「無償の愛って」、『SERI~ひとつのいのち』和田琢磨(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「無償の愛って」、『SERI~ひとつのいのち』和田琢磨(下)

筆者: 中田 ゆりな 更新日: 2022年8月28日

2022年10月6日(木)から10月16日(日)まで東京の博品館劇場で、 10月22日(土)から10月23日(日)まで大阪の松下IMP ホールで上演される、conSept Musical Drama #7 『SERI~ひとつのいのち』に、父・丈晴役で出演する和田琢磨さんのインタビュー、後編です。「下」では、丈晴役のこと、「無償の愛」について考えたというお話、オリジナル作品への出演について、今の環境での稽古場や公演で感じること、舞台に立つことへの思いなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

和田琢磨さん=撮影・山本尚侍
和田琢磨さん=撮影・山本尚侍

ーー「おい!丈晴」と思われたというお話をされていましたが、台本のどの辺りで、そう思われましたか?

ベビーカーを「しゅっぱーつ!」と行くところで、ぽつんと美香が立ち尽くすというシーンなどは、「丈晴は子育てのことを何も分かっていないな」みたいな吹き出しが出そうなところです。その辺りでは、「おい!丈晴」と思いましたが、逆に「千璃をこういう子どもにしたい」という美香に対して、「それは間違っているんじゃない?」という丈晴の言葉を読んだときには、丈晴に対して「確かにそうだな」と思ったりもしました。

今日、新幹線で移動中に考えていたのですが、よく「無償の愛」というじゃないですか。子どもにだったら無償の愛で、何でもできると。でも、無償の愛って、親が子どもに与えるものというより、子どもが、親に対して与えてくれている愛のことなんじゃないかと。

ーー「無償の愛」は、子どもから親にということを感じられたのですね。

今の時点での感じ方ですが、「こうなってほしい」、「周りからこう見えてほしい」という親の気持ちって、一見、子どもに対する親の愛情にも見えますが、自分の理想や願望、欲望が入っているので、無償ではないなと思いました。千璃が「手を握りたい」とか「歌いたい」「喜ばせたい」と思う気持ち。そういうことの方に、無償の愛を感じたんです。

でも、そこにあるものをそのまま受け入れるというのが無償の愛なのか、その子が将来幸せになるためだったら何でもやることも無償の愛なのか。やはり子どもを持った経験がないのでわかりませんが、今回、作品を通して感じてみたいです。

ーー今回は、オリジナルミュージカルですよね。原作がある作品に出演される場合との違いはどのあたりに感じられますか?

基本的なものは変わらないです。原作がある場合には、原作のキャラクターに似ているかとか、アニメではセリフをどんなふうに言っているかなどは、もちろん気にしています。でも、漫画のコマとコマの間の「描かれていない」ところを想像するのが、原作ものの作品に対する向き合い方だと思っているんです。例えば、そのキャラクターが、どういう立ち方をしているかとか、どんな表情でいるのかなどです。オリジナル作品の場合は、“コマのない漫画”を自分で描いていくようなイメージです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、今の環境での稽古場や公演で感じること、舞台に立つことへの思いなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「直接、その場で観るお芝居っていいよね」と、思っていただけるととても嬉しい

■正直なところ、この環境下で舞台を続けるということが、ちょっと億劫になることも

■マスクを外した本番で、「キラッキラしとるな…」と相手の表情に見入ってしまった

■久しぶりのミュージカル作品。東京だけでなく大阪でも公演できることにも嬉しさが

<conSept Musical Drama #7 『SERI~ひとつのいのち』>
【東京公演】2022年10月6日(木)〜10月16日(日) 博品館劇場
【大阪公演】 2022年10月22日(土)〜10月23日(日) 松下IMP ホール
公式サイト
https://www.consept-s.com/seri/

『SERI~ひとつのいのち』 関連記事:

⇒すべて見る

和田琢磨 関連記事:

⇒すべて見る

※和田琢磨さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月27日(火)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

和田琢磨さん=撮影・山本尚侍
和田琢磨さん=撮影・山本尚侍

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>中田 ゆりな / 神戸在住のフリーランスライター。関西の観光、グルメを中心に企画・取材・執筆・撮影を担当。歌とダンスをたっぷり堪能できるミュージカルが大好き。⇒中田ゆりなさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. くま より:

    待ってました、インタビューの後半と写真!
    ありがとうございます!

    そうです、無条件の愛は、親と子の間の相互の感情です!
    親子の感動と家族の瞬間を感じさせるミュージ作品だと感じました。

    はい、お久しぶりですよね、最初のミュージ「テニスの王子様」と「SEMPO」。
    和田さん、頑張ってるね !
    間違いなく素晴らしいミュージカルになるでしょう!
    ミュージカル『SERI』楽しみにしています

    インタビューの後半と写真を読んでうれしいです!
    アイデアニュースさん、ありがとうございます!

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.