「自分の大切な人が一人いれば、やり直しはきく」、伊礼彼方・大学生座談会(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「自分の大切な人が一人いれば、やり直しはきく」、伊礼彼方・大学生座談会(上)

筆者: 橋本正人 更新日: 2021年3月15日

2019年にミュージカル『レ・ミゼラブル』にジャベール役(トリプルキャスト)で出演し、2021年の『レ・ミゼラブル』にもジャベール役(トリプルキャスト)で出演する伊礼彼方さんと、2020年11月にミュージカル『Les Miserables』を上演した大阪大学ミュージカルサークル「みーあキャット」の学生の皆さんの座談会を、アイデアニュース主催で開きました。伊礼さんと大阪大学のジャベール役の学生との「ジャベール対談」のほか、『Les Miserables』に出演した「みーあキャット」のメンバーは2021年4月に大学4年生(4回生)となる学生が中心だったことから、就活や仕事をめぐるやりとりが飛び出した座談会の様子を、上下に分けて紹介します。(司会:アイデアニュース編集長・橋本正人)

伊礼彼方さん=撮影・橋本正人
伊礼彼方さん=撮影・橋本正人

伊礼:こんにちは。みなさんご存じだと思いますが、ミュージカル、舞台をメインに活動している伊礼彼方です。どうぞよろしくお願いいたします。

学生:よろしくお願いします。

伊礼:『レ・ミゼラブル』は、前回出演した2019年が僕にとっては初演で、今年も出演が決まっています。

学生:(大拍手)。

伊礼:レミゼのことに関しては僕もまだ1年生、関西の大学では「1回生」って言うのかな、本当に新人です。だから『レ・ミゼラブル』に関しては、みなさんの方が勉強してるんじゃないかなと。

学生:いやいやいや(笑)。

伊礼:でも意外とそうだったりするんですよ。レミゼについては、ファンの方でも本当に詳しい人がたくさんいるので。

(ここから、学生が1人1人『レ・ミゼラブル』で担当した役などを交えて自己紹介。伊礼さんも自己紹介を兼ねて、中学時代に文化祭でバンドを組んだ時の話や、路上ライブなどを含めて音楽活動を続けたけれども厳しく、24歳でミュージカル『テニスの王子様』に出演し、ミュージカルの道に進んでから道が開けたことなどについて説明。質疑応答に移りました)

学生:演出家さんは、役者に対して、動きや役作りだったりを、どこまで要求するものなんでしょうか?

伊礼:人それぞれですが、自分の思い通りに動いてほしいと、全部決める演出家もいます。上手から3歩歩いたら効果音が出るから、そこで振り向いてセリフを言ってとか。

学生:へえー。

伊礼:そういう現場もあれば「とりあえず好きにやって」という人もいます。我々はその都度、演出家に合わせることをしますが、その中でも、自分の色というものを出していかなければいけないということです。『レ・ミゼラブル』は、世界共通の動きが決まっています。たとえば、ジャベールはトリプルキャストで3人いるわけですが、みんな同じ動きなんです。トリプルキャストだと1人あたりの稽古時間が短くなって、稽古で充分に合わせることができないまま本番を迎えることもありますが、同じ動きだから対応できる。合わせていなくても、お互いの芝居を見てるので、感覚はわかる。そのためにも、同じ動きをしなきゃいけないんです。

学生:なるほど。

伊礼:ただ、同じ動きでも、動くスピードとか表情とか、たとえば憎しみを表現する場面で、どの言葉に憎しみを込めるかなどは俳優に委ねられているので、そこでオリジナリティを出せる。だから同じ役を見ても違うと感じるんです。2019年の『レ・ミゼラブル』では、長くレミゼを観てきた人が「伊礼さんのジャベールは、これまでにないジャベールだ」と言ってくださったのが、とても励みになりました。

学生:アンサンブルの方の立ち位置とかも決まっているんでしょうか。

伊礼:決まっています。舞台の上で一人だけでいるときはある程度自由にやれますが、複数の人がいるときは立ち位置や段取りが変わると事故の原因になると困るので、きっちりと決まっています。それを、どれだけリアルに、自由になっているように見せるかというのが、我々の技術です。

学生:アンサンブルの人が、後ろで喋っている内容とかも全部決まっているんですか?

