「“ひりひり”しながら必死の稽古場。4日目に通しも」、鈴木勝吾・梅津瑞樹(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「“ひりひり”しながら必死の稽古場。4日目に通しも」、鈴木勝吾・梅津瑞樹(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2022年6月10日

2022年6月10日(金)から19日(日)まで、東京のよみうり大手町ホールで上演される『ひりひりとひとり』に出演する、工藤春男役の鈴木勝吾さんと、ぴーちゃん役の梅津瑞樹さんのインタビュー後編です。「下」では、稽古をしながら感じること、石丸さち子さんの演出のこと、ミュージカル『薄桜鬼 真改』相馬主計 篇」で共演した時のことを踏まえながら今回お互いについて感じていることについて話してくださった内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

鈴木勝吾さん(左)と梅津瑞樹さん(右)=撮影・NORI
鈴木勝吾さん(左)と梅津瑞樹さん(右)=撮影・NORI

――お稽古は、いかがですか?

鈴木:良い意味で殺伐としてきました。梅ちゃんが、ちゃんと最初から全力で飛ばしてきてくれて。

梅津:もう既に稽古場が、高速道路を走っているみたいな感じです。

鈴木:「行く温度」を感じたから、ですね。事前に石丸さんから「時間がない。もうガツガツとりあえず進みたい」というのを聞いていたので。稽古期間が1ヶ月ないぐらいなのに、やることは結構ハードで、これを一つの作品にまとめるのは難しいだろうなと。だからそういう面持ちで行って、4日目に一応通しまでやりました。

――稽古4日目に、通しをされたのですか!?

鈴木:粗々通しですね。もちろん全然バラバラだし、細かいところも調整せずに「とりあえずやってみる」ということを。それぞれに与えられたタスクなだけに、みんな「ひりひり」しながら、とりあえず必死でやりました(笑)。

――春男にとって、「ぴーちゃん」は自分の人格のひとつで、一方「ぴーちゃん」にとって、「ハルオ」は主人格です。その関係性を演じるに当たり、意識されていることはありますか?

鈴木:僕(春男)にとっては「向き合いたくない自分」なんですが、「ぴーちゃん」という役が存在する以上、自分の中にあるということも明確に自覚しています。だから「西郷さん」にしても、「ぴーちゃん」にしても、どちらも自分の中にいるというのは、よくあることなのかなと思うんです。

例えば、「そんなことを思う自分は嫌だ」と自分の正義感と葛藤して、自分の人格形成に関わってしまうようなことを思うこともあるじゃないですか。「そう思ってしまうこと」を受け入れるのに、人はすごく時間がかかるんだなと思ったので、2人に対して稽古場では、めちゃくちゃ向かっていっているんです。とにかく「西郷さん」と「ぴーちゃん」に対してはもう、「お前らッ!」って(笑)。それを2人は、何か真剣というよりは、たゆたうように…。

梅津:逃れる(笑)。

鈴木:だから余計腹立つというか(笑)。でも逆に「そんなに反抗しても、要るものは要るよ」と言われているような…。僕からは2人に対してそんなふうに思っています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、石丸さち子さんの演出のこと、ミュージカル『薄桜鬼 真改』相馬主計 篇」で共演した時のことを踏まえながら今回お互いについて感じていることについて話してくださった内容と、お客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■梅津:「ハルオ」が怒ってくれるほど、「ぴーちゃん」は楽しくてしょうがない

■鈴木:石丸さんの中にある「真剣に向き合っていれば正解の1つ」という正義

■鈴木:「ひりひり」しても「今」を大切に繋げていくことが、いつか何かに繋がる

■梅津:『薄桜鬼』で揺さぶってくれた勝吾さんを、揺さぶり返せるのが楽しみ

<『ひりひりとひとり』>
【東京公演】2022年6月10日(金)~19日(日)よみうり大手町ホール
公式サイト
https://s-ist-stage.com

『ひりひりとひとり』 関連記事:

⇒すべて見る

鈴木勝吾 関連記事:

⇒すべて見る

梅津瑞樹 関連記事:

⇒すべて見る

※鈴木勝吾さんと梅津瑞樹さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月9日(土)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

鈴木勝吾さん(右)と梅津瑞樹さん(左)=撮影・NORI
鈴木勝吾さん(右)と梅津瑞樹さん(左)=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. まい より:

    インタビューを通して「ひりひりとひとり」がどのように生まれたのか、稽古の様子、お二人の関係性などもとてもよく分かり素晴らしい記事でした。また梅津さんが出演を決めたきっかけのお話が特に興味深く、親友役よりも色んな役を表現出来る二重人格のぴーちゃんを自ら選ばれたというのはとても梅津さんらしい思考だと感じました。劇場で観る時の更なる楽しみの一助になりました。ありがとうございました。

  2. ふじ より:

    昨日今日と観劇させて頂きました。色々と考えられざわざわひりひりする作品でした。梅津さんの自由なぴーちゃんに胸が締め付けられました。

  3. まめゆき より:

    今の自分がこの作品を観て何を感じるのか何を受け取るのか、自分自身楽しみにしています。
    千秋楽まで無事に駆け抜けられますよう祈っています!

  4. きき より:

    2年前からいつか上演されることを願っておりました。このタイミングでの深いインタビューを拝読し、ますます観劇が楽しみになりました。
    こちらでは以前から鈴木さんの記事を読んでおりましたので、実は密かにお待ちしておりました。
    濃密な記事と素敵なお写真をありがとうございます!

  5. エル より:

    (上)に続き、(下)も大変興味深く拝読いたしました。
    お2人が以前共演された作品を観劇させていただいた際、ぶつあり合い響き合うような熱を客席でも感じておりましたので、役での立場が逆転される今回の公演では、どのようなお芝居、劇場での空気を感じることが出来るのか、更に楽しみになりました。
    作品とお芝居に対するお2人の熱で、拝読するだけでひりひりしております(笑)。本日からの公演を楽しみに、また観劇後に記事を読み返させていただきたいと思います。素敵な記事をありがとうございました!

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.