「最初は“おい!丈晴”とも思った」、『SERI~ひとつのいのち』和田琢磨(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「最初は“おい!丈晴”とも思った」、『SERI~ひとつのいのち』和田琢磨(上)

筆者: 中田 ゆりな 更新日: 2022年8月27日

conSept Musical Drama #7 『SERI~ひとつのいのち』が2022年10月6日(木)から10月16日(日)まで東京の博品館劇場で、 10月22日(土)から10月23日(日)まで大阪の松下IMP ホールで上演されます。同作は「両眼性無眼球症」の子を持つ母である倉本美香さんが出版した『未完の贈り物(2012 年刊)』を原作としています。タイトルロールの千璃役を山口乃々華さんが、千璃の母・美香役を奥村佳恵さんが、父・丈晴役を和田琢磨さんが演じます。

アイデアニュースでは、和田琢磨さんにインタビューしました。上、下に分けてお届けします。「上」では、本作への出演にあたり楽しみにしていること、共演者の方の印象や演出家の下司尚実さんのこと、初めての夫婦役・父親役のこと、和田さんの役作りのこと、本作の台本を読んで感じたことなどについて伺った内容を紹介します。

「下」では、丈晴役のこと、「無償の愛」について考えたというお話、オリジナル作品への出演について、今の環境での稽古場や公演で感じること、舞台に立つことへの思いなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

和田琢磨さん=撮影・山本尚侍
和田琢磨さん=撮影・山本尚侍

ーー稽古はこれからということですが、現段階で楽しみにされていることがあれば教えてください。

合同取材会で奥村さんがおっしゃったように、歌の部分や、傘を持って踊るところは、きっとものすごく華やかでショーとしておもしろいと思うんです。一方で、夫婦間の会話には、身近にも感じられるような、はっとさせられる一言もあります。そういう「ざらつき」をうまく表現していければと感じています。いろいろな要素が詰まった作品なので、楽しみ方の幅が大きい作品にしたいですね。ミュージカルの華やかさと、会話劇の生々しさと、一見両立しないような舞台の方向性ですが、今回山口さんや奥村さんとだったら、一つの作品にぐっと集約できるような気がします。

――妻の美香役の奥村さん、千璃役の山口さんの印象はいかがですか。

奥村さんは、クールビューティーな方かと思っていたのですが、お会いしてみると、関西弁の明るいお姉さんで(笑)、そのギャップが素敵だなと勝手に思っています。乃々華さん(山口さん)からは、無垢なピュアさが会見でも垣間見えていて、「そのまま育ってほしいな」という親心のような気持ちです。

ーー作品については、なにかお二人とお話をされましたか。

いえ、まだできていないんです(7月下旬時)。お会いするのは、前回のプロモーション撮影以来の、今日の会見が2回目なので。さきほどの会見で「お二人は、こういうことを思っているのだな」ということをお聞きできて、よかったです。

――演出の下司さんとは、これまでにも何度かご一緒されていますよね。

『サザエさん』の舞台で、途中のコミカルなシーンの振り付けをしていただきました。あとは、3年くらい前の舞台では、オープニングの振り付けで入ってくださっていたり。年齢も近くて、その時にもコミュニケーションを結構とっていただきました。実は今回も、下司さんがお声がけしてくださったんです。

ーーそうだったのですね。

彼女はこの作品で、初めてミュージカルの演出を担当します。僕もミュージカルへの出演は久しぶりということもあり、お互いに、幅を広げられる良いきっかけにもなればと思っています。

ーー久しぶりのミュージカルで、初の父親役、初の夫婦役など、「初めて」のことが多い作品になりそうですね。

父親役もですし、夫婦役も初めてです。僕自身は未婚で子どももいないですが、実年齢を考えると、もう経験していてもいいタイミングですよね。今回の作品を通して、「結婚して、子どもが生まれた」という疑似体験に対して、素直に向き合っていきたいと思います。「初めて子どもができた」という丈晴の気持ちや感覚は、未経験である自分だからこそ、自分が実際にその立場だったらどう感じるのかを、素直に表現できる面もあるかもしれません。作り込みすぎない方が良いかもと思っています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、和田さんの役作りのこと、本作の台本を読んで感じられたことなど、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。28日掲載予定のインタビュー「下」では、丈晴役のこと、「無償の愛」について考えたというお話、オリジナル作品への出演について、今の環境での稽古場や公演で感じること、舞台に立つことへの思いなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「自分のセリフ」そのものよりも、相手のセリフにどう感じ、反応するかを大切に

■等身大の人間が描かれている“人間ドラマ”。ピリッとするセリフをたくさん言われる

■奥村さんが、どんな顔つきと声で、ピリッとするセリフを言ってくるのかが楽しみ

■役のことを考えると矛盾するけれども、台本を読んで、美香のこともすごく分かると

<conSept Musical Drama #7 『SERI~ひとつのいのち』>
【東京公演】2022年10月6日(木)〜10月16日(日) 博品館劇場
【大阪公演】 2022年10月22日(土)〜10月23日(日) 松下IMP ホール
公式サイト
https://www.consept-s.com/seri/

『SERI~ひとつのいのち』 関連記事:

⇒すべて見る

和田琢磨 関連記事:

⇒すべて見る

※和田琢磨さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月27日(火)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

和田琢磨さん=撮影・山本尚侍
和田琢磨さん=撮影・山本尚侍

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>中田 ゆりな / 神戸在住のフリーランスライター。関西の観光、グルメを中心に企画・取材・執筆・撮影を担当。歌とダンスをたっぷり堪能できるミュージカルが大好き。⇒中田ゆりなさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ゆんちっち より:

    琢磨さんの太陽のような明るく優しい笑顔、大らかさに惹かれてファンになりました。その琢磨さんがSERIというシリアスな作品でどんなお芝居を見せて下さるのか今からワクワクしています!PVの短い映像だけでも琢磨さんの表情に惹き込まれるものがありました。生で観劇出来るのを楽しみにしています!!

  2. ザーラ より:

    こめかみに指を添えてる写真がめちゃくちゃ好きです。インタビューを読むと、やはり華やかな歌の部分とシリアスな会話の部分のギャップが大きそうなので、どう調和するのか気になります。

  3. くま より:

    父親役は初めての和田さんですが、頑張ってるね !
    さすが和田さん、本当に大好きです
    夫婦関係和田さんと奥村さん、夫婦間の会話の中のなシーン !
    本当に楽しみにしています!!!
    父親の役割、夫の役割、子供!
    和田さんにとっては初めての経験ですね!
    和田さんの舞台はたくさん見ました、ファンとしてはどの役も上手なのできっといい舞台になると思います!
    ミュージカル『SERI』楽しみにしています

    インタビューを読んでうれしいです!
    アイデアニュースさん、ありがとうございます
    そして、素敵なお写真(山本尚侍さん、ありがとうございます)

    本当にありがとうございます!

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.