「青春もの。リミッターがない感じで」、『17 AGAIN』有澤樟太郎インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「青春もの。リミッターがない感じで」、『17 AGAIN』有澤樟太郎インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年2月20日

ミュージカル『17 AGAIN』が、2021年5月16日(日)から6月6日(日)まで、東京建物 Brillia HALLにて、その後、兵庫、鳥栖、広島、名古屋で上演されます。「セブンティーン・アゲイン」(原題:17 AGAIN)は、アメリカで製作されたコメディ映画で、「ハイスクール・ミュージカル」シリーズのザック・エフロンが主演し、全米では2009年4月17日に公開され全米初登場1位を記録しました。(日本では同年5月16日公開)その後、映画会社主導によりミュージカル化されました。負け組として、人生を甘んじて受け入れていた35歳の男が、バスケットボールのスター選手だった17歳の頃の姿に戻り、もう一度人生をやり直そうと奮起する姿を描いたコメディー・ドラマです。

出演は、今回が初舞台となる竹内涼真さんをはじめ、ソニンさん、エハラマサヒロさん、桜井日奈子さん、福澤希空(WATWING)さん、有澤樟太郎さん、水夏希さんなど、様々なバックグランドを持つ実力派キャストが集結しました。翻訳・演出を手掛けるのは谷賢一さん。エネルギッシュなポップ・ロック曲に乗せたエンターテイメント作品です。アイデアニュースでは、いじめっ子のスタン役を演じる有澤樟太郎さんに、2020年11月末に行われた製作発表後にインタビューしました。2020年春に有澤さんがベルナルド役で出演予定だったものの開幕直前に上演中止になった『ウエスト・サイド・ストーリー』Season3についてのお話も伺いました。上、下に分けてお届けします。

有澤樟太郎さん=撮影・岩村美佳
有澤樟太郎さん=撮影・岩村美佳

ーー『17 AGAIN』への出演が決まったときは、どんな印象でしたか?

どうして僕をキャスティングしていただいたのか驚きもありましたが、素直に嬉しかったですし、確実に盛り上がる作品になるなと思うのと同時に、頑張らないといけないという責任も感じました。

ーーこの映画は観たことがありましたか?

公開当時は観たことがありませんでしたが、ザック・エフロンが主演のミュージカル映画だと、タイトルは知っていました。僕はザック・エフロンが好きでしたし、ザック・エフロンが主演した『ハイスクール・ミュージカル』を文化祭でやったりする世代でしたから。スタン役をやるんだと、知った上で映画を観ましたが、改めて出演したいなと思いました。スタンは、結構自分と遠い存在だからこそ、その人物に対してリスペクトもあるので、演じる上ではすごく楽しい役だろうなと思っています。

ーー『ウエスト・サイド・ストーリー』Season3のベルナルド、『17 AGAIN』のスタンと、敵役が続いてキャスティングされているというのは、ご自身でどう思っていますか?

結構、そちら側を演じることが多いんですよ。親友などの仲間内よりも、敵役が多く、割と楽しさを感じていますね。最初は自分とかけ離れているから割り切って演じていたんですが、最近はその役に対して、自分と共通している部分があるなと思うこともあります。

ーーこの人なりに考えているから、こういう行動になるみたいな。

だから、役作りをするときは、すごく楽しいですね。ベルナルドやスタンという敵役は、本当に演じがいのある、役作りのしがいがあるキャラクターだと思います。

ーーちなみに、ご自身とかけ離れた役を演じるときに、どこからアプローチするんですか?

まずは絶対的に殻をやぶらないといけないので、そういうリミッターみたいなものを解除していく。そこさえ、乗り越えられれば、あとはなんでもできちゃいます。なので、読み合わせから緊張しますね。まずは、リミッターを自分で外して、やっていくことからですね。あとは、こういう役に対して、どれだけ自分が偏見を入れられるか。例えば、不良だったら不良に対する自分の偏見を、どれだけ役に入れられるか。今でこそ演じてはいますが、僕は不良とかが苦手だったので。

ーーそうなんですか?

何に対しても反抗することが「カッコ悪いじゃん!」って思っていたんです。でも最近は、いろいろあるよなと思うようになりました。理由がちゃんとあるんですよね。そうならざるをえなかった人たちもいますし、もちろん影響されやすい人が悪い人の影響を受けて、そうなってしまうケースもありますが、男がかっこいいと思うものは、みんなそれぞれだと思うんです。でも不良がかっこいいと思うものが、かっこいいなと思うようになってきちゃって(笑)。

ーー(笑)。感化されてきたんですか。

いろいろなことに対して詳しかったりするんですよね。ヒップホップの文化だったり、ストリートの文化だったり。だから、人生を楽しんでいるんだろうなと思って。逆に、僕の学生時代は平凡な日常を、平凡なりに謳歌していたんですが、その人達なりの狭いコミュニティではありますが、その中で好きなものを極めているイメージがあって、今は羨ましいですね。何も趣味がないよりも。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、スタン役についての話の続きのほか、共演者に会っての印象などについて伺ったほか、『ウエスト・サイド・ストーリー』Season3の稽古で感じたことや、ミュージカル『刀剣乱舞』などについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。2月19日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、初めてミュージカルを観た時のことや、ミュージカル独特の役作りについてのほか、2020年を振り返っての今の想いなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■『17 AGAIN』のスタンは、芯があるのか、ないのか。逆にすごいなと思います

