「ジェンダーへの疑問を。朱里と共に考える」、Musical『The Parlor』美弥るりか(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「ジェンダーへの疑問を。朱里と共に考える」、Musical『The Parlor』美弥るりか(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年4月26日

Musical『The Parlor』が2022年4月29日(金・祝)から5月8日(日)まで東京・よみうり大手町ホールで、5月14日(土)と15日(日)に兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで上演されます。小林香さんが創作するオリジナルミュージカルで、主演は、美弥るりかさん(孤高のゲームクリエイター・円山朱里)です。朱里の曽祖母・祖母・母が、「談話室」・「美容室」・「喫茶室」と、形を変えながら3世代にわたり連綿と守り継いできた「ザ・パーラー」を舞台に、女性たちの物語が描かれます。

アイデアニュースでは、美弥るりかさんにインタビューしました。合同取材と独自インタビューの内容を、上、下に分けてお届けします。「上」では、脚本を読んで感じたこと、役と自身がリンクすること、小林香さんの稽古場で感じていること、アレクサンダー・セージ・オーエンさんの音楽のことなどについて伺った合同インタビューの内容と写真を掲載します。「下」の無料部分では、宝塚OGの剣幸さんと花乃まりあさんとの共演について伺った合同取材の内容を紹介します。有料部分では、美弥さんにとっての「ザ・パーラー」のような場所のこと、役とご自身が重なることについての具体的なお話、『ヴェラキッカ』のこと、『The Parlor』を楽しみにしている方へのメッセージなど、独自インタビューの全文を掲載します。写真は全て独自撮影です。

美弥るりかさん=撮影・岩村美佳
美弥るりかさん=撮影・岩村美佳

ーー本作に出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

小林香さんとは、以前ご一緒したことがあります。「新しく本を書くので、出演してほしい」とお声がけいただき、とても嬉しかったです。ぜひ挑戦したいと思いました。ご自身で生み出された作品を、「ぜひやってくれませんか?」と言っていただけるのは、とても光栄なことですから。その人にしか生み出せない作品の登場人物として、自分が生きていくというのは、ゼロからのスタートということもあり、とてもやりがいを感じています。

ーー脚本を読まれた時の印象は、いかがでしたか。

親子三世代の話で、時代が変わるにつれて「女性の悩み」が少しずつ変化しているんです。根本的なものは変わらないのかもしれませんが。私自身も今生きながらつまづくこと、感じることともたくさんリンクするものがあるなと思いました。何より、主人公の朱里ですね。

 彼女は小さい頃に母親を亡くしたりと、いろいろなものを抱えているのですが、その中のひとつに、「女性が男性よりも弱い立場でいること」があります。「それに対して立ち上がるぞ!」と思っている人ではないのですが、彼女自身が、憤りを感じているところがあります。 私自身はジェンダーは自由であってほしいと思っているので、私が朱里を演じることで、よりリアルさが出て、ひとりでも多くの人に共感していただけたり、見つめ直すきっかけになったりする人物として、演じられたらいいなと思いました。

宝塚を卒業して男役というベールを脱いで、どうやって生きたいかと考えたときに、性別に垣根なんてないのに、どうして「女優」と言うのだろうと思ったり、すごく不思議だったんです。「男役が終わったのだから、ドレスを着て歌いたいか」と言われたら、私はそうは思わなかったのです。無理することでもないし、いつかそうしたければそうすればいいと思ってきました。だから、「演じることにおいて性別を持つ必要がない」と自然に思えて、「ジェンダーフリーな活動をしていきたい」と言うことができました。

ーーお稽古では、小林さんにはどのようなことを求められていますか?

