「高倉健さんを思い出すときがあります」、加藤和樹・白井晃対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「高倉健さんを思い出すときがあります」、加藤和樹・白井晃対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年9月2日

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』が、2021年9月9日(木)から9月29日(水)まで日生劇場で、10月8日(金)から10月10日(日)までフェニーチェ堺 大ホールで上演されます。チェコ共和国で創作されたミュージカルを原作に、韓国独自のアレンジを施したミステリーミュージカルの日本初演です。アンダーソン役とジャック役を日替わりで演じる加藤和樹さんと、演出の白井晃さんの対談後半をお届けします(アンダーソン役ダブルキャスト:松下優也さん、ジャック役ダブルキャスト:堂珍嘉邦さん)。加藤さんから見た白井さんの演出ならではの見どころや、白井さんが感じる作品の特徴、白井さんが加藤さんに変わらないでほしいと思っていることなどについて伺いました。

加藤和樹さん=撮影・NORI
加藤和樹さん=撮影・NORI
白井晃さん=撮影・二石友希
白井晃さん=撮影・二石友希

ーー加藤さんから見た、白井さんの演出ならではの、この作品の見どころをお聞かせください。

加藤:僕は白井さんとストレートプレイをやったときに、空間の使い方を役者が変えていくという手法を結構やっていました。それが今回の『ジャック・ザ・リッパー』でも出てくると思います。その代わりに、役者の体の使い方などは、ものすごくレベルの高いことを要求されるんですが、ある意味ミュージカルらしくない新しい表現のミュージカルになるのではないかと感じています。ミュージカルでは、やはり暗転してセットが変わっていく形が普通だと思いますが、そうではなく役者だけで風景を変えていったり、今回は時間軸も動いていきます。まだまだですが、自分で見える景色をもっと変えて、観ているお客さんに、いまこの瞬間にばっと変わったなという印象と、そこで生きる人たちが変わっていくのを見せたいと思います。

白井:ミュージカルですが、演劇を作っているときとまったく変わらないやり方でやっています。これまで、自分がそういうやり方でやってきましたから、身体ひとつあれば変化を表現できる、お客さんの想像力を喚起させるというのが俳優の仕事。目の前に何も見えなくても、俳優が見えていることによって、お客さんがそう見えれば、それが一番すばらしいことです。そういうことを自分のひとつの構えとしてやってきましたので、今回も同じようにやらせていただいています。今回、加藤君がそういう風に思ってくれているんだと思いました。

ーー作品の特徴はどう感じていますか?

白井:この作品は、大きくいえば愛情の物語だと言えると思いますし、愛のあり方とも言えます。130年近く前に実際に起こった事件を題材にしていて、いまなお、この猟奇事件が語り継がれて、そこからいろいろな話が生まれている。そんな人を惹きつける魅力は、何なのかという部分に興味があります。人が人の身体の中身まで欲しがったということが、何なのかということを、この舞台で表すことができたらなと思っています。チェコで生まれて、韓国でロングラン上演されてきた作品を、韓国版とは少し違う視点で描けたらいいなと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、白井さんが感じる作品の特徴、白井さんが加藤さんに変わらないでほしいと思っていることなどについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■白井:アンダーソンとジャック、両極の部分を加藤君の中でどう作っていくか

■加藤:「姿勢が良すぎる」とダメ出しを受けたのは初めてでした。当然だなと

■白井:高倉健さんを思い出すときがあります。これは真面目な話です

■加藤:この作品を日本でやる意味も伝えていきたい。期待していただければ

<ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』>
【東京公演】2021年9月9日(木)~9月29日(水) 日生劇場
【大阪公演】2021年10月8日(金)~10月10日(日) フェニーチェ堺 大ホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/jacktheripper2021/

<関連リンク>
ミュージカル「ジャック・ザ・リッパー」twitter
https://twitter.com/musicaljack
ASSIST|加藤和樹Official Web Site
http://www.katokazuki.com/
加藤和樹オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/katokazuki-blog/
加藤和樹Twitter
https://twitter.com/kazuki_kato1007
RECON OFFICE
http://www.recon-office.co.jp/index1.html

『ジャック・ザ・リッパー』 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

白井晃 関連記事:

