「狂言に登場するのは名もなき庶民のヒーロー」、野村萬斎・野村裕基対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「狂言に登場するのは名もなき庶民のヒーロー」、野村萬斎・野村裕基対談(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2021年6月17日

「狂言劇場 その九『武悪(ぶあく)』『法螺侍(ほらざむらい)』/『舟渡聟(ふなわたしむこ)』『鮎』」が、2021年6月18日(金)から6月27日(日)まで、世田谷パブリックシアターで上演されます。「狂言劇場」は、2002年から世田谷パブリックシアターの芸術監督を務める野村萬斎さんにより、古典芸能という枠にとどまらず「“舞台芸術=パフォーミングアーツ”としての狂言」というコンセプトに基づいて2004年にスタートしたシリーズ。野村万作・萬斎・裕基の“狂言三代”が出演する今回の作品について、野村萬斎さん、野村裕基さんにお話頂きました。

野村萬斎さん(右)と野村裕基さん(左)=撮影・NORI
野村萬斎さん(右)と野村裕基さん(左)=撮影・NORI

――「“舞台芸術 = パフォーミングアーツ”としての狂言」をコンセプトとする「狂言劇場」は、どのような想いから企画されたのでしょう?

萬斎:「舞台芸術」というとちょっと固くなりますが、普通にお芝居だと思って来て頂けたらということです。能楽堂で演じると、どうしてもまずそこで敷居が高くなって「入ったこともないところに行くのは、ちょっと勇気がいる」と思う方も多いようですから。世田谷パブリックシアターの芸術監督の私としては、ミュージカルやストレートプレイを観たことがある人たちが来たことがあるであろうこの劇場で、普通に狂言を芝居として観て欲しいというのが願いなんです。

実際に観て頂くと、親しみやすさや、台詞がわかるんだということが納得頂けるのではないかと思います。古典芸能は、やっぱりよくできていると私は思うのです。700年近く続く洗練されたお芝居ですから、『キャッツ』や『オペラ座の怪人』より歴史は長いんですよね。そういう意味で、気軽に観に来て欲しいです。

――狂言をご覧になるお客さまを増やすという意図では、萬斎さん主宰の『狂言ござる乃座』がありますね。

萬斎:あれは、自分のレパートリーを増やすためもあって、21歳ぐらいから能楽堂で古典の狂言をやっているものです。狂言を普及するには「わかりやすいもの」をやるという方法もありますが、「狂言劇場」では演劇として「ドラマティックなもの」を選んでいます。舞台芸術として比肩してみると、現代劇より面白いかもしれないよ? と。そういった新しい発見をして欲しいですし狂言にはいろいろなアイデアが満載なので、大いに盗んで欲しいなと思います。

――盗んで欲しいというのは?

萬斎:お客様もそうですし、演劇関係者も含めていろいろな技術を。例えば、『キャッツ』は猫の世界を描いていますが、狂言では猿だけの世界が出てきたり、『ライオンキング』で頭に動物の顔が乗っかっていたりするのは、能や狂言では700年前からやってます(笑)。じつは『ライオンキング』の演出のジュリー・テイモアは、日本の能楽、日本の古典を大いに学んでいて、そこからいろいろアイデアを取っているんです。

ですからそういうことも含めて、舞台関係者でなくても、演劇的なものの根源がどこにあるのか? という意味でも、盗んで欲しいのです。台本としてはギリシャ悲劇が残っていますが、狂言は「現存する世界最古の演劇」なんです。

古いのになぜ今も残っているのかというと、それだけ普遍的でもありますし、やはり利に適った面白さがある。そのあたりのことを「すごく良くできたお芝居だ」と思って観ていただいても結構かと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、「狂言三代」と銘打たれた今回の公演の意味や、萬斎さんがこれまで演じて今回は裕基さんが演じる『法螺侍』の太郎冠者(たろうかじゃ)役について、ミュージカルやストレートプレイと狂言の関係などについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。6月17日(木)掲載予定のインタビュー「下」では、シェイクスピアを狂言にした『法螺侍』と、池澤夏樹さんの小説を狂言にした『鮎』について、裕基さんのドラマ出演などについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■萬斎:ワールドワイドに時代と向き合うことを彼(裕基さん)にも見て欲しい

■裕基:『法螺侍』は2年ぐらい前に能舞台で上演されたものを見ています

■裕基:祖父のシテ、父の太郎冠者が繰り上がり、僕の太郎冠者はどうなるのか

■萬斎:狂言のヒーローは現実世界の楽天的な人。『エリザベート』のトートとは真逆

<狂言劇場 その九 『武悪』『法螺侍』/『舟渡聟』『鮎』>
【東京公演】2021年6月18日(金)~6月27日(日) 世田谷パブリックシアター
万作の会 公式サイト
http://www.mansaku.co.jp/
世田谷パブリックシアター 公式サイト
https://setagaya-pt.jp/performances/202106kyougen.html

<関連リンク>
野村萬斎@狂言ござる乃座 公式Twitter
https://twitter.com/mansai_gozaru
野村萬斎@狂言ござる乃座 公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCfcZDtNB_qKhJ8c0G2qnCQA
世田谷パブリックシアター 公式Twitter
https://twitter.com/SetagayaTheatre

野村萬斎 関連記事:

⇒すべて見る

野村裕基 関連記事:

⇒すべて見る

狂言 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

狂言師 野村万作・野村萬斎〜伝え受け継ぐもの〜 DVD-BOX [DVD]
価格:8406円(税込、送料別) (2021/6/11時点)


※野村萬斎さん・野村裕基さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月17日(土)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

野村萬斎さん(右)と野村裕基さん(左)=撮影・NORI
野村萬斎さん(右)と野村裕基さん(左)=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.