「ちゃんと力点があって放物線を描くような言葉を」、村井國夫・小西遼生対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「ちゃんと力点があって放物線を描くような言葉を」、村井國夫・小西遼生対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年4月8日

2022年4月7日(木)に、東京・日生劇場で開幕する、ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』に出演する、ジェイコブ役の村井國夫さんとファラオ役の小西遼生さんの対談インタビュー、後編です。「下」では、音楽や演出のこと、これまでに共演経験もある小西さんと村井さんならではのお話、村井さんが「言葉」について考えられていること、カンパニーのメンバーの素晴らしさやお客さまへのメッセージについて伺った内容を紹介します。

村井國夫さん
村井國夫さん
小西遼生さん
小西遼生さん

(※このインタビューは、3月末に実施したものです)

ーー村井さんは、この作品の音楽についていかがですか?

村井:一つ一つが刺激的な音楽で、とても素晴らしいですね。物語を喋るというより、夢を表すというような感覚です。ジョセフの歌はバラードだし、小西のファラオが歌うロックンロールもあるし。なんでロック?となりそうなところだけど。

小西:聖書の中に登場するファラオは、そもそもかなり破天荒なんです。それ故に、ロックという遊び心なのかも。

村井:音楽的に本当に楽しい作品ですよね。聴いていて楽しいですし。こんなにも、聴いていて楽しいというのは、なかなか珍しいなと感じています。『ジーザス』を作る前のロイド=ウェバーさんなので、いろいろなことを試しているんだろうなと音楽から感じます。

ーー歌う時には、どのように感じられていますか?

村井:僕は、ほとんど歌わないですよ。

小西:村井さんはいつも歌いたくないって言いますけど、そんなことないですよね!(笑)。

村井:(笑)。だって、下手なんだよ。難しいんだよね、今回のは。

小西:村井さんの歌声を聴きたいですもん。

村井:小西くんのファラオのロックンロールは本当にいいですよ。ロック?と思いながら見てますけどね(笑)。

ーーファラオは「満を持して出てくる」という雰囲気ですよね。

村井:そう。「おまちどうさま」というタイミングでね。

ーー今回、演出ではどのような表現がされるのでしょうか? 例えば、ビジュアル的なことなど、教えてください。

小西・村井:美しいですよ。

小西:演劇的に考えられていて、すごくシンプルで人力な感じです。そこがいいんですよ。ほぼ「素の舞台」みたいなところで演じるシーンが多いです。絵本の中の物語に見えるような仕掛けもあります。

村井:最初は、学校で観せるための作品として、ロイド=ウェバーさんが作っていたということもあり、「子どもに話を聞かせる」という演出があります。子どもが夢を見て「ジョセフ、もっと話を聞きたい」と言うシーンがあるんですよ。プロジェクションマッピングなどを使うのではない演出が楽しいですね。観ていると、ドキドキするし、子どもが観るときっと喜ぶだろうなあと思います。お子さんにも観ていただきたいですね。

ーーロイド=ウェバー作品の演出は定められていることが多いですが、この作品の演出は、ダレンさんの発想に一任されていると伺いました。

小西:今回、子どもたちがずっと舞台の上にいるのですが、それもダレンさんがアレンジした演出なんです。舞台のどこかしらで、ナレーターと一緒に物語を観ているという。そうすることによって舞台上で起きる全ての物語が子供たちに向けられてるとわかります。そして「こういうことが起こったよ。じゃあ、ここから何を学ぶ?」と、ナレーターが子どもに言っている内容がお客さまに伝わると、物語の奥行きが出てとても有機的になるんじゃないかなと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、これまでに共演経験もある村井さんと小西さんならではのお話、村井さんが「言葉」について考えられていること、小西さんとジョン・ケアードさんのエピソード、カンパニーのメンバーの素晴らしさやお客さまへのメッセージについて伺った内容など、インタビューの後半の全文を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■村井:ちゃんと力点があって、放物線を描くような言葉をかけることを大事にしたい

■村井: 日本語の場合は子音が大事なんだよね。 海外の作品は、そこを上手く伝えなきゃ

■小西:「このメンバーが揃っていて、この人、ソロ歌わないの?」というぐらい贅沢

■小西:考えるのではなく、身体で感じる楽しさがある作品 村井:とにかく楽しんで

<ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』>
【東京公演】2022年4月7日(木)~4月29日(金・祝) 日生劇場
【愛知公演】2022年5月5日(木・祝)~5月7日(土) 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
【大阪公演】2022年5月12日(木)~5月16日(月) オリックス劇場
公式サイト
https://www.josephthemusical.jp/

『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』 関連記事:

⇒すべて見る

村井國夫 関連記事:

⇒すべて見る

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

※村井國夫さんと小西遼生さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月8日(日)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. じゅんこ より:

    いつも、興味深い内容で楽しませていただいてます。これからも宜しくお願いいたします。

  2. ぽち蔵 より:

    (上)に続いてとても心に届く対談でした。
    お二人の真摯さに頭が下がります。
    大千穐楽まで無事の公演をお祈り申し上げます!

  3. ロゼ より:

    素晴らしいお二人の貴重な対談。
    宣伝というよりも、本当に考えとか、言葉をされていることとか、他のインタビュー記事ではお見掛けしない。
    今回も興味深く読ませて頂きました。
    次に観るとき、言葉を意識して観ちゃいます。
    素敵な記事をありがとうございました!

  4. みゆき より:

    村井さんの「日本語を大事に」というお話の説得力。佇まいと意識された言葉があるからこその存在感の素晴らしさ。その大きな姿をお手本にされている小西さんがこれから年を重ねてどんな役者さんになっていくのかますます楽しみになる対談でした。

最近の記事

■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.