YouTubeで学ぶ英語:(101)9・11のニュースを聴いた瞬間の米大統領 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

YouTubeで学ぶ英語:(101)9・11のニュースを聴いた瞬間の米大統領

筆者: 松中みどり 更新日: 2021年9月11日

連載「YouTubeで学ぶ英語」の第101回です。「9月11日」という日が「nine – eleven」と呼ばれる特別なものになったのは、2001年の9月11日からです。あの米同時多発テロから20年たった今日、テロのニュースを聴いた瞬間に抱いた思いはどんなものであったのか。当時の米大統領ジョージ・ブッシュをはじめとする人々の言葉で学んでいきましょう。

9/11: George Bush Finds Out About the Attack on the South Tower=YouTubeチャンネルBBCより
9/11: George Bush Finds Out About the Attack on the South Tower=YouTubeチャンネルBBCより

※動画は文章に合わせた位置から再生されます。一度再生した後にもう一度指定位置から再生したい場合は、ページ全体を更新してから再生してください。

2001年9月11日の朝、アメリカン航空11便がワールドトレードセンター(WTC)北棟に衝突したときには、不幸な事故と思われました。しかし、そのおよそ15分後にWTC南棟にもう一機、ユナイテッド航空175便が衝突。これは「テロ攻撃」であると認識されたのです。BBCの映像でも、そのような思いが複数の人から語られます。動画の最初の部分を聴いて、(  )の中を書き取ってください。ひとつの(  )にひとつの単語とは限りません。

9/11: George Bush Finds Out About the Attack on the South Tower=YouTubeチャンネルBBCより

George Bush: “9/11 would become a date to remember. The job of our president is protect the American people from harm. And some presidents don’t need to worry about that. And some do. And(   1   )I was one that did” ジョージ・ブッシュ(米大統領2001~2009)「9・11は、忘れられない日になるだろう。大統領の仕事というのは、アメリカ人を危険から守ることにつきる。そのことをあまり気にしないですむ大統領もいれば、そのことに専念する大統領もいる。私は、後者だった」

Condoleezza Rice: “My assistant came in and said ‘a plane is at the world trade center’ and I said ‘Well that’s a strange accident.’ and I called the president.( 2 ) we thought maybe a small plane of some kind and he said ‘Well, (   3   )” コンドリーザ・ライス(国家安全保障担当補佐官=当時)「アシスタントが来て、”飛行機がワールドトレードセンターにぶつかりました”と言うので、”それは奇妙な事故ね”と答えました。それで大統領に電話したのですが、当時は、小型の飛行機のようなものが事故を起こしたのではないかと考えていました。大統領も”なにか分かったら連絡してくれ”とおっしゃいました」

Andy Card: “He’d been told that a small twin engine prop plane crashed into one of the towers the world trade center. You know, oh, that’s a horrible accident. I was concerned but I did not think of it as a (   4    )” アンディ・カード(大統領首席補佐官=当時)「大統領は、小型ツインエンジンのプロペラ機がワールドトレードセンターのタワーのひとつに墜落したと聞かされていました。もちろん恐ろしい事故で、心配はしていましたが、国家安全保障における脅威だとは考えていませんでした」

2001年9月11日、ジョージ・ブッシュ大統領は視察のためにフロリダ州を訪れていました。フロリダ・サラソタ市の小学校の教室で、子どもたちと椅子に座っていた大統領の姿を覚えている当時の小学生、シャンタル・ゲレロさんの言葉を聴いて、(  )の中を書き取ってください。ひとつの(  )にひとつの単語とは限りません。

9/11: George Bush Finds Out About the Attack on the South Tower=YouTubeチャンネルBBCより

Chantal Guerrero: “I remember when he came in. Even as a seven-year-old, you know who the president is, right. and I remember like even feeling like that young feeling like, kind of like, star struck and giddy, like I’m going to Disney world or something. And I put my hand over my heart like I, you know, when you think about patriotic things when you’re that little, you know, you do the (   5   ) every day. And I literally put my hand over my heart. シャンタル・ゲレロ(小学生=当時)「大統領が来た時のことをよく覚えています。7歳の子どもであっても、大統領が誰かってことは知っていますよね。そして、そのときの幼い気持ちも覚えています。星に打たれたような、目がくらむような、ディズニーワールドにでも行くような気持ちでした。そして私は胸に手を当てていました。愛国的なことを考えるときにするでしょう。それくらい、子どもだったんです。毎日学校で忠誠の誓いをしていたわ。文字通り、私は自分の心臓の上に手を置いていました。

小さな子どもたちの前で、そして多くのメディアが見守る中で、アメリカが大規模なテロ攻撃を受けているというニュースを聴いた大統領とその側近たち。もう一度大統領の言葉を聴いて、(  )の中を書き取ってください。ひとつの(  )にひとつの単語とは限りません。

9/11: George Bush Finds Out About the Attack on the South Tower=YouTubeチャンネルBBCより

Bush: “Andy Card comes up to my, behind me and says ‘Second plane has hit the second tower. (   6   )’ And I’m watching the child read. And then I see the press in the back of the room beginning to get the same message I just got. And I could see the horror edged on the face of the news people who had just gotten the same news. During a crisis, (   7   ), and not to panic. And so, I waited for the appropriate moment to leave the classroom. I didn’t want to do anything dramatic. I didn’t want to, you know, lurch out of the chair and scare the classroom full of children and so I waited.” ブッシュ「アンディ・カードが私のところに近づいてきて、”2機目の飛行機がふたつめのタワーに衝突しました。アメリカは攻撃を受けています”と言った。私は子どもが本を読んでいるのを聴いていたんだ。それから、教室の後ろにいる記者たちが、私が受け取ったのと同じメッセージを受け取るのを見た。同じニュースを受け取った報道関係者の顔に恐怖が浮かぶのが見えた。危機的な状況では、その場の雰囲気を作ることが大事だ。パニックを起こしてはならない。だから、私は教室を出るタイミングをはかっていた。ドラマティックなことはしたくなかったんだ。椅子から飛び出して、子どもたちでいっぱいの教室を怖がらせることはしたくなかった。だから待った」

2001年9月11日に、ジョージ・ブッシュ大統領が訪問したのは、エマ・E・ブッカー小学校です。2年生の教室で子どもたちが本を朗読しているのを聴いている間に、ニュースが届いたわけです。2機目の旅客機激突のニュースを受け取った後、大統領は7分間朗読を聴いてから教室を出ました。民間航空機4機がハイジャックされ、およそ3000人が犠牲になった最悪のテロ事件。ブッシュ大統領はテロを決して許さないと戦争に突入します。2001年10月にはテロの首謀者といわれるオサマ・ビンラディンの引き渡しを求めてアフガニスタンに侵攻。20年にわたる戦争の終わりが、タリバンが再び支配することになった現在のアフガニスタンにつながっています。アメリカ同時多発テロから20年。でも、これは「今」の話であり、アメリカの戦争にいち早く支持の姿勢を示した日本の話でもあることを忘れないでいたいと思います。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

聴き取りの答えと解説

■9・11関連の他の動画紹介

<関連リンク>
BBC News ホームページ 
https://www.bbc.com/news
BBC YouTubeチャンネル 
https://www.youtube.com/user/BBC/videos
BBC News Facebook ページ
https://www.facebook.com/bbcnews

YouTubeで学ぶ英語: 関連記事:

⇒すべて見る

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.