【動画】新トップ楊琳お披露目、OSK日本歌劇団レビュー夏のおどり『STARt』製作発表 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

【動画】新トップ楊琳お披露目、OSK日本歌劇団レビュー夏のおどり『STARt』製作発表

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2021年7月13日

2022年に劇団創立100周年を迎えるOSK日本歌劇団の公演、レビュー夏のおどり『STARt』が、2021年8月5日(木)から8月8日(日)まで、東京の新橋演舞場で上演されます。2021年4月にOSK日本歌劇団の新トップスターに就任した楊琳(やん・りん)さんの「新トップスターお披露目公演」です。7月12日には、楊琳さんと、娘役トップスターの舞美りらさん、千咲えみさんらが出席して製作発表が行われました。当日の様子の一部をアイデアニュース独自撮影の動画で紹介します。

OSK日本歌劇団レビュー夏のおどり『STARt』製作発表より=撮影・岩村美佳

<楊 琳(やん りん)>
OSK 日本歌劇団 新トップスター。群を抜いたダンス力と華やかな容姿が魅力的な男役スター。66年ぶりに OSK 日本歌劇団が大阪松竹座で行った2004年「レビュー春のおどり」に圧倒され、07年に OSK 日本歌劇団に入団。観た者の心を揺さぶる、豊かな表現力で観客を魅了し、16年11月・12月『ROMEO&JULIET』(大阪・近鉄アート館/東京・銀座博品館劇場)で、初めて主演を務めた。ニヒルな悪役から正統派まで役柄は広く、18年12月~19年1月の『円卓の騎士』(大阪・近鉄アート館/東京・博品館劇場)で主演のアーサー王、3月『新撰組』(大阪・近鉄アート館)では主演の土方歳三を演じた。19年7月「OSK SAKURA NIGHT」(京都・南座)の『夢みていよう』に特別出演し、劇団を超えたサクラ大戦の声優陣とのコラボ公演を成功に導いた。また、20年2月・12月『愛と死のローマ~シーザーとクレオパトラ~』(大阪・近鉄アート館)では圧倒的なカリスマ性を持つシーザーを熱演し好評を博した。そしてこの度、4月に OSK 日本歌劇団のトップスターに就任。劇団創立100周年に向け、新時代のOSK を牽引する。

楊琳さん
楊琳さん

新たな幕開けの「START」と、輝かしい「STAR」と、魅力的なステージに必要な「ART」の想いを込めた『STARt』は、洋舞レビューの2幕です。

<Act-1>
スタイリッシュに洗練された、心が躍るダンスシーンの数々。1幕ラストのコンテンポラリーダンスは圧巻!! 第1幕は、ブラックな世界にゴールドの衣裳に身を包んだ楊が登場し、朝まで歌い踊る「Club Art」のシーンで幕が開きます。大人な魅力溢れる情熱的なダンスシーンや、娘役ユニットとしてかつて存在した“チェリーガールズ”にインスパイアされた楽曲も登場するなど見所満載のオープニングです。続いて、新トップスターの楊に2021年3月をもってトップスターから特別専科に勇退した桐生麻耶がバトンをたくします。『STORM of APPLAUSE』で強烈な印象を残した「運命」の場面をオマージュした新しいエネルギッシュなダンスシーンもご注目ください。更には、楊が“三枚目”役を演じる、ストーリー仕立てのコミカルなシーンも見どころの1つです。スーパーマンに憧れる、さえないサラリーマンを楊が豊かな表現力で演じます。斬新な音楽に乗せて、平澤演出らしい踊りだしたくなるハッピーな場面をご堪能ください。 そして1幕のラストは、OSK がこれまでに挑戦したことのないコンテンポラリーダンスをレビュー作品立てに昇華し、圧巻の群舞でご披露します。心が澄まされる美しいメロディーと共に神秘的な雰囲気をお楽しみください。

レビュー夏のおどり『STARt』より
レビュー夏のおどり『STARt』より

<Act-2>
新時代の門出を祝う、豪華絢爛なレビューショー。“ダンスの OSK”の伝統を受け継ぎ、100年に向け歩みだす! 第2幕は幕開きから、OSK のこれまでの歩みや 100 年への想いを大コーラスで届けます。歌劇団の儚さ、強さ、更には先人たちが繋いできたバトンを次世代へ繋ぐ覚悟など、様々な想いが込められたこの作品は、これまで応援してきたファンの方々はもちろん、はじめてご覧になるお客様、全ての方にご覧いただきたい1曲となりました。次にお届けするのは、耳馴染みあるナンバーで繋ぐミュージカルメドレーです。一糸乱れぬラインダンスや息のあったデュエットダンスなど、数々の場面を個性豊かにお魅せいたします。レビューらしい疾走感溢れるステージをお楽しみください。他にも、楊を中心に若手男役達と歌い踊るクールなナンバー、レビューの定番・黒燕尾の群舞から始まる美しいフィナーレは、100年の歴史の重みと新時代への希望に満ちたステージです。濃密な90分をご覧ください。

