「必死に練習した『キャラメル・シティ』」 シアノタイプ『PORTRAITS』鼎談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「必死に練習した『キャラメル・シティ』」 シアノタイプ『PORTRAITS』鼎談(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年10月8日

海宝直人さんがヴォーカルを務めるバンド・シアノタイプが、ミニアルバム『PORTRAITS』を2021年8月18日(水)に発売しました。そして、2021年10月9日(土)に、行徳文化ホールI&I(千葉県市川市)でワンマンライブを開催します。アイデアニュースでは、シアノタイプの皆さんにインタビューをしました。上、下に分けて掲載します。「上」では、『PORTRAITS』をどんな一枚にしようとしたかや、収録曲の『キャラメル・シティ』について語っていただきました。10月9日(土)午前11時0分に掲載する予定の「下」では、『紬 -tsumugi-』『間違傘』『After the Rain』『運命の環』『届かないラブレター』それぞれの曲について、さらにライブに向けた想いを伺いました。シアノタイプは、ボーカル海宝さん、ギター小山将平さん、ベース西間木陽さんによるロックバンドで、『PORTRAITS』全曲の作詞作曲は西間木さんが手掛けています。

(左から)小山将平さん、海宝直人さん、西間木陽さん=撮影・岩村美佳
(左から)小山将平さん、海宝直人さん、西間木陽さん=撮影・岩村美佳

ーーどんな一枚にしようと思いましたか?

海宝:(小山さん・西間木さんに)新しいシアノタイプという感じがしますよね?

西間木:そうだと思います。今までにないような楽曲が核になっているのかなと。

小山:創初期から数えると、3回くらいバンドが変わっているんじゃないか。

海宝・西間木:確かに。

小山:どの時代も好きなんですが、今回は、30代のサウンドといいますか、大人な感じに仕上がっていて、すごく好きですね。落ち着いた中にもロック魂があり。ファーストアルバムが、意外と若々しかったので、そこから2年しか経っていないのに、相当老け込んで。

海宝:確かに。

西間木:実は思うことがあって、ファーストアルバムを出すまでの活動期間が長かったので、5年間分のアルバムなんですよね。そう考えると、『PORTRAITS』は、出すまでの期間の幅が短いから、昔からの曲もそんなにないし。

海宝:今のシアノタイプだね。

ーーこの2年でみんなで話すことなども変わりましたか?

海宝:それは変わらないね。

小山:話す内容は変わらないんだよね。

西間木:成長がないってこと?

小山:ほぼラーメンの話ですね(笑)。

ーーサウンドが変わったのはどうしてですか?

西間木:ファーストアルバムを作った時に、16ビートの曲をやってみたい思いがあったので、それがアルバムの核になっていることで、全体的なサウンドが引っ張られたのはあるかもしれないです。あとは、アレンジャーさんのお力も大きいのかなと思います。ファーストアルバムの時も、アレンジャーさんにお世話になっている楽曲もあるのですが、アルバムを通して全曲にアレンジャーさんをつけて作ったというのは、今回のアルバムが初めてなので、その影響も強いのかなと思います。

海宝:アレンジの力もそうですし、西間木ワールドが、ある種年齢も重ねたことにより、俯瞰した感覚で物づくりをしていくようになっているのかなと感じています。

西間木:成長してるのかな。

海宝:もちろんこのアルバムに入っていない、すごく重たい曲などもあったりするんですが。今回は、よりいろんな人に共感してもらえる世界観の楽曲が多いかなと感じるところかもしれないですね。アレンジャーの方のサウンドで、それがさらに花開いた感じがしています。だから、歌っていても本当に新しい感覚がしてワクワクしました。

こちらはYouTubeのCYANOTYPEチャンネルに掲載されている「CYANOTYPE / キャラメル・シティ OFFICIAL MUSIC VIDEO」です。

CYANOTYPE / キャラメル・シティ OFFICIAL MUSIC VIDEO=CYANOTYPEチャンネルより

※アイデアニュース有料会員限定部分には、収録曲の『キャラメル・シティ』についての話を中心に伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。10月9日(土)午前11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、『紬 -tsumugi-』『間違傘』『After the Rain』『運命の環』『届かないラブレター』それぞれの曲について、さらにライブに向けた想いを伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■小山:シアノタイプはバイキング形式で面白い、いろんないいお料理をちょっとずつ

■海宝:『キャラメル・シティ』はキーが鬼高い。この表現をしたいと思い必死に練習

■海宝:楽しい曲書いてって。レトロな懐かしさ、ノスタルジーもありつつの明るさ

■西間木:MVではカットされている部分も収録された、初回限定版のCDとDVDをぜひ

<シアノタイプ ミニアルバム『PORTRAITS』>
2021年8月18日(水)発売 
公式サイト:
https://www.cyanotype.jp/

<関連リンク>
シアノタイプ 公式YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCxTCodQKiCh-eb6Y3LsJ9Zw
シアノタイプ 公式Twitter:
https://twitter.com/CYANOTYPE_jp

シアノタイプ 関連記事:

⇒すべて見る

海宝直人 関連記事:

⇒すべて見る

小山将平 関連記事:

⇒すべて見る

西間木陽 関連記事:

⇒すべて見る

※シアノタイプのみなさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月8日(月)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

海宝直人さん=撮影・岩村美佳
海宝直人さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. あんこ より:

    バイキング大好きな欲張りなので、シアノタイプも大好きです。今回のアルバムだと「キャラメル・シティ」が特にお気に入りです。
    誰もがニコニコする曲もいつか聴けるのを楽しみにしています♪

  2. ミキティ より:

    素敵な記事をありがとうございました。
    本日、久々のライブ行きます。
    歌はもちろん、3人のトークも毎回楽しみです。

  3. どれみ より:

    PORTRAITS、何回リピートしても飽きないアルバムですね!別れを歌った歌でも曲調が明るかったり、キュンとくるアレンジで、聴いてて前向きになれるんです。
    ライブで生音が聴けるなんて!楽しみにしてます♪︎

  4. げん より:

    海宝さんが歌うことで、歌詞の情景がぶわっと浮かんできます。この感覚がたまらなく好きです!

  5. 秋晴れ より:

    これまでも海宝さんの舞台、シアノタイプのライブを見て来ましたが、今回のアルバムでは今までに聴いたことがない新しい声にびっくり!更なる魅力に気付かせられました♪

    対談記事で9日のライブ、さらには今後の活動がますます楽しみになりました\(^^)/

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.