「答えが出ない感、今出す意味がある『紬 -tsumugi-』」 シアノタイプ鼎談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「答えが出ない感、今出す意味がある『紬 -tsumugi-』」 シアノタイプ鼎談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年10月9日

海宝直人さんがヴォーカルを務めるバンド・シアノタイプが、ミニアルバム『PORTRAITS』を2021年8月18日(水)に発売しました。そして、2021年10月9日(土)に、行徳文化ホールI&I(千葉県市川市)でワンマンライブを開催します。シアノタイプの皆さんのインタビュー後半をお届けします。『PORTRAITS』収録曲のうち、『紬 -tsumugi-』『間違傘』『After the Rain』『運命の環』『届かないラブレター』それぞれの曲について、さらにライブに向けた想いを伺いました。シアノタイプは、ボーカル海宝さん、ギター小山将平さん、ベース西間木陽さんによるロックバンドで、『PORTRAITS』全曲の作詞作曲は西間木さんが手掛けています。

(左から)小山将平さん、海宝直人さん、西間木陽さん=撮影・岩村美佳
(左から)小山将平さん、海宝直人さん、西間木陽さん=撮影・岩村美佳

ーー『紬 -tsumugi-』はいかがでしょうか?

小山:『紬 -tsumugi-』といえば海宝さんですよね。

西間木:全部海宝直人に喋らそう作戦だ(笑)。

海宝:じゃあ、僕がインタビューしますね。(西間木さんに)『紬 -tsumugi-』は元々すごく思い入れがあった曲だよね? この曲に関してはずっと話を聞いていたから。

西間木:この曲は、2019年1月頭に、スタジオに入ってキー合わせをしているんですよ。

海宝:だから仮歌は結構昔に録っているんだよね。

小山:そうなんだ?

西間木:そのぐらい以前に書いていた楽曲で、世界観が大きすぎて難しいなと、完成までに時間がかかったのはあるかもしれないです。やはりこれまではバンドサウンドの楽曲が多かったですが、この楽曲はもっとオーケストラ的な扱いをしたくて、作曲した時からそういう気持ちで作っていったので、アレンジャーの方にも伝えたところ、すごく丁寧に想いをすくい取ってこういう形にしてくださって嬉しいです。この曲が完成した時は、やはりじーんと来るというか。

ーー西間木さんが生み出した時から、大事に育ててきたんですね。

西間木:仮歌の段階から、早いうちにメンバーや関係者の方に聞いていただいていたので、そういう意味では、みんなで育てた感覚はすごくあります。ここまで長かったですね。

ーーMV(ミュージックビデオ)も含めて、とても壮大ですよね。

海宝:ドラマチックですよね。監督も音楽とこの世界観をしっかりと理解してくださって、色々とアイデアを出してくださいました。元々は、野外で撮影しようとしていたのですが、収録日に台風が来るということで、急遽廃墟に変更したんです。結果的には、退廃的な雰囲気とか、あの場所だからこそ撮れるものに仕上がりました。西間木くんの世界観から、監督が解釈して、さらにもう一個新しい視点みたいなものを盛り込んでくださったので、僕ら自身、新しい発見がありました。こういうメッセージを受け取ることもあるんだろうなとか、聴く人によってイメージする世界観が広がるんだろうなと。特にシネマティックなサウンドに仕上げてくださったので、さらに想像力を掻き立てる。出だしから突きつけられる歌詞で。

ーー特に今の時代に聴くと刺さるというか、その問いに答えは出るのかと自問自答しますね。

海宝:その答えが出ない感が、今出す意味がある曲だなと、いいタイミングなのかなと思います。

こちらはYouTubeのCYANOTYPEチャンネルに掲載されている「CYANOTYPE / 紬 -tsumugi- OFFICIAL MUSIC VIDEO」です。

CYANOTYPE / 紬 -tsumugi- OFFICIAL MUSIC VIDEO=CYANOTYPEチャンネルより

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『PORTRAITS』収録曲のうち、『紬 -tsumugi-』についてのお話の続きから、『間違傘』『After the Rain』『運命の環』『届かないラブレター』それぞれの曲について、さらにライブに向けた想いなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■小山:『紬 -tsumugi-』は一番重量感のある曲、『間違傘』That’s 16ビート

■西間木:『間違傘』の最後に雨が止んで『After the Rain』への繋がりを作りたくて

■小山:『運命の環』ライブ最後にこの曲をやるとニコニコ終われる。リゾートロック

■海宝:『届かないラブレター』ドラマチックに映像的な空気感が浮かぶ一曲に仕上がった

■海宝:このアルバム制作を経たからこそ生じる変化も含めて楽しんでもらえるライブに

<シアノタイプ ミニアルバム『PORTRAITS』>
2021年8月18日(水)発売 
公式サイト:
https://www.cyanotype.jp/

<関連リンク>
シアノタイプ 公式YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCxTCodQKiCh-eb6Y3LsJ9Zw
シアノタイプ 公式Twitter:
https://twitter.com/CYANOTYPE_jp

シアノタイプ 関連記事:

⇒すべて見る

海宝直人 関連記事:

⇒すべて見る

小山将平 関連記事:

⇒すべて見る

西間木陽 関連記事:

⇒すべて見る

※シアノタイプのみなさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月8日(月)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小山将平さん=撮影・岩村美佳
小山将平さん=撮影・岩村美佳
西間木陽さん=撮影・岩村美佳
西間木陽さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ココット より:

    御三方が笑顔で楽しそうにお話されている姿が自然と思い浮かぶような、素敵なインタビューでした。
    10/9の久しぶりのライブは、以前と変わらず最高にかっこいいパフォーマンスとゆるいトークで本当に楽しかったです!

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.