「太宰治と芥川龍之介みたいと(笑)」、『スリル・ミー』成河・福士誠治対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「太宰治と芥川龍之介みたいと(笑)」、『スリル・ミー』成河・福士誠治対談(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年3月31日

日本初演から10年を迎えるミュージカル『スリル・ミー』が、2021年4月1日(木)から5月2日(日)まで、東京芸術劇場シアターウエストで上演されます(群馬・愛知・大阪公演あり)。二人の役者と一台のピアノのみで繰り広げられる、息をもつかせぬ究極の100分。初演から熱狂的なファンも多い作品が、今回は三組で上演されます。アイデアニュースでは三組それぞれにインタビューし、2月に掲載した松岡広大さん(私)と山崎大輝さん(彼)のインタビューに続いて、2018年公演から引き続きの出演となる成河さん(私)と福士誠治さん(彼)に、稽古が進む3月半ばお話を伺った内容を紹介します。2018年の出演時と今の感触の違い、この作品を英語や韓国語で演じるのと日本語で演じることの違い、「盛り上がり」という目に見えないもの正体をどう考えるかなどについてのお話が出たインタビューを、上下に分けて2日連続で掲載します。

成河さん(左)と福士誠治さん(右)=撮影・NORI
成河さん(左)と福士誠治さん(右)=撮影・NORI

ーー稽古をされてみて、まずどんなことを感じていますか?

福士:あらためて『スリル・ミー』の面白さを感じています。この作品に再び自分が入る上で、新しい発見も自然と出てきていますので。僕は再演をやったことがなかったので、面白い奥深い作品だと感じているところです。ソンちゃん(成河さん)との芝居も久しぶりで、やはり楽しい。もちろん、稽古はもう少しやりたいなと思いながらも、ワクワクしている部分もあります。同じくらい不安もありますが(笑)。

成河:(笑)。感じることも、考えていることも、前回からずいぶん変わってきているので、自然と変わりますね。演出の栗山(民也)さんが僕らに与えてくださる言葉も、少しずつ変わってきていますし。「前回はそんなことはなかったけれど、今回はこんな感じなんだ」と感じていますが、多分、自分たちが変わってきているから、それを引き出そうとしてくださっていると思うんです。そういう面白さをあらためて感じていますね。二人芝居という形なので、純粋な変化が出やすいんでしょうね。装飾物が少ないので、人間の心持ちや生き方、あり方がポンと出てしまう。それが面白くもあり、怖いところです。

ーー栗山さんから、何か記憶に残る言葉などはありましたか?

成河:あるけど、言ってしまうと何かね。昨日、面白かったね。言っちゃう?

福士:ああ、小説家の?

成河:すっごい面白かった。あ〜!って思いましたね。ある種、「私と彼」のそういう性質でもあると思いますが、「太宰治と芥川龍之介」と言われて(笑)。

ーーそうなんですか! どちらが、どちらですか?

成河:どっちだと思います?

ーーうーん……成河さんが太宰治?

成河:そうですね。僕らの「私と彼」の関係が、「太宰治と芥川龍之介」みたいと(笑)。冗談半分ですよ? ちょっと笑いながら、「そんな感じがするな」と言っていました。すごく真剣に書かれたら、栗山さんも嫌だろうから(笑)。

福士:ある種だよね。お互いの世界観を持っている二人、という意味合いを込めて。作風が違う二人、みたいなこともあるのかな。でも、ソンちゃんは「うえーい!」みたいになっていたよね?

成河:例えば、太宰の質感みたいなものを。作品とのテーマ性とかリンクは、全然関係ないんですが(笑)。雑談の中で、例えば、太宰的な手触りだったり、芥川的な手触りみたいなものを、栗山さんの言葉から感じました。栗山さんも、そういう風な言葉を使われる人なので、すごく面白いなと思いました。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、2018年の出演時と今の感触の違いや、この作品を英語や韓国語で演じるのと日本語で演じることの違いなどについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。3月31日(水)掲載予定のインタビュー「下」では、「盛り上がり」という目に見えないもの正体などについて「今日、お時間あります? だって、楽しいじゃん!」と、お話が止まらなくなったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■福士:「演劇は永遠に成長する」と聞いていましたが、「終わってなかった」と体感

■成河:曖昧な表現が日本語は多いので、錯覚も同調も依存もする。そこがゾクゾクする

■福士:「それが欲しいんだろ」ってすごい。「それ」を説明していないのに頷かせる

■成河:曖昧な方向に突き抜けている。そこが私と彼のミステリアスな部分を表現している

<ミュージカル『スリル・ミー』>
【東京公演】2021年4月1日(木)~5月2日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト
【群馬公演】2021年5月4日(火)~5月5日(水) 高崎芸術劇場 スタジオシアター
【愛知公演】2021年5月15日(土)~5月16日(日) ウインクあいち大ホール
【大阪公演】2021年5月19日(水)~5月23日(日) サンケイホールブリーゼ
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/thrillme2021/

<関連リンク>
成河 ブログ
http://web-dorama.jugem.jp
成河 スタッフ オフィシャル Twitter
https://twitter.com/tw_de_songha_sc
福士誠治 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/seiji-fukushi/
福士誠治 Instagram
https://www.instagram.com/seiji_fukushi/

『スリル・ミー』 関連記事:

⇒すべて見る

成河 関連記事:

⇒すべて見る

福士誠治 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人間風車 2017年版 [DVD]
価格:5356円(税込、送料別) (2021/3/23時点)


※成河さんと福士誠治さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月30日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

成河さん(左)と福士誠治さん(右)=撮影・NORI
成河さん(左)と福士誠治さん(右)=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. おれんじ より:

    このお二人は毎公演違うものを見せられている感じがしました。常に観るものの上を遥かに超えてくる。そんなワクワク感とドキドキ感がたまりません

  2. ささっぱー より:

    再演というより間が長めに開いた「続き」の様な「スリル・ミー 2021」また観られることができて嬉しいです。お二人がおっしゃる様に日本語は曖昧で、結局「彼」はなぜ「私」に…?などと思う事もありますが、そう言う「観客の想像力」を信用しているあの演出は大好きです。(演じる皆さまは大変だと思いますが。)
    では、今回の「森」楽しみにしております。

  3. knk より:

    このペアのスリルミーがもう一度観たかったので本当にたのしみです。日本語の曖昧さの話大変面白かったです。

  4. erieri より:

    今まで読んだインタビューの中で一番深くておもしろいです。
    お二人の進化を目撃できるのが楽しみです!

  5. ばたこ より:

    とても濃く、読みごたえのある、面白いインタビュー記事でした。このお二人のスリルミーがまた観られるなんて、まだ信じられない気持ちでいます。今回のインタビューを読み、ますます楽しみになってきました。素敵な記事をありがとうございました!

  6. anju より:

    スリルミー、前回は1回しか観れなくて、そのあと熱病に侵されたようになりました。
    いろんな人の書いたブログやレポを、漁るように読みました。
    今回、また観られるのを、とても楽しみにしています。

  7. さび より:

    2018スリルミーで今までにないくらい衝撃を受けたモンスターペアなので、再演に向けたお二人の心構えや意気込みがたっぷり聞けてありがたいです。作品も掘れば掘るほど面白いので、是非多くの方に触れて欲しいです。

  8. もんろ より:

    初めてスリルミーを見るので、すごくワクワクしています!

  9. ひろ より:

    2018年の舞台で圧倒されたこのお二人が戻ってこられるのが嬉しいです。


最近の記事

■ 2021年4月掲載分
■ 2021年3月掲載分
■ 2021年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.