「これはコメディ。メインビジュアルは忘れて」『冬のライオン』、加藤和樹(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「これはコメディ。メインビジュアルは忘れて」『冬のライオン』、加藤和樹(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年2月23日

舞台『冬のライオン』が、2022年2月26日(土)から3月15日(火)まで東京芸術劇場 プレイハウスで上演されます。舞台『冬のライオン』は、英国王家の草創期、1183年に、イングランドの国王ヘンリー二世が居城としていたフランス中部のシノン城で、領土と跡目を誰が継ぐのか決着をつけるべく、一同に会した家族の会話劇です。ヘンリー二世を佐々木蔵之介さんが、王妃エレノア役は高畑淳子さんが演じます。演出は、森新太郎さんです。

アイデアニュースでは、ヘンリー二世の長男・リチャード役を演じる加藤和樹さんにインタビューしました。インタビューは、上、下に分けてお届けします。「上」では、稽古を受けながら感じているこの作品の面白さ、「メインビジュアルは一旦忘れて」と演出の森さんがおっしゃっていたこと、本作でのプレイハウスという場の使い方に驚いていること、『ジャック・ザ・リッパー』のときに、白井晃さんと交わした森さんについての会話、森さんの演出を受けてイメージしていたリチャード像がガラリと変わったこと、共演者の佐々木蔵之介さんと高畑淳子さんのこと、この作品は実はコメディだということなどを伺いました。

「下」では、久しぶりのストレートプレイ出演にあたって感じていること、ミュージカルとライブを同時並行でこなしていた昨年末のこと、20代の頃に比べて無駄を削ぎ落とすことができるようになったこと、一人で準備するときにはみんなで合わせた時に現場で出せるストックを貯めるようにしていること、2022年の活動として発表されている『るろうに剣心 京都編』やご自身のアーティスト活動15周年の集大成となる「野音」のこと、コロナ禍が続いている今思うこと・読者の皆さまに伝えたいことなどについて話してくださった内容や、『冬のライオン』で楽しみにしていただきたいこと、お客さまへのメッセージを紹介します。

稽古場の加藤和樹さん
稽古場の加藤和樹さん

(※このインタビューは1月末にリモートで実施したものです)

ーー今、お稽古の状況はいかがですか?

今は大枠と、それぞれのキャラクターを作っていて、多分これからいろいろと変わるんだろうなと予感しています。

ーーこの作品の中では、一番どこが面白いと思われていますか?

演出の森さんとは初めてですが、多分、森さんが作ろうとされている世界観が、いわゆる「中世の王室の物語」というよりは、時代は違いますが、お客さんにとっても見やすい「家族のお話」なのだと思っています。その家族内での、「騙し、騙され」の会話劇なんです。コミカルな部分もありつつ、それほど難しく考えずに観ることができる作品を目指しているのかなとすごく感じています。『冬のライオン』には、ヘンリーとエレノアとが話の軸になり、僕が演じるリチャード、弟のジェフリーとジョンの3人の息子たちが登場します。この息子たちが本当に愛すべきバカというか、逐一おもしろいんですよ。父親の跡を誰が継ぐか。でも誰にも継がせたくないヘンリーがいて。そのやりとりが、すごくおもしろいです。決して重い話ではないと思います。言葉が難しいとは思いますが、言葉の面白さを、楽しんでいただきたいと思います。

ーーメインのビジュアルを拝見すると、もう少し深刻な物語なのかと思っていました。

あれは一旦、忘れていただいて(笑)。

ーー忘れていいのですか!?

森さんも、そうおっしゃっていましたから。衣装合わせも、まだこれからなので、実際に舞台上で描かれる世界観がどのようになるかは、観ていただいてからのお楽しみにしてください。僕個人としては、「プレイハウスをこんな使い方するの?」と驚きました。わりと平面的なお芝居というか、森さんはそこに面白さを見出そうとしているのかなと思います。

ーー「平面的な面白さ」とは、どのようなことでしょうか?

プレイハウスには、奥行きもすごくあります。でも、お芝居の中では、ほとんど奥行きを使わないんです。出演者も7人しかいませんし、その7人が一堂に会する場面も少ないので、より劇場空間にとらわれず、行われる芝居や会話を、純粋にお客さんに届けられる空間の使い方をしているのかなと思います。

ーー立体的な演出で、あちこちに目を奪われるというよりは、登場人物たちの会話に集中して、観劇できる感じでしょうか?

