「直人に嘘はつけない」、『アリージャンス~忠誠~』濱田めぐみインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「直人に嘘はつけない」、『アリージャンス~忠誠~』濱田めぐみインタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年2月4日

2015年にブロードウェイで上演され、アジア系ミュージカルの革新的な作品のひとつとして高く評価されたミュージカル『アリージャンス~忠誠~』が、2021年3月12日(金)から3月28日(日)まで、東京国際フォーラムホールCで日本初演されます(名古屋・大阪公演あり)。真珠湾攻撃が勃発した第二次世界大戦下のアメリカで「日系人である」というだけで強制収容所に入れられた家族の実話を元にしたこの作品に主演する、濱田めぐみさんにインタビューしました。上、下に分けて掲載します。濱田さんは、『フランケンシュタイン』『王家の紋章』でも、姉役を演じていますが、『アリージャンス~忠誠~』も海宝直人さんが演じる弟・サミーの姉・ケイ役です。姉役が続くことについて、物語の背景への思いなどを伺いました。

濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳
濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳

――『フランケンシュタイン』『王家の紋章』『アリージャンス~忠誠~』と、弟を持つ姉役、しかもふたり姉弟が続きますね。どの役もそれぞれ違いますが、家族に対して想いが強い姉。特に今回は「家族」が作品のテーマになりますが、「姉」という役を演じる上で、何か考えたりされますか?

姉役多いですよね。姉というポジションが楽なのかもしれないです。私はひとりっ子なんですが、親戚がものすごく多くて、姉気質ではありました。ひとりっ子だから、想像の世界なんですが。

――年下のいとこが多かったんですか?

母が長女で、下に10人の弟妹がいるんです。その全員に子供がいますから、母方だけで40人以上いるかもしれない。正月なんて、ホールを貸切って200人くらい集まる感じなんです。父方も10人くらいいるから、親戚がすごい大人数で、お年玉なんて大変だから、知らないって(笑)。

――親族が集まることは多かったんですか?

基本的にはお盆とお正月ですね。いつもは3人の核家族でずっといるので、そのギャップがすごいです。両親ともに共働きでしたから、子供の頃は一人でいることも多かったですし。

――ひとりっ子で育つのと、きょうだいがいるのとではすごく違うだろうと想像するのですが、弟や家族にまっすぐな想いを持っている姉役はいかがですか?

『フランケンシュタイン』はどちらかと言うと、弟がちょっと人間離れというか、そばにいないと心配な少年時代でしたよね。だから、どちらかと言うと、母親の要素が大きくて、「この子がいるから自分がいる」という思いだったのかもしれません。『王家の紋章』に関しては、メンフィスのために生きているみたいなものでした。すごいですよね、あの方は。そういう時代だったにせよ、ラブですからね。

――そうですね(笑)。

※こちらはミュージカル『アリージャンス~忠誠~』公式ページに掲載されている「【♪もっと高く Higher】濱田めぐみ主演 ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』より劇中曲歌唱」動画です。

【♪もっと高く Higher】濱田めぐみ主演 ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』より劇中曲歌唱

※アイデアニュース有料会員限定部分には、距離を持ちつつ集団と関わるということに慣れていた濱田さんにとって『メリー・ポピンズ』はドンピシャだったことや、今回の『アリージャンス』でケイの弟役を演じる海宝直人さんについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。2月5日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、アメリカ人から見た日本人の家族を描いたこの作品を日本で創る難しさや、作品の中で濱田さんが歌われる楽曲についてのほか、2020年を経てこの作品を上演する意味などについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■『メリー・ポピンズ』は、べたべたしすぎない、離れすぎない距離感がドンピシャ

『アリージャンス』で弟役の(海宝)直人は、小学校4年生から知っています

■ケイの中では「この子は、お母さんを知らないんだ」という思いが強くて

■弟にある意味依存していて、それがぷつんと切られた瞬間に「あれ?」と

<ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』>
【東京公演】2021年3月12日(金)~3月28日(日) 東京国際フォーラム ホールC
【名古屋公演】2021年4月17日(土)~4月18日(日) 愛知県芸術劇場大ホール
【大阪公演】2021年4月23日(金)~4月25日(日) 梅田芸術劇場メインホール
公式ホームページ 
https://horipro-stage.jp/stage/allegiance2021/

<関連リンク>
濱田めぐみ オフィシャルファンクラブ gratia-Horipro
http://fc.horipro.jp/hamadamegumi/
濱田めぐみ ホリプロオフシャルサイト
https://www.horipro.co.jp/hamadamegumi/
濱田めぐみ Twitter
https://twitter.com/megumihamada

『アリージャンス~忠誠~』 関連記事:

⇒すべて見る

濱田めぐみ 関連記事:

⇒すべて見る

海宝直人 関連記事:

⇒すべて見る

『フランケンシュタイン』 関連記事:

⇒すべて見る

『王家の紋章』 関連記事:

⇒すべて見る

『メリー・ポピンズ』 関連記事:

⇒すべて見る


※濱田めぐみさんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月4日(木)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳
濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2021年5月掲載分
■ 2021年4月掲載分
■ 2021年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.