これまで、特徴のある役が多かったので、「普通の人間」を演じたことがないんですよ(笑)。朱里が普通かというと…そもそも「普通とはなんだ」という話になってしまいますが。でも彼女は日本人であり、世代も自分と近く「この瞬間を生きている人」というキャラクターなので、私としては初めてのジャンルです。

ーー「等身大」なのですね。

「普通の人」って、どんなふうに喋るんだろうと(笑)。今までが、結構きつい役といいますか、悪役や幻だったりしたので、まず最初にそこが大きな壁となりました。もう一つ難しかったのが、出演者の皆さまがとてもハートフルな方ばかりなことです。人々が集まる場所を作りたいという思いで作られた「パーラー」に相応しい温かさを、皆さまがもっていらっしゃるので、芝居の一言一言にその温かさが滲み出ているんです。そうなると、朱里ではなく本名の私がその温もりのある場所に、つい行きたくなっちゃうんですよ。暖炉に当たりたくなってしまうといいますか。

そこが、今葛藤しているところですね。朱里としては「人と関わりたくない」ので、そういう人たちを最初は拒絶しなくてはいけないのですが、話を聞いていると「素敵だな」と自然と感じてうるうるしてしまったり。でもそうなると朱里ではなくなってしまいます。今まで味わったことのない感覚を毎日味わっています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、小林香さんの稽古場で感じていること、アレクサンダー・セージ・オーエンさんの音楽のことなどについて伺った合同インタビューの内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。27日掲載予定のインタビュー「下」の無料部分では、宝塚OGの剣幸さんと花乃まりあさんとの共演について伺った合同取材の内容を、有料部分では、美弥さんにとっての「ザ・パーラー」のような場所のこと、役とご自身が重なることについての具体的なお話、『ヴェラキッカ』のこと、『The Parlor』を楽しみにしている方へのメッセージなど、独自インタビューの全文と写真を掲載します。写真は全て独自撮影です。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「初めまして」の本読みの後、みんなでセッションする場がとてもよかった

■かなり濃い立ち稽古。稽古3日目にして心がすでにくっついてきている感じ

■古きよきものと、最近の流行っているリズム感が合わさっている音楽

■曲のリズムがシンコペーションの連続。いかに日本語に寄せていくか

<Musical『The Parlor』>
【東京公演】2022年4月29日(金)~5月8日(日) よみうり大手町ホール
【兵庫公演】2022年5月14日(土)~5月15日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
公式サイト
https://theparlor.jp/

『The Parlor』 関連記事:

⇒すべて見る

美弥るりか 関連記事:

⇒すべて見る

※美弥るりかさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月26日(木)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

美弥るりかさん=撮影・岩村美佳
美弥るりかさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ぴーたん より:

    美弥さんが演じることにとても意義があり、ご自身にとってもやりがいのあるお役に出会われたことを感じ幸せな気持ちになりました。
    お気持ちが丁寧に綴られた文章にナチュラルな雰囲気の素敵なお写真達、今回も上下に渡って中身が濃く、質の高い記事を読むことができ嬉しく思っています。ありがとうございます。
    公演も全公演完走。たくさんのメッセージが込められていて、出会えて本当に良かったと思える素晴らしい作品でした。

  2. かずいち より:

    TheParlor、東京公演、拝見しました。
    前作ヴェラキッカは、幻想の中に惹き込まれての感動でしたが、等身大の現代の女性を生きる美弥さんの繊細な演技は、ジワリと心に染み渡る感動でした。兵庫公演も楽しみにしています。

  3. じゅんじゅん より:

    ステキな記事をありがとうございます😊
    何よりもお写真が素敵でドキドキしちゃいます💓

  4. どらごんた より:

    初めて演じる等身大の“普通の”役どころ…濃密なお稽古…尊敬する大先輩との共演…インタビューを読んで、ますます「The Parlor」が楽しみになりました‼️
    美弥さんが今、巡り会うべくして巡り会った作品のような気がします😌
    ポートも、どれも透明感があって素敵ですね✨

  5. エビ より:

    オリジナルのミュージカル楽しみにしてます。色々な苦労もおありでしょうが!美弥さんの新しい姿が観られると思うとワクワクします。岩村さんの写真もとても素敵でした。

最近の記事

■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.