「これからもミュージカルをやっていきます」『ピピン』、森崎ウィン(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「これからもミュージカルをやっていきます」『ピピン』、森崎ウィン(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年7月31日

2022年8月30日(火)から9月19日(月・祝)まで東急シアターオーブで、9月23日(金・祝)から9月27日(火)まで大阪・オリックス劇場で上演される、ミュージカル『ピピン』で、主演のピピン役を務める森崎ウィンさんのインタビュー後編です。「下」の無料部分では、『ピピン』の楽曲のこと、ミュージカル出演を経験して歌手活動の中で変わったこと、リーディングプレイヤーという存在について思うことや、お客さまへのメッセージについて伺った合同インタビューの内容を紹介します。有料部分では、『ジェイミー』を経て更にミュージカルが好きになったというお話や、ミュージカルならではの「計算通りに行かない」面白さのことなどについて伺った独自インタビューの内容を紹介します。

森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳
森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳

――『ピピン』の楽曲を聴いていかがですか?

最高です。初演が72年ということは、製作されたのはきっと、60年代後半ですよね。僕は60年代の楽曲がすごく好きなんです。現代の歌をやっている森崎ウィンとしては自由に解釈できますが、ピピンという役を背負った時に、その解釈の幅がどうなっていくのかと。

現時点では日本語で歌うこともあり、いい意味で「ここはもうちょっと崩したい」とか、「ウィンが歌うならこうなるよね」というのはありますが、古いと感じさせない楽曲の素晴らしさがあると思います。この時代の曲だと、結構クラシカルなイメージがあると思うんです。初めて出演したミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』はさらにもう少し前なので、そこからは20年後くらいに作られた作品ですが、結構ポップス寄りだなという印象で、歌うのが純粋に楽しみです。

――昨年の舞台「SHOWTIME」では、城田さんと一緒に『ピピン』の楽曲「コーナー・オブ・ザ・スカイ」を歌う場面がありました。実際に歌ってみて、いかがでしたか?

気持ちよかったです。難しいですが、すごく美しい曲なんです。オケのアレンジも素晴らしく、本当にいい曲だなと思いました。ただ、前後に芝居をつけた時に、どこまでクオリティをキープして表現できるかは、自分との勝負ですので、頑張るしかないです。

――映像や音楽など、さまざまな分野で活動されていますが、ミュージカル作品に臨むにあたって、特に準備されていることはありますか?

「ミュージカルだから」「映像だから」と、僕の中では分けていることはないので、ひとつの作品に入るということは変わりません。もちろんミュージカルとなると、歌わなければいけないので、喉のケアをちょっとするなどは出てきますが、それくらいかもしれません。やはり今回も、その作品に必要なものをちゃんと準備していくだけです。

映像でもミュージカルでも、もちろん前回やったものでも、できたこと、できなかったことがたくさんあります。正直なところ、作品に出会うたびに自分の無力さだったり、自分の足りないところが見えるので、たまに自分が嫌になることもあります。

――『ピピン』は、自分のこととして、青年の生き様を考えさせる全体的な構成が、ちょっと特殊なのかなと思いますが、この作品の構成について感じていることはありますか?

「見たことがないような展開」という気がしています。もちろん世の中にはいろんな作品があり、すごく分かりやすいものもあれば、芸術寄りで、その台詞の裏側をずっと考えさせられるような作品もあったりします。

『ピピン』の場合は、なぜそこにライトが当たっているんだろうとすごく考えさせられたり、急にお客さんに話しかけたり、はたまたサーカス団みたいなものが登場するし、マジックが始まった……と思いきや急に戦争に行ってお父さんを殺しちゃうし、「ええーっ!?」みたいな展開になります。

ひとつひとつに対して「背景には、こういうメッセージがあるのかな」と考えているうちにもう次に行っていたりもします。この展開の早さと運びには、すごくいろんな計算が盛り込まれているような脚本だと感じます。

――演じる側も、大変そうですね。

相当大変だと思います。でも、だからこそやりがいがあるなとも感じます。

――歌手活動もされていますが、これまでに出演されたミュージカルや舞台を振り返って、その経験が活きたと感じられたことがあれば教えてください。

舞台での立ち方など、たくさんあります。舞台は総合芸術で、セットや照明や、生の音楽でみんなが同時に進行していきます。その日にしか見られない「間」だったりが出てくるので、ひとりで進んでいくのではなく、みんなが全体で感じながら行かなければいけなくて、すごく高度な技を皆さんがされているんです。ベテランの方を見ると、やっぱり「見せ方が上手いなぁ~!」と感じます。

ミュージカルを経て、ステージでの立ち方や照明との絡み方などは、自分のライブの時にも若干変わってきています。ちょっとずつですが勉強になっていると思います。

――お客さん目線にもなって、ライブパフォーマンスにも活きてきているんですね。

そうですね。「カチっ」とはまる瞬間といいますか、ライトが点くタイミングが、ひとつずれたりすると、そのテンポ感が影響してきます。そういう感覚が、ミュージカルを経て身に付いてきたんじゃないかなと思っています。

――いずれ、ご自身がそういうものをまとめる側に回ってみたいという思いはありますか?

