「唯一無二」、『シンシア・エリヴォ コンサート』三浦春馬インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「唯一無二」、『シンシア・エリヴォ コンサート』三浦春馬インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年1月14日

 

2020年1月16日(木)と1月17日(金)に、東京国際フォーラムホールAで開催される『シンシア・エリヴォ ミュージカルコンサート featuring マシュー・モリソン&三浦春馬』に出演する三浦春馬さんにインタビューしました。(上)では合同インタビューの全文を、(下)ではアイデアニュース独自のインタビューを掲載します。

 

シンシアさんは、ミュージカル『カラー・パープル』で主演セリー役を演じ、2016年のトニー賞主演女優賞、グラミー賞、エミー賞など数々の賞を受賞。そして2019年に公開された自身主演の映画「Harriet」がゴールデングローブ賞と放送映画批評家協会賞の主演女優賞&主題歌賞にノミネートされました。マシューさんは、海外ドラマ「glee/グリー」でグリークラブの顧問シュー先生役を演じ、世界的な人気を誇るミュージカルスター。数々のミュージカルに出演され、日本でご自身のコンサートも開催されています。そのふたりと共演する三浦さんは、日本を代表する俳優の一人としてドラマ・映画と幅広く活躍しながら、地球ゴージャスプロデュース作品、劇団☆新感線『ZIPANG PUNK ~五右衛門ロックIII』、『キンキーブーツ』に出演。今年3月には、主演作品『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』が控えています。

 

三浦春馬さん=撮影・岩村美佳

三浦春馬さん=撮影・岩村美佳

 

 

――まず、このコンサートの出演が決まったときのお気持ちと、シンシアさん、マシューさんの印象をお聞かせください。

 

本当に信じられなかったです。自分に出演のお話がくるとも思っていなかったです。以前、『4Stars』を観ているんですが、もちろんシンシアさんのパフォーマンスにも驚きましたし、「これが世界クオリティなんだ」と日本で体感出来ました。ニューヨークで観た『キンキーブーツ』から始まり、数多くのブロードウェイミュージカルを観させていただきましたが、「日本でこんな体験ができるんだ」という驚きのなか、城田優君が出演していたので楽屋へあいさつしに行ったんです。「シンシアにもあいさつしに行く?」と言われたので、あいさつさせていただいたんです。優君が「日本の『キンキーブーツ』でローラを演じるんだよ」と説明してくれて。シンシアさんがビリー・ポーター(オリジナル・ブロードウェイ、ローラ役)と仲が良いそうで、胸に手を押さえながら「本当におめでとう」と穏やかに言ってくれたのが印象的でした。普段からも、とても大らかな方なんだろうなという印象を受けましたね。そんな方と今回、同じステージに立てて、いろいろなことを学べることを思うと、とても光栄です。そして、あの『4Stars』の世界観。もう何年前でしょうね。次に自分が同じ表現者として、あの空間に立つことに対して、「自分で本当にいいのかな?」と思ったのが第一印象です。

 

――マシューさんとお会いしたことは?

 

お会いしたことは、もちろんないんです。自分も『glee/グリー』を観ていて、知らなかったわけではないので、何かこう……不思議な感覚に包まれましたね。仲の良い通訳の方が、マシューさんとお仕事をしたことがあるそうで、すごく人柄もいいし、パフォーマンスももちろんのこと、「きっと春馬君とも波調が合うよ」と言ってくれたので、そんなところも、とても楽しみにしているところです。マシューさんとも一緒にパフォーマンスをできることが何よりも嬉しいです。

 

――今回の公演は2日間だけなので、特別な2日間になると思うんですが、一番の見所というと、どこになりますか?

 

もちろんシンシアさんのコンサートなので、シンシアさんの歌が上手いのはもちろんのこと、シンシアさんの表現力も含めての極上のエンターテイメントが何曲も観られるところですね。1曲1曲色が違いますし、そのなかでシンシアさんが多彩に、どうシーンを目まぐるしく変えていくかという技術だったり、引き算したり、足し算したり。まさか日本でこんなにリッチなものを観られることって、ないと思うんです。唯一無二のコンサートが、年明け早々にあるというこんなにスペシャルなことはないと思うので、楽しみにしてほしいです。

 

――練習は、どういう風にされているんですか?

 

僕が担当させていただく楽曲は5曲くらいになると思いますが、だいたいが英語の歌唱になるので、一からひとつの単語を教わって、やっている最中ですね。自分の発音がこんなにもだめなんだということに、毎日幻滅しながらやっています(笑)。「最悪」みたいな(笑)。

 

――今回、シンシアさんとマシューさんと一緒に歌うということに関しては、どういう心持ちで挑もうと思われていますか?

