「3日目には敬語をやめた」、『The Song of Stars』、内藤大希・木内健人(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「3日目には敬語をやめた」、『The Song of Stars』、内藤大希・木内健人(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年12月21日

2022年1月7日(金)にコットンクラブで開催される、旬なミュージカル俳優によるライヴ・シリーズ『The Song of Stars』〜Live Entertainment from Musical〜の第4弾に登場する内藤大希さんと木内健人さんにインタビューしました。「上」では、とても仲良しなお二人が、お互いの存在を知ったときのエピソードや、『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』の稽古の時のこと、『レ・ミゼラブル』で、マリウスとアンジョルラスとして共演して感じたことなどを紹介します。「下」では、今回の『レ・ミゼラブル』で3回目のマリウスを演じられた内藤さんが感じたこと、初めてのアンジョルラス役に取り組むにあたり木内さんが心がけたこと、お客さまへの思い、新年の抱負などについて伺ったインタビュー後半の内容を紹介します。

内藤大希さん(右)と木内健人さん
内藤大希さん(右)と木内健人さん

(※このインタビューはリモートで実施しました)

ーー『レ・ミゼラブル』で共演されているお二人ですが、今回の『The Song of Stars』は、どのような経緯で開催が決まったのですか?

木内:ライブをしたいとちょうど思っていた時期に、このお話をいただいたんです。まさか、コットンクラブという場所でできるとは思ってもいなかったですし、しかも、内藤大希くんと一緒にライブをしてみたかったので、「ぜひ! やらせていただきたいです」と。

内藤:コットンクラブが、とてもおしゃれな場所だということはわかっていたのですが、まさか自分がその場所に立てるとは思っていませんでした。ライブをする機会そのものも、最近はあまりなかったんですよ。ケンティー(木内さん)と二人でやらせていただけるとなると、やっぱり心強いです。とてもいい機会をいただいたと思っています。ケンティーとは、『ジョセフ』(ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』)で稽古を一緒にしていたんです。この公演は中止になってしまって、本番としては『レ・ミゼラブル』で初めて共演できたという仲です。今回、デュエットもできたらいいねという話もしています。

木内:デュエットもそうですし、一人でライブをやるよりも、二人の方がいろいろなチャレンジができると思っています。事務所の先輩の上口耕平さんが、先日、コットンクラブでライブをされたときに拝見したのですが、コットンクラブはおしゃれなだけではなく、やはり音響がものすごく良いんです。歌う立場の者として、「ここでライブができるなんて!」という気持ちです。しかも、ミュージカル曲の男性二人のデュエットって、男女のデュエットに比べると、聴いていただく機会があまりない気がするので、そこも楽しみにしていただけたら嬉しいですし、新境地へのチャレンジを二人でできたらと思っています。

ーー『レ・ミゼラブル』の曲がメインになりそうな構成ですか?

木内:僕と大希くんの組み合わせなので、もちろんレミゼの曲もありますが、ミュージカル曲のソロや歌ってみたかった曲などもあります。

ーー『レ・ミゼラブル』の曲も含まれつつ、デュエットやソロなど、バリエーション豊かなライブになりそうですね。

二人:はい!(同時に)

ーーZoomでそれぞれの場所からインタビューさせていただいているのですが、まるで一緒にいらっしゃるかのように、息ぴったりですね(笑)。当日歌う楽曲は、どのように決めていらっしゃいますか?

内藤:リストを出し合ってという感じだったよね。

木内:そうだね。ミュージカルで歌いたい曲を並べていくと、いっときの巨人打線みたいな、四番バッターの集まりみたいなライブになりがちなので、バランスを二人で相談しながら考えました。

ーー先ほどの話に少し戻りますが、お二人は、『ジョセフ』のお稽古が初対面だったのですか?

内藤:はい。でもその前から、お互いに名前は知っていました。『ジョセフ』の稽古では、二人とも声が割と上のパートだったので、ケンティーと二人で一緒というパターンが多かったんです。芝居パートでも、兄弟の役だったので近くにいることが多かったですね。あと僕、『タイタニック』を観に行ったことがあるんですよ。上口耕平くんなどの、仲の良い共演者の友達が出ていて。その時、まだケンティーのことは名前しか知らなかったんですけれど、幕間に調べたんです。「ハートリー役やっている役者さん誰だろう、すごい!」って思って。なんか、ケンティーが素敵で。

木内:それは、初耳だわ。めっちゃ恥ずかしいじゃん。

内藤:でも、すごくない? 僕、本当にケンティーのこと知らなかったんですよ。でも、なんて素敵なんだろう、この役、誰がやっているんだろうって思ったら、それがケンティーだったんですよ。なので、『ジョセフ』で共演する時、すごく嬉しくて。

ーー木内さんは、このお話、初耳だったのですね。

木内:初耳です! 男性同士って、そういうの恥ずかしくてあまり言わないです。

内藤:言ってなかったっけ?