舞台の演出はあまり考えていませんが、映像を作ってみたいとは思っています。

――作品についての話になりますが、ピピンは、リーディングプレイヤーをどんな存在だと思っているのでしょうか?

ピピンとして実際に立って、後ろを振り向いて感じてみないと分からないですが、リーディングプレイヤーは未来から来たピピンなのかなとか思う瞬間もあります。もしも昔の自分に会ったとしたら、「こうしたらこうなるよ」とは敢えて言わずに泳がしてみたいなと思うんです。あるいは、自分の影のような存在だったり、はたまた自分の優しい先輩だったり、親だったり。実際に稽古場に立ってみると、どう感じるんでしょうね。早く経験したいと思います。

――クリスタル・ケイさんとの共演は、はじめてですか?

バラエティ番組では1回ありますが、それ以外では今回が初めてです。初演を観に行った時、彼女の歌がヤバすぎて「うぉい~! ライブかい!」というくらいに贅沢だなと感じました。しかも、本当に役にぴったりなんですよね。それを今回、自分がピピンとして受け入れられると思うと、すごく楽しみです。

――初演をご覧になっている方もご覧になっていない方も、いらっしゃると思います。両方のお客様に向けてメッセージをお願い致します。

まず『ピピン』を知らない方に。僕は、観た時にこのエンタメが、ここ日本でやっていることに衝撃を受けました。本当にすごい作品です。僕が出るからではなくて、作品が好きないちファンとして感動をもらいました。観終わって劇場を出た時、興奮がやまなくて、知り合いに電話して「『ピピン』という作品を観て!」と誰かに話したくなるような作品だと思いますので、『ピピン』を知らない方、そしてミュージカルを観たことがない方、苦手だなと思う方も、ぜひ『ピピン』でデビュー戦を迎えていただけたらなと思います。

そして前回の『ピピン』を知っている方に。もう1回あの感動が味わえるので、これは来なきゃ損だということも含めて、2代目ピピンとして一生懸命演じさせていただきます。もちろんいろんな感想があると思いますが、どうぞ気兼ねなく言ってください。全然大丈夫です。僕がやると決まったからには、一生懸命やります。それだけです。何だか、挑戦状みたいであんまりよくないかな……。

――今作に臨むにあたって、森崎ウィンとしてどういう舞台にしたいか、ご自身の経歴の中でどういう舞台にしていきたいかなどの、抱負をお願いします。

すごく高い目標かもしれませんが、「この人は本当にミュージカルがちゃんとできるんだ!」という位置に行けたらいいなと思います。あとは、僕が純粋に『ピピン』という作品が好きなので、この作品を皆さんに届けられるその一員として加われている喜びを噛みしめながら、最後まで頑張っていきたいです。

僕にはできないことも多いですが、本当に素敵なキャストの皆さんと一緒に作るものなので、うまく言えませんが、先輩方から勉強になるところは勉強し、自分のベストを尽くします。『ピピン』は初のシングル主演で、自分の中でも大きく左右される作品になるのではないかなと思っていますので賭けています。いろんなことを考えれば考えるほどプレッシャーがかかっていますが、純粋に楽しんでやりたいなと思っています。


<クレジット>
ヘアメイク KEIKO
スタイリスト 森田晃嘉

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『ジェイミー』を経て更にミュージカルが好きになったというお話や、ミュージカルならではの「計算通りになどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■『ジェイミー』でミュージカルが更に好きに。みんなで作っていくことが楽しい

■ミュージカルでは、芝居が付くと、自分の中で計算していたキーが変わることがある

■ライブだと、自分の楽曲が届きやすくなるように仕込んだことが計算通りにできる

■「出ちゃった」というのは逆にその日にしか聞けなかった音、という面白味でもある

<ミュージカル『ピピン』>
【東京公演】2022年8月30日(火)〜 9月19日(月・祝) 東急シアターオーブ
【大阪公演】2022年9月23日(金・祝)〜 9月27日(火) オリックス劇場
公式サイト
https://www.pippin2022.jp

『ピピン』 関連記事:

⇒すべて見る

森崎ウィン 関連記事:

⇒すべて見る

※森崎ウィンさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月30日(火)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳
森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. りこ より:

    森崎ウィンさんの、俳優としての素直さ真摯さ柔軟な姿勢、作品に対する誠実さ、朗らかな印象ながら深慮のある表現者であることがうかがえる素敵なインタビューでした。『ピピン』、心から楽しみにしています。

  2. YURI より:

    上下記事とも読みました!ウィンくんの素直な気持ちが表現されていてウィンくんらしいなぁと思いました。 優くんのあとを継ぐことは相当なプレッシャーであるけれど ウィンくんらしいピピン王子を期待しています!ジェイミーの話も聞くことができてとても嬉しかったです!

  3. るん より:

    上下の記事とも拝読させて頂きました。ピピンを演じることや、カンパニーの皆さんへの思いなどウィンさんの気持ちがダイレクトに伝わってくる記事で、こちらも気合を入れて観に行きたいと思いました!
    また、昨年わくわくしながら記事を読ませて頂いたジェイミー、わたしにとっても特別な作品なので演じられた後の思いもお聞きできてとても嬉しかったです。
    ピピンを演じて、また何を感じられるのかお聞きできたら嬉しいです。

最近の記事

■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.