レビュー夏のおどり『STARt』より
レビュー夏のおどり『STARt』より

そして最後に、1930年の大阪松竹座『春のおどり さくら』で初お披露目され、SKD でも歌われた劇団のテーマ曲「桜咲く国」を、今回も“桜パラソル”の愛称で知られる傘を使用したフォーメーションで、劇場をひとつにいたします。100年の歴史の重みと新時代への希望に満ちた煌めくステージをご堪能ください。

<OSK日本歌劇団とは>
大阪松竹座の開場に合わせ、新たなジャンルの興行を模索していた松竹創業者・白井松次郎により、1922年4月に「松竹楽劇部」として大阪に誕生しました。その後、宝塚歌劇団・姉妹劇団の松竹歌劇団(SKD/1928~96)と共に日本三大少女歌劇のひとつとして日本のレビュー文化を牽引し、笠置シヅ子、京マチ子、秋月恵美子らスターを輩出しました。なかでもスピード感溢れるラインダンスは“ロケット”とも称され、「ダンスの OSK」の象徴として、いまに受け継がれています。時代の移り変わりにより 2003年5月には一時解散の危機に直面するも、劇団員達は「OSK 存続の会」を立ち上げて活動を続けました。街頭での署名運動など努力を重ね、市民劇団として見事復活を果たし、2004年には66年ぶりに大阪松竹座にて「春のおどり」を上演。公演は大成功をおさめ、OSKの再生を高らかに宣言しました。以降各地で公演を行い、2013年4月には日生劇場で東京公演を実施、翌2014年8月に新橋演舞場で待望の初公演「レビュー 夏のおどり」を上演。OSK日本歌劇団は、脈々と受け継がれてきた伝統を守りつつ、来年に控える劇団創立100周年(2022年)に向かい躍進を続けています。

<OSK日本歌劇団 レビュー夏のおどり『STARt』>
【東京公演】2021年8月5日(木)~8月8日(日) 新橋演舞場
〒104-0061 東京都中央区銀座 6-18-2/03-3541-2600
地下鉄「東銀座」「築地市場」駅下車
公式ページ:
https://www.osk-revue.com/2021/06/28/natsu-no-odori-3.html

<出演者>
※入団年別・五十音順
楊琳、舞美りら、千咲えみ、白藤麗華、虹架路万、愛瀬光、城月れい、華月奏、遥花ここ、栞さな、実花もも、翼和希、穂香めぐみ、天輝レオ、登堂結斗、壱弥ゆう、椿りょう、羽那舞、唯城ありす、柚咲ふう、琴海沙羅、蘭ちさと、凜華あい、有絢まこ、純果こころ、瀧登有真、知颯かなで、翔馬かいと、空良玲澄、璃音あかり
(97期初舞台生)碧輝来、華蓮いろは、柊湖春、美丘さくら、南星杜有
(特別専科)桐生麻耶、朝香櫻子

<スタッフ>
作・演出・振付:平澤智
音楽:斉藤恒芳、岩崎廉、竹内聡、湖東ひとみ
振付:KAORIalive、SHUN、中山菜
美術:松井るみ
照明:石原直盛
音響:湯浅典幸
衣裳:松竹衣裳
振付助手:Naomi
歌唱指導:斉藤亜子
舞台監督:出口勇作
制作:松竹株式会社、OSK 日本歌劇団
製作:松竹株式会社

<チケット>
S席(1・2階)9,500円 A席(3階)5,000円
チケット Web 松竹(24 時間受付):
https://www1.ticket-web-shochiku.com/t/
チケットぴあ:0570-02-9999 [P コード 505-701]
https://t.pia.jp/
ローソンチケット:[L コード 33444]
https://l-tike.com/
イープラス
https://eplus.jp/
CN プレイガイド 0570-08-9999
https://www.cnplayguide.com//
松竹ホームページ
https://www.shochiku.co.jp/
お問合せ先:
チケットホン松竹 0570-000-489(10:00~17:00)

OSK日本歌劇団 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DANCE REVUE ROMEO & JULIET OSK日本歌劇団 (DVD)
価格:6111円(税込、送料別) (2021/7/13時点)


<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年7月掲載分
■ 2021年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
ボールペン 「ミャンマーへ送る春の花」Facebookページより
¥0(税込)
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.