 

練習を通して「本当に大丈夫かな?」と思うくらい、1曲や2曲の発音確認だけで5時間とか、かかってしまうんです。だからこそ、おふたりと一緒にエンターテイメントを届けたときに、おふたりから一生懸命学んだ先に、歌のなかでのギフトみたいなものが、きっとリハーサルや本番を通して、もらえるはずだから、ほかのことに気を取られないように発音や歌唱、歌詞などしっかり準備しておいて、僕がアクションを起こしたときに何が生まれるのか、ちゃんと集中できるように準備していけたらいいなと思っています。

 

――今、一緒に歌うことに対しては、楽しみが一番大きいですか? プレッシャー?

 

本番は緊張するとは思うんですよ。でも、楽しみです。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、今回のコンサートで三浦春馬さんが歌われる予定の楽曲などについての話が出た合同インタビューの全文と写真を掲載しています。1月15日(水)掲載予定のインタビュー「下」は、アイデアニュースの独自インタビューで、三浦春馬さんの歌声の特徴について、どのようなトレーニングを重ねてハイの音が出せるようになってきたかや、ミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』出演も控える中で自身にとってミュージカルがどういうポジショニングなのか、ブロードウェイの舞台に立つことが具体的な目標になっているのかどうかなどについて伺ったお話の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■第2言語で歌う壁はあります。だから、まず日本語で歌ったり朗読することが重要だと

 

■「Lily’s Eyes」は僕が提案させてもらいました。クラシカルな歌い方もできると思う

 

■『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』の楽曲は、日本語で歌います

 

■シンシアは、天を仰ぎながら吠えるようにリッチな声を出せる。考えられない

 

 

<シンシア・エリヴォ ミュージカルコンサート featuring マシュー・モリソン&三浦春馬>
【東京公演】2020年1月16日(木)~1月17日(金) 東京国際フォーラム ホールA
公式サイト
https://www.umegei.com/cynthia/

 

<関連リンク>
三浦春馬アミューズオフィシャルサイト
https://artist.amuse.co.jp/artist/miura_haruma/
三浦春馬&STAFF INFO twitter
https://twitter.com/miuraharuma_jp

 

<ミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』>
【東京公演】2020年3月7日(土)~3月29日(日) 日生劇場
【富山公演】2020年4月4日(土)~4月5日(日) オーバード・ホール
【福岡公演】2020年4月10日(金)~4月12日(日) 北九州芸術劇場
【愛知公演】2020年4月17日(金)~4月19日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
【大阪公演】2020年4月23日(木)~4月30日(木) 梅田芸術劇場 メインホール
公式サイト
http://www.whistledownthewind.jp/

 

 

 

 

シンシア・エリヴォ ミュージカルコンサート 関連記事:

⇒すべて見る

 

三浦春馬 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※三浦春馬さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月14日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

三浦春馬さん=撮影・岩村美佳

三浦春馬さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. はるまきこ より:

    とても読み応えがありました。
    そして、春馬さんの強い気持ちも、今回のコンサートに対する真摯な向き合う姿勢もわかり、コンサートが本当に楽しみです。
    素晴らしい時間をシェアしてくるための準備になりました。

  2. 由佳理 より:

    ご親切な対応ありがとうごさいます
    三浦春馬さんのファンを長く続けていて、読みたくて登録いたしました。シンシアコンサートには、地方の為行けずです。ホイッスルの北九州には、全て行きます。大阪にも1日
    春馬君のインタビュー記事を読める事有難いです。本当にありがとうごさいます。

  3. そらはる より:

    初めまして、三浦春馬さんの記事を拝見し早速有料会員にならせて頂きました。素敵なお写真と記事、またこのような機会を本当にありがとうございます。
    三浦春馬さんのシンシアコンサートもホイッスル舞台も行かせて頂きます。内面もとても素晴らしい方で、ファンの方々や周囲の方々のご縁をとても大切にされる方で、日々目標に向かい努力を見せない努力家の方で大好きです。
    三浦春馬さんの色紙を頂くことが出来たなら、私自身の人生を頑張ることが出来ます。
    まだ1枚持っていません。どうかどうか…当選させてください。よろしくお願いいたします。

    インスタグラム「そらはる」でもTwitter(別名)でも日々応援させていただいております。春馬さんの映画もCDも本も沢山集めており、拝見し日々元気や感動や感謝の心をもらっています。せかほしも毎週拝見しています。
    心から尊敬しています。そして感謝しています。春馬さんのおかげで私自身が明るくなり20年以上の病気が良くなってきたのです。

    どうかどうか、春馬さんの色紙をよろしくお願い致しますm(_ _)m


最近の記事

■ 2020年1月掲載分
■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.