「無事に幕が開いた初日の第一声の感覚は忘れられない」、中川晃教インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「無事に幕が開いた初日の第一声の感覚は忘れられない」、中川晃教インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年9月27日

2020年9月27日(日)18:30から日テレプラスで2時間独占初放送される『中川晃教 Live Music Studio』で、ナビゲーターを務める中川晃教さんのソロインタビュー、後半をお届けします。『中川晃教 Live Music Studio』は8月に「Streaming+ver.」が先行配信されましたが、日テレプラスでは「Streaming+ver.」では配信されていない曲やトークもたくさん放送されます。第1回のゲストは加藤和樹さんです。中川晃教さんのソロインタビュー「下」では、加藤さんとふたりで歌った「I LOVE YOU」など『中川晃教 Live Music Studio』のお話の続きのほか、明治座と帝国劇場の老舗のふたつの劇場の再開を双肩に担いだことについて伺った内容を紹介します。

中川晃教さん=撮影・岩村美佳
中川晃教さん=撮影・岩村美佳

――加藤さんとセッションしたのは「旅人」「僕こそミュージック」「I LOVE YOU」でしたが、一緒にやってみていかがでした? 3曲とも楽曲としても違うし、構成も違ったじゃないですか。「僕こそミュージック」はシンプルにデュエット、「旅人」はピアノとギターでふたりの弾き語り、「I LOVE YOU」は加藤さんのギターとふたりの歌と園田さんのピアノでした。

「I LOVE YOU」は、聞いていて逆にどうでした? いきなりやり始めるみたいな。

――中川さんが1コーラス目でハモリを探しながら、2コーラス目で目指すところに当てていましたが、さすがに音を探しているところも聞き応えがあって、とてもライブ感があって良かったと思いました。

「その場でちょっとやってみよう」みたいな、結構楽しかったですね。テレビってどうしても「ちゃんと歌います!」みたいな気持ちになりますが、音楽は自然体のなかで生まれてくる音楽だって、誰かが言っていたんだよなぁ。それこそ和樹さんだったかな。和樹さんが韓国で発声を習いに行った時に、韓国のボイストレーナーの先生が、結構おじい様だったと言っていたけれど、椅子に座らせたり、他の生徒みんなに携帯をいじらせて歌ったりするぐらい、本当に自然体の状態で声を出す訓練をしたと言っていて、まさにそのことだなと思います。全曲が、レコーディングや本番録音、一発のライブみたいにやるのももちろん醍醐味ですが、番組的にも緩急はほしいなと思って、ああいう風にしました。で、やはり、男がふたりで「I LOVE YOU」を歌うって結構面白いなと思って(笑)。目の前に、どんな女性や愛する人を思い浮かべているんだろうって。

――それぞれにですね(笑)。

逆に、和樹さんの歌声が素敵で、目の前でギター弾いて歌ってくれているから、ちょっと好きになっちゃったの(笑)。「和樹さん、カッコいい、横顔……」みたいな、ちょっとホッとなる。おおう、って(笑)。

――誰に「I LOVE YOU」なんだ、みたいな(笑)。

なんなんだこの「I LOVE YOU」は、麻薬効果がある、みたいな不思議な感覚でした(笑)。

――ギターの弾き語りはずるいですよね(笑)。

弾き語りは、やばい(笑)。

――「旅人」は、加藤さんが、そんなに緊張しているんだ!ということが衝撃でした。

最初に収録したじゃないですか。それも相まってですね。自粛期間中に、彼の企画のYoutubeでもやってもらったんですが、結構あの曲は難しくて。あの曲は、収録日の前に、1回ふたりで練習したんですよ。緊張感は伝わってきていました。可愛かったね(笑)。

――はい(笑)。ああいう時、中川さんのお兄ちゃん感も出てくるんだな、加藤さんの弟感も出てくるんだなと。そういう“素”も、ちょっと出てくるじゃないですか。

良いところ見てましたね。伝わったよね、ちょっとね。

――加藤さん、わりといつも飄々としているのに(笑)。普段あまり見れない加藤さんの魅力が出たんじゃないかなという気がします。それは中川さんだからこそ、かもしれないですね。

ありがとうございます。ナイスです(笑)。

<取材協力>
ポーズ写真:スタイリスト・AKIRA
番組写真:ヘアメイク・井上京子、スタイリスト・KAZU(World Styling)

※アイデアニュース有料会員限定部分には、明治座と帝国劇場の老舗のふたつの劇場の再開を双肩に担いだことなどについて伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

