「他のペアとは稽古も別、あまり意識はしない」、田代万里生・新納慎也対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「他のペアとは稽古も別、あまり意識はしない」、田代万里生・新納慎也対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年4月5日

2021年4月1日(木)から5月2日(日)まで東京芸術劇場シアターウエストで上演されるミュージカル『スリル・ミー』(群馬・愛知・大阪公演あり)に出演する田代万里生さんと新納慎也さんのインタビュー、後半です。初演時と今の『スリル・ミー』を取り巻く状況の違いや、おふたりが最近出演されている大人数が出演するミュージカルと、俳優2人とピアニストの3人によるミュージカルの違い、キャストが三組いる『スリル・ミー』で他のペアを意識するのかなどについて伺いました。※このインタビューは『スリル・ミー』公演が開幕する前に実施したものです。

田代万里生さん(左)と新納慎也さん(右)=撮影・NORI
田代万里生さん(左)と新納慎也さん(右)=撮影・NORI

--この作品の魅力について、改めてどう思われますか?

新納:万里生は「いつかやる」と思っていたから、わりと、この作品を心の中にストックしていたけれど、僕はもう卒業と言われていたので、過去に葬り去っていて、心の中になかったんですよね。だから、本当に傍観者で、自分が初演の立ち上げに携わった作品が、どんどん立派に成長していって世間が騒ぎ出した。僕らがやっていたときは、そんな世間が騒ぎ出すことも想像できなかったですし。例えば、『スリル・ミー』と検索しても何も出てこない。

田代:当時はね。

新納:初演のときは、お客さんに観に来てもらうために内容をたくさん説明したりしなくてはいけなかったのに、今やお客さんが韓国までわざわざ観に行って劇評を書いていたりするので、そういうのを9年間徐々に見てきて、「作品が成長するというのは、こういうことなんだな」と、温かいご隠居の目で、素晴らしいなと思って見ていたんですが、やはり今回やってみて思うのは、それだけ蜜の味というか、なぜか引き込まれる中毒性のある作品だと思います。本当によくできた作品だなと。僕も、いろいろな作品をやっていますが、その中でもかなりの上位にあがります。少ない人数で、短い時間で、内容が濃いものをどんと届けられるというのは。コスパもいいですし。

--トリプルキャストで、1日3回公演上演できるのはすごいですよね。

新納:すごいですよ。しかも、今は立派なセットを組んでいますが、本当にやろうと思えばピアノと僕ら二人さえいればできる。今も、この椅子とテーブルさえあればできるので、お金がない学生とかもやればいいよね?

田代:リアル大学生でね。

新納:そういう作品は、すごくよくできていると思うんです。ものすごく心に残るというのも、お金をかければ、良いものはできるんですが、そうではないというところが、すごく優秀な作品だと思いました。

--田代さんは、いかがですか?

田代:『マリー・アントワネット』『エリザベート』などの大きなミュージカルだと、やはり役者としては作品のパーツになる感覚です。それぞれが、それぞれの仕事をして、それがまとめられていく感じなんですが、『スリル・ミー』は、僕と新納さんとピアニストの三人そのものが『スリル・ミー』という感じなので、作品の一部になるというよりは、作品そのものにならなくちゃいけないですし、そうじゃないと、この『スリル・ミー』にならない感覚があります。そういう意味では、自分がそのものになる感覚を、初めて体感した作品ですね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、キャストが三組いる『スリル・ミー』の稽古がどのような形で行われているかや、他のペアを意識するのかなどについて伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

■田代:栗山さんがペアによって言っていることが全然違う。だから、観るのが楽しみ

■新納:『スリル・ミー』は初演から稽古も別。アイデアを盗む盗まれるとかもない

■田代:皆さんが抱いてくださっている期待を大きく上回ったステージをお届けしたい

■新納:「満を持して」「伝説の」と言われてプレッシャーですが、新鮮な気持ちで

<ミュージカル『スリル・ミー』>
【東京公演】2021年4月1日(木)~5月2日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト
【群馬公演】2021年5月4日(火・祝)~5月5日(水・祝) 高崎芸術劇場 スタジオシアター
【愛知公演】2021年5月15日(土)~5月16日(日) ウインクあいち大ホール
【大阪公演】2021年5月19日(水)~5月23日(日) サンケイホールブリーゼ
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/thrillme2021/

<関連リンク>
田代万里生オフィシャルWEBサイト-Horipro
https://fc.horipro.jp/tashiromario/
田代万里生オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/mario-capriccio/
田代万里生ホリプロオフィシャルサイト
https://www.horipro.co.jp/tashiromario/
新納慎也 Official Web Site
http://www.shinya-niiro.jp/top/
新納慎也オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/shinya-niiro/
新納慎也Twitter
https://twitter.com/ShinyaNIRO

『スリル・ミー』 関連記事:

⇒すべて見る

田代万里生 関連記事:

⇒すべて見る

新納慎也 関連記事:

⇒すべて見る


※田代万里生さん・新納慎也さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月5日(水・祝)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

田代万里生さん(左)と新納慎也さん(右)=撮影・NORI
田代万里生さん(左)と新納慎也さん(右)=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. のの より:

    あと1週間あまりで東京千秋楽だったスリルミーは24日、突然の千秋楽になってしまいました。そして、突然高崎公演も残念ながらこのペアはキャスト変更になってしまいました。それでもファンは諦めずにずっと二人の公演を観る日を楽しみにしています。
    お二人のインタビューを読みながら、心待ちにしたいと思います。
    東京公演とても良かったので、より多くの人に二人のスリルミーを観て頂きたいです。

  2. カスミ より:

    私ももう観られることはないだろうと思っていたこの2人のペア、9年ぶりの今のインタビューを大変興味深く読ませていただきました。お二人の実際の9〜10年があっての今の再演への思いや、お二人ならではの作品への思い入れをじっくり読み知ることができました。劇場で観る時間がさらに特別なものになりそうです。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.