■(共演者は)明るく、その上でストイックな方ばかりで、メリハリがしっかりしそう

■自分から仕掛けて、頭をフル回転させて稽古した『ウエスト・サイド・ストーリー』

■経験を経て、ミュージカル『刀剣乱舞』でも役はもっと深まるなと思いました

<ミュージカル『17 AGAIN』>
【東京公演】2021年5月16日(日)~6月6日(日) 東京建物Brillia HALL
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/17again2021/

<関連リンク>
有澤樟太郎オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/arisawa-shotaro/
有澤樟太郎 OFFICIAL SITE
https://s-arisawa.com
有澤樟太郎ーキャストコーポレーション&オフィスメイ
http://www.cast-may.com/contents/cast_46.php
有澤樟太郎Twitter
https://twitter.com/shotaro_arsw

『17 AGAIN』 関連記事:

⇒すべて見る

有澤樟太郎 関連記事:

⇒すべて見る

ソニン 関連記事:

⇒すべて見る

水夏希 関連記事:

⇒すべて見る

『ウエスト・サイド・ストーリー』 関連記事:

⇒すべて見る

『刀剣乱舞』 関連記事:

⇒すべて見る


※有澤樟太郎さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月20日(土・祝)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

有澤樟太郎さん=撮影・岩村美佳
有澤樟太郎さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. きりひみ より:

    『17 AGAIN』記事を取り上げていただきありがとうございます!
    この舞台は有澤樟太郎さんが出演されるということで知りましたが、とても興味をそそられる内容に発表された時から楽しみにしておりました。17歳に戻れるならやり直したい人生に共感しかありません!!
    自分も17AGAIN出来ないかな?と考えてしまってます(笑)。

    有澤さんがキャスティングしていただいた、とインタビューにありましたがオーディションではなくオファーだったのでしょうか?WSS3は公演中止になってしまい大変残念ではありましたが、そこで得た数々の経験が17AGAINでも確実に実力に繋がっていることと思います。
    敵役が多いのは納得してしまいましたが、普段のイベントやラジオでのお姿とのギャップがまた素敵で舞台上での有澤さんにいつも惹き込まれてしまいます。
    ビジュアル撮影の貴重な裏話もありがとうございます。撮影時に有澤さんがどんな風に考えながらポーズなどを決めていらっしゃるんだろうと気になっていたので知ることができて嬉しいです。
    WSS3の貴重なお話もソニンさんや他共演者さんからのお言葉を聞いて幻となってしまったベルナルドをいつかまた未来に有澤さんが演じていらっしゃるのを是非観劇したいと思います。その時がいつか訪れますように。
    また是非有澤さんの記事を特集してくださったらとても嬉しいです!
    17AGAINの開幕をこの記事を何度でも何度でも読みながら待ちわびております。

  2. うた より:

    有澤さんにとって「WSS」の稽古で得たものが本当に大きいものだったんだなと、このインタビューや他の作品を観劇した際に強く感じました。
    「17again」で演じるスタンへも、どの様にアプローチしていくのか今からとても楽しみになるインタビュー内容でした。
    後半の記事も楽しみにしています!

  3. K* より:

    昨春に上演出来なかった「WSS」悔し涙を流したその時の想いと経験した事は、次の作品の中にもしっかり活きていらっしゃるのではと、私もその後の舞台を観させて頂いて実感してきました。
    今春に上演される、17 AGAIN では、スタンを世界初演で演じられますが、その役作りにも注目しています。
    役の中に共通する自分を見出すことが出来れば、またその役の深みも増す気がします。
    有澤さんのスタンが今から楽しみになる記事でした。
    個人的に嬉しかったのは、2度目の共演になるソニンさんとのエピソードでした。
    また後半のインタビュー記事も楽しみにしています。

  4. しち より:

    『WSS』1、2と回転劇場での迫力と演出に感動し、3のキャスト発表にワクワク🎵大好きなベルナルド役の有澤樟太郎さんってどんな役者なんだろう?と初めて2.5舞台『刀剣乱舞』の映像を観て、熱く切なく役を生きる姿に『格好良すぎだろ‼️』と。
    気になりすぎて他の作品やバラエティを検索するうちに、予想外に素直でかわいくて(失礼)やんちゃで、刀剣の第一印象をことごとく裏切るさまざまな表情に出会いました。
    これは絶対、生で観るべき方だと楽しみにしていたので、『WSS3』の中止は物凄く残念ではありますが、これからの活躍をとても期待しています。まずは『17again』
    後半の記事もとても楽しみにしています🎵

  5. y より:

    17againがより楽しみになりました🎶

  6. チョビ より:

    17AGAINはドラマや映画で活躍されている竹内涼真さん、ミュージカル中心のソニンさん、宝塚出身の水夏希さん、芸人のエハラマサヒロさん、ストレートプレイ中心の俳優さんや、2.5次元で活躍されている有澤さん、様々なジャンルの方をキャスティングしている所がすごく面白いと思っています。
    今回の有澤さんのインタビューを読んで更に楽しみになりました。
    後半のインタビューも楽しみにしています!


最近の記事

■ 2021年5月掲載分
■ 2021年4月掲載分
■ 2021年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.