■(明治座と帝劇の再開を双肩に担いで)無事に終えるように自分のすべて注ぎこもうと

■同じ劇場同士のすべてのスタッフの方々の気持ちが、見えない風となって客席に流れて行く

■エンターテインメントがままならない時、エンターテインメントの本質に気づくことができた

現実の厳しいなかでも決して失うことのない幸せな時間を、見つめて、やっていきたい

<日テレプラス『中川晃教 Live Music Studio』>
アーティストの自宅に招かれたような気分を味わえるスペシャルプライベートライブ。
放送:2020年9月27日(日)18:30~20:30
出演
ナビゲーター:中川晃教
ゲスト:加藤和樹
ピアノ・アレンジ:園田涼
https://www.nitteleplus.com/program/akinori/

<関連リンク>
『中川晃教 Live Music Studio』Twitter
https://twitter.com/LiveMusicStudi0
中川晃教オフィシャルサイト
http://www.akinori.info/
中川晃教オフィシャルTwitter
https://twitter.com/nakagawa1982aki

『中川晃教 Live Music Studio』 関連記事:

⇒すべて見る

中川晃教 関連記事:

⇒すべて見る


※この記事にはプレゼントはありませんが、2020年8月28日(金)に掲載した中川晃教さんと加藤和樹さんの対談記事に、おふたりのサイン入りチェキのプレゼントの申し込み欄がありますので、ご希望の方は、そちらの記事(https://ideanews.jp/archives/94619)からお申し込みください。応募締め切りは9月28日(月)です。(このプレゼントの募集は終了しました)

中川晃教さん(左)と加藤和樹さん(右)=撮影・岩村美佳
中川晃教さん(左)と加藤和樹さん(右)=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. アコ より:

    明治座、帝劇と劇場再開に向けての話は度々お聞きしましたが、全てが終わって振り返って総括するような気持ちを聞けたのは、インタビュアー岩村さんとの信頼関係だと思っています。
    劇場という場所は素晴らしい歌や作品を届けるためだけではなくて、そこに関わる全ての人の思いが詰まったところなんだと改めて肌で感じました。あっきーがそれを「風」と表現していますが、まさにそうだなぁと。これからもたくさんの風を届けて欲しいと思います。
    そしてそれは劇場だけではなく、映像としても違う形で受け取ることができると思います。受け取る側がそれぞれに心に風を吹き込み、新しい力と変えていく。それを発信してくれる素晴らしいおふたりのLMS、今夜のオンエアーが楽しみです!

  2. めいたま より:

    今日の番組がより一層楽しみになるインタビューでした。
    緊急事態宣言ですべての劇場が閉じている間も、いろいろな形で私たちに発信し続けててくれた中川晃教さんですが、解除されてからは明治座・帝国劇場を始めコンサートツアーで訪れたコンサートホールをも目覚めさせる役割を担ったことは、ファンとしてとても誇りに思います。やっぱり「並みの男じゃない」人でした。

    先陣を切ることは本当に大変だったと思います。そして、一度走り出したら止まらない。あまりのスタートダッシュに、あわあわしながら付いて行ってますが、この日々も幸せです。

    まだまだ劇場に足を運べない人もいる現状を考えて、こういう形で歌を届けてくれるあっきーをこれからもずっと応援し続けていきたい。そう強く思っています。

  3. はる より:

    明治座チェーザレコン、帝劇ジャージーボーイズコン、どちらも足を運ばせていただきました。歌声も内容も本当に素晴らしかった!!コロナ禍の中、ご自身の不安や社会の不安にきちんと向き合う姿勢が伝わって来て胸が熱くなりました。スタッフの方々の思いも伝わって来ました。劇場って最高です!
    この記事を読み、日テレプラス『中川晃教 Live music studio』が更に待ち遠しくなりました。中川さんの歌声、お人柄に触れるのも楽しみ!ゲストの加藤和樹さんとお二人での魅力も目が離せません!

  4. うさぎ より:

    明治座であの一音を聴いた瞬間、自粛期間中の暗い気持ちがふわっとしたあたたかなものに包まれて前向きになれたことを思い出します。中川さんの喜びが劇場中に溢れてみんなの嬉しさが劇場を満たしていました。何もかもなくなってしまったように思っていたけれど、中川さんも誰もが同じようにこのつらさを抱えていて。でも本当に大切なもの、何かを楽しんだり愛おしいと思う気持ちは自分の中に変わらずにあったんだということに気づけて前向きになれる本当に力をもらったコンサートでした。その時の中川さんの気持ちを知ることができるインタビューで嬉しかったです。
    自然体の中でうまれてくる音楽、中川さんがコンサートなどで歌ってくださる即興の曲がだいすきなので、そんなライブ感のあるこの番組のスタイルが本当に嬉しいです。

  5. taro より:

    インタビュー記事を読みながら、和樹さんとの関係性が微笑ましく思えました。また、2つの劇場の幕開けを配信で観ていましたので、思い出しながら胸が熱くなり泣きそうになりました。


最近の記事

■ 2020年10月掲載分
■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.