「僕とヒロキは、非常に難しい時代の2人を演じている」、一色洋平インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「僕とヒロキは、非常に難しい時代の2人を演じている」、一色洋平インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2021年11月30日

2021年12月8日(水)から12月29日(水)まで日生劇場で、2022年1月8日(土)から1月9日(日)まで梅田芸術劇場メインホールで、同年1月15日(土)から16日(日)まで愛知県芸術劇場大ホールで上演されるミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』 で、青年ラオウを演じる一色洋平さんのインタビュー、後半です。インタビュー(下)では、青年ラオウの役作り、「青年期」の役ならではの難しさ、トキ役の小野田龍之介さんと役作りについて話したこと、ラオウ役の福井晶一さんと宮尾俊太郎さんからの励みになる言葉、この作品に臨む想いやお客様へのメッセージなど、インタビュー後半の内容を紹介します。

一色洋平さん=撮影・岩村美佳
一色洋平さん=撮影・岩村美佳

――「兄弟の誓い」には、両親亡き後、ずっと自身の庇護下にあった弟トキが同じ武闘家を目指し「兄ちゃんを超えるんだ」と告げたとき、ラオウが「もし俺が道を誤ったときは、お前その手で俺の拳を封じてくれ」と言うシーンがあります。このシーンのラオウをどのように解釈していらっしゃいますか?

台詞の字面だけを追うと、ラオウはすごく優しくて弟思いで、「命をかけて弟を守る」ところもあると思うんです。多分ラオウには、そういう想像し難いほど優しい面と、想像し難いほど武闘家の面があるのだと思います。だからこそ、「崖から落とされて、やばい死ぬ!」という本当の極限状態でこそ爆発的に溢れ出る弟への愛と、修練で自分のことしか見えていないような描写の対比がすごく難しいんです。

ラオウは、「武闘家として自分が天下を取る。この世で一番強い人間になる」ということに、物凄い執着があると思うんです。だからやっぱり、「戦わない、戦えない弟」を、どこかで見限っている部分も正直あります。

僕とさち子さんと原作とで作った「青年ラオウ」は、そんな感じなんです。ちょっとでも優しくなると、さち子さんから「優しいところが出てる。そっちじゃない」と。やはり一番は「自分が武闘家として天下を取りたい」なんです。この思想が、もう子供の頃から出ているんですね。

弟のトキは、「自分も修行をする」とラオウに言うわけですが、そのときラオウの頭の中にはとても大きい「!」マークが出たんじゃないかと思います。このシーンのトキは歌詞の中で、「でも僕は怖いんだ。兄ちゃんが変わっていく」と言うんです。僕は、このシーンで、青年ラオウ自身も、青年トキに対して同じ思いを少し抱いていてもいいのかなと思っているんです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、「青年期」の役ならではの難しさ、トキ役の小野田龍之介さんと役作りについて話したこと、ラオウ役の福井晶一さんと宮尾俊太郎さんからの励みになる言葉、この作品に臨む想いやお客様へのメッセージなどインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「北斗神拳を本当に身につけたとき、人はどうなるのか」ラオウもトキも揺らぐ青年期

■トキ役の小野田くんと休憩中に会話。「勢いの中に、ちゃんと繊細なものを」と

■福井さんと宮尾さんが「いいバトンを貰っているよ」と。すごく励みになっています

■原作の力強さを追い風に。「新作」ならぬ「信作」ミュージカルにしたい『北斗の拳』

<ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』>
【東京公演】2021年12月8日(水)~12月29日(水) 日生劇場
【大阪公演】2022年1月8日(土)~1月9日(日) 梅田芸術劇場メインホール
【愛知公演】2022年1月15日(土)~1月16日(日) 愛知県芸術劇場大ホール
公式サイト
https://www.hokuto-no-ken-musical.com/
https://horipro-stage.jp/stage/musical_fons2021/

<関連リンク>
『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳』 Twitter
https://twitter.com/musical_fons
一色洋平 公式サイト
https://grandslam.ciao.jp/isshikiyohei/
一色洋平 Twitter
https://twitter.com/yohei_isshiki
一色洋平 YouTube
https://www.youtube.com/c/YoheiIsshiki
一色洋平 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/yohei-isshiki/

<キャスト>

ケンシロウ:大貫勇輔
ユリア:平原綾香・May’n(Wキャスト)
トキ:加藤和樹・小野田龍之介(Wキャスト)
シン:植原卓也・上田堪大(Wキャスト)
リュウケン:川口竜也
トウ・トヨ:白羽ゆり
マミヤ:松原凜子
レイ/ジュウザ:伊礼彼方・上原理生(交互役替わり)
ラオウ:福井晶一・宮尾俊太郎(Wキャスト)

バット:渡邉蒼
リン:山﨑玲奈・近藤華(Wキャスト)
リハク 他:中山昇
青年ラオウ 他:一色洋平
ライガ 他:後藤晋彦
フドウ 他:澄人
フウガ 他:田極翼
青年トキ 他:百名ヒロキ
ダグル(オリジナルキャラクター)他:宮河愛一郎
ミスミ 他:安福毅

飯作雄太郎
岩瀬光世
輝生かなで
坂口杏奈
内木克洋
中野高志
原広実
妃白ゆあ
福田えり
藤田宏樹
LEI’OH
大竹尚

『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』 関連記事:

⇒すべて見る

一色洋平 関連記事:

⇒すべて見る

※一色洋平さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2021年12月29日(水)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

一色洋平さん=撮影・岩村美佳
一色洋平さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. えつかる より:

    小野田さん宮尾さん福井さんとの言葉数は多くないけれども、ちゃんと芯で繋がっているんだなというところが読み取れました。客席から観ていても感じられる部分でもありますが、インタビューとして伺うととても力強いです。残すところ年内は後少しですが、全力で楽しみにしています。

  2. モチ より:

    一色さんの日生劇場デビューを目撃しに初日に観劇して来ました!!青年ラオウだけでなく、多くの役をこなしていてそう言った意味でも楽しみがたくさん詰まっていました。観劇後、改めてインタビューを読み返すのも良いですね。

    これからも”信作”であるこの作品も、一色さんも進化していくのだろうなと思うので、それを楽しみにまた観に行きます!!

  3. さすけ より:

    豪華キャストで見応えのある作品になりそうだと楽しみにしています。
    一色さんの日生劇場デビューを応援したいです!

最近の記事

■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.