「笑いとは…」、『Jazzyなさくらは裏切りのハーモニー』紅ゆずるインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「笑いとは…」、『Jazzyなさくらは裏切りのハーモニー』紅ゆずるインタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年4月19日

新橋演舞場シリース第7弾、「熱海五郎一座」東京喜劇『Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー 〜日米爆笑保障条約〜』が、2021年5月30日(日)から6月27日(日)まで、新橋演舞場で上演されます。2020年に上演予定でしたが中止になり、あらためての上演となります。はじめてゲスト出演する紅ゆずるさんにインタビューしました。上、下に分けてお届けします。インタビュー上では、「熱海五郎一座」東京喜劇と、宝塚で演じたコメディ『ANOTHER WORLD』との違いや、宝塚で「笑い」に目覚めた新人公演の『スカーレット・ピンパーネル』などについて話してくださった内容を紹介します。

紅ゆずるさん=撮影・岩村美佳
紅ゆずるさん=撮影・岩村美佳

――熱海五郎一座へのお話が来た時はどんな印象でしたか?

本当に光栄だなと思いました。拝見したことはなかったのですが、もちろん知っていました。宝塚在団中は、小池(修一郎)先生の作品や、東宝や梅芸(梅田芸術劇場)作品などで、あまり外部の舞台を観ていなかったんです。たまに劇団☆新感線を観たことがあるくらいでした。だから、本当によくわかっていなかったんです。

――内容がわかってきて、何か気持ちは変わりましたか?

コメディはそんな甘いものではないとわかっていましたが、台本を読んでみて、練って練って練り込んで、作り上げたお芝居であることがわかりました。台本だけでこんなにクオリティが高く仕上がっていて、しかも、三宅(裕司)さんが、さらに加筆したと仰っていました。「やりながらまた練っていきましょう、もしウケなかった台詞は変えましょう」という感じなので、すごくストイックだなと思いました。

――公演が始まっても受けなかったら変える?

そうですね。笑いに対してどこまでも貪欲な、お客様を楽しませるためなら自分たちの苦労は厭わない、そのためにはどうあるべきか。そういうプロフェッショナル集団だと感じ、すごいなと思いました。

――宝塚出身の方がたくさんいらっしゃるなかで、紅さんといえばやはり“笑い”のイメージが強いですが、これまでにやってきた笑いの部分と、今回熱海五郎一座で三宅さんが作り上げる笑いでは、印象が違いますか?

印象というよりは……覚悟が違う気がします。宝塚で演じた『ANOTHER WORLD』は「宝塚」の落語ミュージカルで、コメディなんですよね。私はコメディが好きですし、作・演出の谷(正純)先生が40数年練りに練っていらっしゃったものを私たちが具現化できたことにより、お客様も本当に喜んでくださったと思っています。

しかし、熱海五郎一座のレギュラーの方々は、笑いを突き詰めてこられた超プロフェッショナルで大ベテランの方々です。宝塚ではコメディばかりをやっていたわけではありませんし、要求されるものも、違うことも多いと思います。そして、お客様に笑って頂くだけでなく、その笑いの中の感動こそがメインなのだと感じました。

<取材協力>
ヘアメイク:hanjee(SINGO)
スタイリング:森本美砂子
衣装:ZADIG&VOLTAIRE

※アイデアニュース有料会員限定部分には、この作品に出演し構成と演出を担当する三宅裕司紅さんについて、宝塚で「笑い」に目覚めたという新人公演の『スカーレット・ピンパーネル』などについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。4月20日(火)掲載予定のインタビュー「下」では、今回の作品で「宝塚色」をどう扱っていくのか、大日本帝国海軍の女性中佐という役どころについて、宝塚時代と今の日々の違いなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■三宅裕司さんは「全然ウケなかったら自分の責任」と。座長に残念な思いはさせたくない

■新人公演の『スカーレット・ピンパーネル』でガーッと笑いが起こった時「快感!」と

■お客様の笑い声で台詞が聞こえないから、ひと間(ま)待とうと、指示があったぐらい

■毎年上演される熱海五郎一座の笑いのハードルは、年々上がっていると思います

<「東京喜劇」熱海五郎一座『Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー 〜日米爆笑保障条約〜』>
【東京公演】2021年5月30日(日)〜6月27日(日)新橋演舞場
公式サイト
https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/2021_atamigoro/

<関連リンク>
紅ゆずる プロフィール 松竹エンタテインメント
https://www.shochiku-enta.co.jp/actress/kurenai
紅ゆずる オフィシャルファンクラブ『紅カントリー』
https://fan.pia.jp/yuzuru.kurenai-fc
紅ゆずる インスタグラム
https://www.instagram.com/kurenaiyuzuru_official/
松竹エンタテインメント instagram
https://www.instagram.com/shochiku_enta_official/
松竹エンタテインメント Twitter
https://twitter.com/informa73224841

熱海五郎一座 関連記事:

⇒すべて見る

紅ゆずる 関連記事:

⇒すべて見る


※紅ゆずるさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月19日(水)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

紅ゆずるさん=撮影・岩村美佳
紅ゆずるさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. M2 より:

    紅さんの笑いに対する真剣さがよく伝わってきて、熱海五郎一座の舞台がますます楽しみになりました。
    宝塚時代のエピソードも掘り下げていただいて、宝塚時代からのファンとしてはとても懐かしく嬉しかったです。どんなときも前向きな紅さんのお人柄に、読んでいて元気をいただきました。ありがとうございました。


最近の記事

■ 2021年5月掲載分
■ 2021年4月掲載分
■ 2021年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.