伊礼:それは自由です。

学生:何をしゃべってるんかなぁって、すごく見ちゃうんですよね。

伊礼:おとなしい方もいれば、うるさいぐらい話をしている人もいます。それぞれが役の特色を活かしてやってます。そういうのをオフ芝居と言うんですけど、背景とか風景をリアルに作っているわけだから、アンサンブルのそういう存在は絶対に必要なんです。アンサンブルの方がいなければ、我々がどれだけ訴えても、空気感は作れないから。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、伊礼さんと同じ役で出演した学生との「ジャベール対談」など、座談会の前半部分の内容と写真を掲載しています。3月16日(火)掲載予定のインタビュー「下」では、就活や仕事をめぐる伊礼さんと大学生のやりとりのほか、伊礼さんが24歳でミュージカルと出会ってからこれまで、何を心がけてきたのかなどについても伺った座談会後半の内容と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■学生:ジャベールの役作りは? 伊礼:居るだけで存在感が出せるように

■伊礼:ジャベールやってどう? 学生:楽しかった。伊礼:やばい、勉強になる

■学生:ミュージカルを続ける原動力は? 伊礼:中学校の文化祭が印象的すぎて

■伊礼:失敗しても戻ればいい。大切な人が一人でもいれば、やり直しはきく

<浦井健治×伊礼彼方『スタートライン』&『fullmoon』>
【CD】2021年3月8日発売開始 ¥1,500(税込)2曲+カラオケ
https://ireikanata.com/contents/385399
https://uraiirei.theshop.jp/

<舞台『ダム・ウェイター』>
【東京公演】2021年3月16日(火)~3月28日(日) 下北沢・小劇場楽園
https://www.the-dumbwaiter.com/

<みーあキャット2期生公演『The SOUND of MUSIC』>
【大阪公演】2021年3月27日(土) 豊中すてっぷホール
https://twitter.com/handaimusical/status/1371047265792618498

<ミュージカル『レ・ミゼラブル』2021年公演>
【プレビュー公演】2021年5月21日(金)~5月24日(月) 帝国劇場
【東京公演】2021年5月25日(火)~7月26日(月) 帝国劇場
【全国ツアー公演】2021年8月~10月 福岡・大阪・松本
https://www.tohostage.com/lesmiserables

<みーあキャット3期生新人公演『ロックオペラ モーツァルト』>
【大阪公演】2021年5月23日(日) 池田市立アゼリア小ホール
https://handaimusical.miiiacat.work/posts/12784270

<みーあキャット第6回公演『アラジン』>
【兵庫公演】2021年7月10日(土) なるお文化ホール
https://handaimusical.miiiacat.work/posts/12770398

<関連リンク>
伊礼彼方 Offcial Site
https://ireikanata.com
伊礼彼方 Instagram
https://www.instagram.com/irei_kanata/
伊礼彼方 Twitter
https://twitter.com/kl_official_
みーあキャット Twitter
https://twitter.com/handaimusical
みーあキャット Instagram
https://www.instagram.com/miiiacat_handaimusical/
みーあキャット HP
https://handaimusical.miiiacat.work/
みーあキャット 新歓2020 Twitter
https://twitter.com/miiia_shinkan20

伊礼彼方 関連記事:

⇒すべて見る

みーあキャット 関連記事:

⇒すべて見る

『ダム・ウェイター』 関連記事:

⇒すべて見る

レ・ミゼラブル 関連記事:

⇒すべて見る

『ロックオペラ モーツァルト』 関連記事:

⇒すべて見る

『テニスの王子様』 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Elegante [ 伊礼彼方 ]
価格:2062円(税込、送料無料) (2021/3/10時点)


コゼット役と監督・演出を担当した大阪大学3回生の山上深愛さん=撮影・橋本正人
コゼット役と監督・演出を担当した大阪大学3回生の山上深愛さん=撮影・橋本正人

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 産経新聞記者から朝日新聞記者となり、大阪本社整理部次長、デジタル事業本部サブマネジャーなどを歴任。宝塚歌劇などを扱うサイト「アサヒコム・スターファイル」の編集責任者を6年間つとめ、独立。アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.