木内:聞いてない。

内藤:あら。

木内:『タイタニック』観たっていうのは聞いていたけど、恥ずかしい。照れる(笑)。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』の稽古の時のこと、『レ・ミゼラブル』で、マリウスとアンジョルラスとして共演して感じたことなどインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。12月22日11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、今回の『レ・ミゼラブル』で内藤さんが感じられたこと、初めてのアンジョルラス役に取り組むにあたり木内さんが心がけたこと、お客さまへの思い、新年の抱負などについて伺ったインタビュー後半の内容を紹介します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■木内:マリウスのオーディションに落ちて「誰がなったんだ?内藤大希か」って

■内藤:新キャストたちが「こうしたい」と来てくれる。乗っかるのが楽しかった

■内藤:みんなの声を聞き、寄り添って気にかけてくれるケンティーのアンジョルラス

■木内:内藤くんのマリウスには、アンジョルラスとして「負けそう」って思いました

<内藤大希×木内健人『The Song of Stars』〜Live Entertainment from Musical〜>
【東京公演】2022年1月7日(金) COTTON CLUB
公式サイト
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/taiki-naito-kento-kinouchi/

『The Song of Stars』 関連記事:

⇒すべて見る

内藤大希 関連記事:

⇒すべて見る

木内健人 関連記事:

⇒すべて見る

※ 内藤大希さんと木内健人さんのサイン色紙をそれぞれ3枚ずつ、有料会員6名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは1月21日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

内藤大希さん
内藤大希さん

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. すずらん より:

    内藤大希さんの記事を掲載してくださりありがとうございます。今回はCOTTON CLUBでのライブとの事で場所的に躊躇していたのですが、こちらの記事を読ませて頂きやっぱり観に聴きに行きたいと思い切って行く事にしました。木内健人さんとの仲の良さも伝わりとても楽しく興味深く拝読致しまた。ありがとうございました。

  2. かみの より:

    インタビュー記事を掲載いただき、ありがとうございます!
    内藤さん、木内さんのお互いの印象やエピソードなど初めて聞くお話がたくさんで読み応えがありました。このあと、続きのインタビューも拝読いたします!

  3. モンブラン より:

    木内さんの歌は、心をグッと掴まれる様な、その様な歌声で、いつ聴いても心地良く、また可愛い面も持ち合わせた、すごく素敵な俳優さんです。来年もこのコンサートを始め、色々な場面で拝見したいと思います。

  4. ゆか より:

    いつも充実のインタビューありがとうございます!
    リモートとは思えないお2人の息の合いっぷりにキュンキュンしちゃいました💖
    初共演となるはずだったジョセフお稽古場でのエピソードや、レミでのお2人の様子が伝わってきて、とても嬉しかったです!

    続きも期待しております😊

  5. かな より:

    レミゼのお稽古の様子やお互いの印象をたくさん知ることができて、とても嬉しい内容でした。ジョセフでの共演が幻になってしまったのは残念ですが、またいつか共演シーンが見てみたいです。(…というか、ぜひまたマリウス&アンジョで!)なんだかお二人の対談は落ち着いた空気感で素敵だな~と思いました。後編も楽しみです。

  6. より:

    ファンにとって、とても嬉しいインタビュー記事を掲載いただき、ありがとうございます。
    今年のレミゼで木内健人さんのファンになりました。
    木内健人さん内藤大希さんペアのレミゼ観劇を思い出しながら記事を拝見しておりました。お2人の組み合わせのレミゼをまた見たくなりました。
    年明けのライブもとても楽しみにしています。

  7. なつこ より:

    おふたりのインタビューとても嬉しいです!
    お互いを認識したエピソードや、レミゼでのお話など、初めて聞くお話がたくさんで、とても楽しく読ませていただきました。
    インタビュー後半も楽しみにしています!!

  8. くま吉 より:

    知らないことだらけでワクワクしながら楽しく読ませていただきました。
    読みごたえたっぷり!お二人の関係性はもちろん、お二人のお人柄までも垣間見えて、続きが楽しみです。
    ありがとうございます!

  9. mikako より:

    初めて聞くエピソードをたくさんありがとうございます!おふたりの仲の良い空気を感じながら楽しく読ませていただきました。
    きっと素敵なライブになるだろうなと、お話を聞いてますますワクワクしています。
    「下」でのお話も楽しみに待っています!

  10. まき より:

    お二人の仲の良い感じがビシビシ伝わってきて、読みながら終始ニヤニヤしてしまいました。
    お互いを認識したタイミングなど、他では聞いたことがないエピソードを知れてとても楽しめました。
    「下」もはやく読みたいです!

  11. どらみ より:

    今年のレミゼで1番好きだった組み合わせが、内藤大希くんのマリウスと木内健人くんのアンジョルラスでした。幼馴染のような、付かず離れず、でもお互いを理解し合っている雰囲気が好きだったのですが、今回のインタビューを読んで納得しました。素敵なインタビューをありがとうございます!下編も楽しみです!

最近の記事

■ 2022年12月掲載分
■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.