⇒すべて見る

※加藤和樹さんのサイン入り写真を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月1日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

加藤和樹さん=撮影・NORI
加藤和樹さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. みゆ より:

    素晴らしい対談をありがとうございます!デビュー15周年を迎える和樹君ですが、デビュー間もない頃からずっと魅了されっぱなしです。舞台もライブもいまだに行く度に成長しているのが見られ頼もしい限りです!白井さんからの信頼ある言葉が本当に嬉しいです。二人の信頼関係があるからこそ出来る素敵な舞台、これからも楽しみにしています。

  2. さおりん より:

    前半に引き続き…素敵なお話をありがとうございます。
    今回の「ジャック・ザ・リッパー」
    白井ワールドでどんなジャック、アンダーソンになるのか?ドキドキです。
    楽しみにしております。

  3. りかりん より:

    加藤さんは演出家の求めるものを表現するのが自身の役者としてのスタイルだとよくおっしゃっています。今回も白井さんとそうやってとことん向き合って白井さんならではのジャック・ザ・リッパーという作品を造り上げているのがわかります。白井さんから加藤さんを表現するのに素晴らしい方のお名前も出て驚きとともにお二人の信頼関係をさらに感じることができた対談でした。ありがとうございました。

  4. mirurun より:

    後半の記事も大変興味深く、共感できる部分も沢山あり、うんうん、と頷きながら読ませていただきました。和樹さんの硬さ、愚直さはお芝居を観ていてしっかり伝わってきます。
    私は以前韓国版を観劇したのですが、それとは違う魅力いっぱいの日本版JTRが作られているようで、本当に楽しみにしています。

  5. より:

    後半も拝見させて頂きました
    硬さから高倉健さんをイメージされる白井さんの感性が
    素晴らしいと思いました
    健さんは生前、不器用な男と自分を表現されてるおり、和樹さんと全く同じ事に驚きました
    そんな彼が2役を演じるの事が楽しみです

  6. あすか より:

    前半、後半共に読み応えのあるインタビューをありがとうございました。
    白井先生に鍛えられ、ぐんぐんと演技力を伸ばしていく様をリアルタイムで見ていたので、とても感慨深いです。
    和樹さんの表現者としての将来がますます楽しみになりました。ジャックザリッパー、楽しみにしております。

  7. いくせ より:

    白井さん、これからも加藤和樹をよろしくお願いします。\(^-^)/

  8. きゃら より:

    後半もとても読み応えのあるインタビューでした。
    和樹さんの実直さ、朴訥という言葉が本当にその通りだなと思います。それを白井さんが理解してこれからも導いていってくださるんだろうとこの記事を読んで思いました。
    ジャックザリッパーではどのように2役を演じるのか本番が楽しみです。

  9. りい より:

    後編も読み応えがありました。白井さんの重みのある和樹くんへの言葉にとても納得いたしました。どんなジャックとアンダーソンが見られるのか、また役者が風景を変えていく手法も楽しみにしています。

  10. ひろ より:

    お二人それぞれの拘りや魅力がいい具合にブレンドされた作品になりそうで、期待が高まります。
    素敵な記事をありがとうございます。

  11. ゆう より:

    前半に続き後半もジャックザリッパーの開幕が楽しみになると同時に、お二人の信頼関係を感じる内容でした。
    硬さを叩いて作っていく、でもその硬さそのものが個性であり無くさないでほしいというお話が印象的でした。
    お二人が生み出す加藤和樹のアンダーソンとジャックを劇場で観劇できることを願っています。

  12. とうふ より:

    何年先になってもおふたりのつくられる舞台を観続けたいな、と思いました。
    まずはジャック・ザ・リッパー楽しみです!

  13. より:

    白井さんの重みと愛のある言葉の数々。
    それに対する和樹さんの想い。
    お二人の関係性。
    素敵です!
    ほんとに素晴らしい対談を読ませていただきました。
    ありがとうございました。

  14. non より:

    後半もとても面白かったです。
    高倉健さん…分かる気がします。
    和樹さんは硬いからこそブレないんだなぁと思いました。
    本番、楽しみにしています!

最近の記事

■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.