「やっぱり舞台って難しいな」『夜来香ラプソディ』、白洲迅(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「やっぱり舞台って難しいな」『夜来香ラプソディ』、白洲迅(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年3月6日

2022年3月から4月に東京・名古屋・大阪・長岡で、音楽劇『夜来香(イエライシャン)ラプソディ』が上演されます。本作は、第二次世界大戦末期の上海を舞台に、人種やイデオロギーの壁を乗り越えコンサートを開催しようとした人々を描く物語です。日本軍の支配下にも関わらず、租界という名の治外法権が存在し、嵐の中の台風の目のように様々な国の文化が行き交い育まれていた当時の上海。同時に日本軍に対抗する中国国内の政治勢力の思惑も蠢き、“魔都”とも称される都市でした。その上海にやってきた「蘇州夜曲」や「別れのブルース」などのヒット曲を世に送り出した新進気鋭の作曲家・服部良一を中心に、音楽を通じて絆を結び合う人々の葛藤と夢を描くドラマとなります。演出を務めるのは、河原雅彦さんです。

アイデアニュースでは、黎錦光(れいきんこう)を演じる、白洲迅さんにインタビューしました。インタビューは、上、下に分けてお届けします。「上」では、作品や役のこと、久しぶりの舞台出演について、舞台に感じる魅力、役づくりや演出の河原さんとお話していること、共演者の松下洸平さんとのことなどについて話してくださった内容を紹介します。

「下」では、松下洸平さんが演じる服部良一と黎錦光との関係性が、実際の白洲さんと松下さんの関係性にリンクすると感じること、共演者の山西惇さんと山内圭哉さんの素晴らしさ、稽古しながら感じていること、30歳をむかえる今の思い、今後の抱負、挑戦してみたい役、本作への思いについて伺った内容や、お客さまへのメッセージを紹介します。

白洲迅さん=撮影・岩村美佳
白洲迅さん=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは、2月初旬に実施しました)

ーー今、お稽古の進み具合はいかがですか?

1幕まで、全部荒通しができた段階です。

ーー今、1幕まで終えられて、白洲さんご自身は、どのような手応えを感じていらっしゃいますか?

「やっぱり舞台って難しいな」というのが、正直な感想ですね。

ーー舞台へのご出演は、久しぶりですよね。

「何が難しいのか」ということすら、「一個一個噛み砕いていかないと」と思って、日々稽古に臨んでます。言葉をやり取りしながら、どの場面で、どんな感情が起こって、どのような思いが生まれるのかとか。一つ一つをしっかりと受け止めていかないとなと。こういうところが、映像との違いだと感じています。

映像の場合は、印象付けたいところを、カメラが顔をアップにして映してくれるなど、カメラもストーリーを伝える役割を担ってくれています。でも舞台は、人の目を自分で引きつけねばならないので、一つ一つの心情を、より大事にしないと伝わらないなと。稽古が始まって、難しいと感じているのはそこだと思います。今は、いろいろと試している段階ですね。

ーー白洲さんが、舞台作品に感じる魅力や、取り組みたいと思われるのは、どのような点にありますか?

本番ももちろん大事なのですが、僕の中で一番に魅力的に思うのは、「稽古期間」です。今回の作品では、1ヶ月以上ですし、これくらいたっぷりと時間をかけて、「ああでもない、こうでもない」と、ディスカッションしながら作品を作り上げていくこの時間が、とても贅沢だなと思うんです。

特に、ドラマの現場の場合には、台本をいただいて、自分で読み込んで、解釈をして、現場に入る。そこで、みんなで合わせながら進むので、話し合いをする時間は、ちょっとしかないんです。もちろん、一瞬の集中力が求められたり、舞台とは違った面白さがあるのですが、しっかりゆっくり時間をかけて作品を作っていると、「本当にモノを作っているなあ」と、より感じます。

ーー今回の『夜来香ラプソディ』について教えてください。まず、白洲さんが演じられる黎錦光(れいきんこう)という役について、お伺いさせてください。

黎錦光は、中国人の才能ある作曲家です。タイトルにも入っていますが、「夜来香」という曲の作曲家です。当時でいうと、若手の作曲家になるんですかね。

ーー作曲家という役を演じるにあたって、いかがですか?

そこが、難しいんですよね!(笑)

※アイデアニュース有料会員限定部分には、役づくりや演出の河原さんとお話していること、共演者の松下洸平さんとのことなどインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。3月7日掲載予定のインタビュー「下」では、松下洸平さんが演じる服部良一と黎錦光との関係性が、実際の白洲さんと松下さんの関係性にリンクすると感じること、共演者の山西惇さんと山内圭哉さんの素晴らしさ、稽古しながら感じていること、30歳をむかえる今の思い、今後の抱負、挑戦してみたい役、本作への思いについて伺った内容やお客さまへのメッセージ、などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■李香蘭についての書籍に登場する黎錦光から、イメージを膨らませていけたら

■河原さんが「この時代の人の生きる熱量を出すには、思い切り苦しく、楽しく」と

■気心知れている洸平くんと、こんな序盤から、役や作品について熱く語り合っている

■洸平くんが、熱量高く演じている服部良一さんは、ものすごく「音楽バカ」

< cube 25th presents 音楽劇『夜来香(イエライシャン)ラプソディ』 >
【東京公演】2022年3月12日(土)~3月27日(日) Bunkamuraシアターコクーン
【愛知公演】2022年4月3月(日) 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
【大阪公演】2022年4月7日(木)~4月10日(日) サンケイホールブリーゼ
【新潟公演】2022年4月16日(土) 長岡市立劇場 大ホール
公式サイト
https://www.cubeinc.co.jp/archives/theater/cube25thpresents

『夜来香ラプソディ』 関連記事:

⇒すべて見る

白洲迅 関連記事:

⇒すべて見る

※白洲迅さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月6日(水)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

白洲迅さん=撮影・岩村美佳
白洲迅さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. M より:

    今まで詳しくミュージカルの事を詳しく掘り下げてのインタビューは初めてだったのでミュージカルの内容や役への考え方などミュージカルがさらに楽しみになるようなインタビューでした。ありがとうございます。開幕まで楽しみです。

  2. moe より:

    素敵なインタビューとお写真をありがとうございます!何度も読み返したい記事です。私は地方在住で今回の舞台を観に行けないので、舞台に出演される白洲さんを取り上げて下さりとても嬉しいです!
    読んでいて「贅沢な稽古期間を経て、出演者の皆さんや演出の河原さんと作り上げた舞台は素晴らしいものに違いない!」と観に行けないながらもワクワクして来ました!
    何度も読むのでなかなか「下」に行けません!
    これから読む「下」も楽しみです!

  3. はっとり より:

    読み応えのあるインタビューと素敵な写真ありがとうございます。控えめで知的だけど、秘めた熱いものを持ってる白洲迅くんと黎錦光さんはどこか似ている印象を受けました。そんな黎さんを更に熱量を上げてどう演じるのか、楽しみです。
    そして、河原さん松下さん筆頭に、深いディスカッションが出来てるという舞台、期待しかありません。
    下のインタビューも楽しみにしてます。

最近の記事

■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
■ 2022年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.