「渡辺謙さんたちが証明したように、チャンスはあると」、三浦春馬インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「渡辺謙さんたちが証明したように、チャンスはあると」、三浦春馬インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年1月15日

 

『シンシア・エリヴォ ミュージカルコンサート featuring マシュー・モリソン&三浦春馬』が、2020年1月16日(木)と1月17日(金)に、東京国際フォーラムホールAにて開催されます。このコンサートに出演される三浦さんのインタビュー、(下)はアイデアニュース独自のインタビューです。ご自身の歌声の特徴について、さらに今後目指す活動や、ブロードウェイへの思いを具体的に語ってくださいました。

 

三浦春馬さん=撮影・岩村美佳

三浦春馬さん=撮影・岩村美佳

 

 

――映像も舞台もいろいろと拝見していますが、一番お伺いしたいのが、三浦さんの歌声についてなんです。『キンキーブーツ』のときに聞いた三浦さんの中高音域の声が大好きで、ちょっとほかにいらっしゃらない声だなと思っていて。

 

そうなんですか?

 

――はい。ご自身の歌う声について、どんな風に思っているのかお伺いしたいです。

 

特徴がある声というのは、昔からいろいろな方から言われるんですが、僕的には、もちろん最近は恵まれたんだなと思いますし、惜しさを感じることもあります。

 

――惜しさ?

 

結構こもったりするんです。こもりやすい出し方なんだというのは、よく言われるんですが、そのこもりを外したときにリッチではなくなってしまうので、わりと自分のなかで足し算や引き算をしながら、やっていけたらいいなと思っているんです。こもりを全部外してしまうと、ただの聴き苦しい音になってしまうから、一生懸命やって、リッチな音が出たらいいなと思っています。

 

――今の声にするのに、結構過程があって、あの声に来ているということですか?

 

どうなんでしょうね。でも、本当に昔よりは高音が出るようになりました。

 

――高音が出ると、スコーンと抜ける声の方が多いかなと思うんです。

 

そうですね。

 

――今おっしゃっていた、こもり加減が独特だなと思って、すごく耳に残ります。それは意図的に、あの音にもっていかれたんですか?

 

単発だと結構出ちゃうんですよ。多分、ハイツェー(hi C)とかディー(hi D)まで出てしまうんですが、それをやはり、歌唱のなかで、クオリティ高く、リッチな音でやるとなると、めちゃくちゃ難しいなと思いますね。

 

――アーティストデビューされたときも、ミュージカルの歌声と種類は違いますが、高音域で歌われていますよね。やはり、そこをすごく大事にされているのかなと。

 

もう歌えって言われて歌って……(笑)。これは、ちょっと語弊があるな(笑)。

 

――(笑)。

 

「きっと春馬君だったら、歌えるでしょ? この音域でやったほうがいい」と、音楽プロデューサーのJeff Miyaharaさんがおっしゃって。

 

――じゃあ、ご自身ではミュージカルの楽曲においても、アーティスト活動においても、高音がひとつの武器になると思っていますか?

 

でも、やはり課題があって、Bフラット、A、G、Gシャープあたりは、まだ安定しないので、そこがしっかり出せるようになったら、もっと楽しいんだろうなと思います。Bとかまでいくと、出ちゃうんですよ。B、Cとか。でも、世界水準でいくと、AとBフラット、Bが肝になっていて、歌中でそこをしっかり出せるというところじゃないですか。だから、もうほかの方はすばらしいですよね。例を挙げると、ラミン(・カリムルー)さんも、やばいなと思います。僕も、高音を出せたとしても軽い音にならない、ツーンという音ではない方が、自分的にも求めている音です。僕の先生が、本当にすばらしく歌が上手くて、彼は純日本人なんですが、努力を重ねて、黒人のような音質を出せるんです。

 

――それは、すごいですね。

 

もう、おそろしいです、その人の声帯が。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、三浦春馬さんがどのようなトレーニングを重ねてハイの音が出せるようになってきたかや、ミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』出演も控える中で自身にとってミュージカルがどういうポジショニングなのか、ブロードウェイの舞台に立つことが具体的な目標になっているのかどうかなどについて伺ったアイデアニュース独自インタビューの全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■声帯の体力が必要不可欠と教えていただいて、徐々に出るハイの音が増えてきました

 

■日本人が出てくる設定の舞台。何で日本人ができないんだろうと疑問に思って

 

■少し上の先輩には、家族ともども移り住んでアクティング練習をしてという方もいます

 

■輝いている人たちに学びを求めたいから、今回のリハーサル、本番がとても楽しみ

 

 

<シンシア・エリヴォ ミュージカルコンサート featuring マシュー・モリソン&三浦春馬>
【東京公演】2020年1月16日(木)~1月17日(金) 東京国際フォーラム ホールA
公式サイト
https://www.umegei.com/cynthia/

 

<関連リンク>
三浦春馬アミューズオフィシャルサイト
https://artist.amuse.co.jp/artist/miura_haruma/
三浦春馬&STAFF INFO twitter
https://twitter.com/miuraharuma_jp

 

<ミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』>
【東京公演】2020年3月7日(土)~3月29日(日) 日生劇場
【富山公演】2020年4月4日(土)~4月5日(日) オーバード・ホール
【福岡公演】2020年4月10日(金)~4月12日(日) 北九州芸術劇場
【愛知公演】2020年4月17日(金)~4月19日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
【大阪公演】2020年4月23日(木)~4月30日(木) 梅田芸術劇場 メインホール
公式サイト
http://www.whistledownthewind.jp/

 

 

 

 

シンシア・エリヴォ ミュージカルコンサート 関連記事:

⇒すべて見る

 

三浦春馬 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※三浦春馬さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月14日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

三浦春馬さん=撮影・岩村美佳

三浦春馬さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. SACHI より:

    三浦春馬さんの記事が目当てで登録させていただきました!
    親子で三浦春馬さんのファンなので、母と一緒に楽しく記事を拝見しました。
    とても読みごたえがあり、登録して良かったです♪
    プレゼント企画もご用意いただきありがとうございます(^^)
    これからも楽しみにしています。

  2. sio より:

    三浦春馬さんの記事とても興味深い読み応えのある内容で有料ではありますが皆さんに読んで貰いたいと思いました
    春馬さんの海外での活動に向けての強い想いを感じました。日頃からの努力が必ず実を結ぶと信じて私も「その時」を待ちたいと思っています
    素敵な記事をありがとうございました

  3. ばかねこ より:

    他の記事ではあまり聞いたことのないお話が聞けて大変興味深かったです!ありがとうございました🙏🏻

  4. かほ より:

    ステキなインタビュー、ありがとうございます!
    春馬くんの30代が、とてもとても楽しみです。
    楽しく努力している姿がとても頼もしく、応援していて楽しいです。(ファン冥利に尽きます)
    これからも、春馬くんが願うことが1つでも多く叶いますように。
    そして可能な限り、私もその場に居合わせることができますように 笑
    これからも、背中を追っていきます!


最近の記事

■ 2020年1月掲載分
■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.