そうですね。動きもそれほど多いわけではないので、目の前で繰り広げられる会話劇に、目が釘付けになると思います。本当に無駄がないです。だからこそ、やる側としてはどう立ち回ろうかなと。まだ探り探りではありますし、森さんのオーダーに、「どうやったらそれが成立するかな」と、いろいろトライしている日々です。

ーー森さんからは、どのようなオーダーがありましたか?

キャラクターによって違いますが、僕が演じるリチャードに関していうと、「本心を隠さずにいるのですが、あまり感情的にならないように、まだ感情を出し切らないように、ギリギリのラインでいてほしい」とおっしゃっていました。お芝居としては、感情的にガッといきたくなるところを抑えて、腹で喋るといいますか。動きに関しても、なるべく無駄を削ぎ落としているので、「このあと何が起こるんだろう」と、次にリチャードが、舞台上でどういう行動をするかに目がいく感じがします。稽古が2周目に入ってから、ガラッと変わる可能性もありますが。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『ジャック・ザ・リッパー』のときに、白井晃さんと交わした森さんについての会話、森さんの演出を受けてイメージしていたリチャード像がガラリと変わったこと、共演者の佐々木蔵之介さんと高畑淳子さんのこと、この作品は実はコメディだということなどインタビュー前半の全文を掲載しています。2月24日掲載予定のインタビュー「下」では、久しぶりのストレートプレイ出演にあたって感じていること、ミュージカルとライブを同時並行でこなしていた昨年末のこと、20代の頃に比べて無駄を削ぎ落とすことができるようになったこと、一人で準備するときにはみんなで合わせた時に現場で出せるストックを貯めるようにしていること、2022年の活動として発表されている『るろうに剣心 京都編』やご自身のアーティスト活動15周年の集大成となる「野音」のこと、コロナ禍が続いている今思うこと・読者の皆さまに伝えたいことなどについて話してくださった内容や、『冬のライオン』で楽しみにしていただきたいこと、お客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「次、森さんとやる」と話したら、あの白井さんが「俺よりしつこいから」と

■森さんの提示を受けて、ガラガラと、音を立てて崩れ落ちていったリチャード像

■声の圧や息遣い一つ一つが魅力的な蔵之介さん。エネルギー量が半端ない高畑さん

■森さんが「これはコメディ」と。最初は「?」だったが、やればやるほど納得

<舞台『冬のライオン』>
【東京公演】2022年2月26日(土)~3月15日(火) 東京芸術劇場 プレイハウス
公式サイト
https://www.thelioninwinter.jp/

『冬のライオン』 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

※有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

稽古場の加藤和樹さん(中央)、永島敬三さん(左)、浅利陽介さん(右)
稽古場の加藤和樹さん(中央)、永島敬三さん(左)、浅利陽介さん(右)

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. mirurun より:

    とても興味深く記事を読ませていただきました。
    原作を古い映画から履修していたので、重厚な王室劇を思い浮かべ気合いを入れなくては!とガチガチに構えていました。
    が、この記事を読んで私の中のリチャード像が、いや、「冬のライオン」というお芝居のイメージがガラガラと崩れ落ちました。
    騙し騙される会話劇。家族の関係を通じて会話のやり取りを楽しむことがメインになるんですね!
    とても分かりやすい評をありがとうございました。
    ますます舞台が楽しみになりました。

  2. とーや より:

    いよいよ開演ですね!
    キービジュアルから、どんな重たい話なのかと思っていたのですが、どうやら予想を裏切るストーリーのようで、見に行くのがますます楽しみになりました!リチャード役、楽しみにしています!

  3. taro より:

    読み進めていく内に、わくわくしてきました。
    舞台を見に行くのが楽しみです。

  4. non より:

    稽古場で笑いが起きるとのツイートを見た時は「あのビジュアル」も相まっている頭の中が?????ってなったのですが、インタビューを読んで納得しました。観劇できる日を楽しみにしています。

最近の記事

■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
■ 2022年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.