤岡正明さんの声は唯一無二。とてもドラマチックで、体温と豊かな色彩を感じます。体調など心配ですが、それを含めて彼の変化を認めつつ、これからも魅せて頂きたいと思っています。

  2. ホワイトネイル より:

    いつも率直に語ってくれる藤岡正明さんが大好きです。HUNDRED DAYS今まで見たことのない作品になりそうで期待が高まりました。

  3. コロジロ より:

    藤岡さんの記事ありがとうございました。ますますHUNDRED DAYS楽しみになりました。ワークショップについてのお話も聞くことができて嬉しかったです。


最近の記事

■ 2020年1月掲載分
■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.