「第3幕は韻文。生演奏もあって、ラップのような」、『血の婚礼』安蘭けい(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「第3幕は韻文。生演奏もあって、ラップのような」、『血の婚礼』安蘭けい(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年9月12日

スペインを舞台にした愛の悲劇『血の婚礼』が、2022年9月15日(木)から10月2日 (日)までBunkamuraシアターコクーンで、10月15日(土)と10月16日(日)に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されます。

スペインの伝説的劇作家フェデリコ・ガルシーア・ロルカによる官能的名作悲劇であり、ロルカの3大悲劇の1作でもある本作は、実際に起きた事件を元に、1932年に執筆され、翌年にロルカ自身の演出によりスペインで初演、同年にアルゼンチンでも上演されました。一人の女をめぐり、男二人が命を懸けて闘う、愚かしいほどの愛と衝動の物語です。アイデアニュースでは、その男のひとりである花婿の母親を演じる安蘭けいさんにインタビューしました。

「上」では、稽古のこと、作品の構造のこと、新たな翻訳によるこれまでの上演との解釈の違い、杉原さんの演出のこと、共演する木村達成さん、須賀健太さん、早見あかりさんとの稽古場での交流などについて伺った内容を紹介します。「下」では、今回の「母親」役のこと、 久しぶりのストレートプレイへの想い、芝居のこと、この作品の魅力などについて伺った内容と、読者の方へのメッセージ紹介します。

安蘭けいさん=撮影・NORI
安蘭けいさん=撮影・NORI

――稽古のご様子は、いかがでしょうか?

立ち稽古が2巡目というところです。この作品は3幕もので、1幕と2幕が休憩前、3幕が休憩後という構成になっています。一番最後のシーンは今の段階では、まだ1回も稽古していません。 第3幕は、ちょっと毛色が違うシーンになりそうで、そこの振り付けを現在進行形でやっているところです。

――振り付けされる場面があるというのは、意外です。

『血の婚礼』の台本には、散文と韻文の二つの部分があります。散文は会話劇、韻文は詩的なところになります。3幕は詩的なところがかなり多くて、振り付けというかステージングで、動きを絡めて付けています。 

3幕は主に動きも付けながら台詞を言うシーンが多いので、会話劇というより動きありきになります。これは、そういう風に演出の杉原邦生さんがされているのだと思います。しかも生演奏ですから、演奏の中で台詞と音楽が絡んでいきます。

――一般的に想像されるタイプの会話劇ではないということでしょうか。

会話劇の要素もありますが、第3幕は韻文で、自分の思いを詩のように言っていきます。いわゆるミュージカルで言う歌の部分にあたります。杉原さんは「ラップのような」とおっしゃってました。話し言葉ではない部分が多いです。ギリシャ神話やシェイクスピアではよくあるような、海外の戯曲ならではのシーンや台詞回しです。そういうシーンが3幕に突然現れるので、「1幕で観ていた芝居とは、別の作品になってしまったのかな?」という印象を受けるかもしれません。

――この作品ならではの面白さや難しさについては、どのように感じていらっしゃいますか?

今回の台本を書かれた田尻さんは、 劇団でずっとスペインの戯曲に取り組んでいらっしゃって、コロナ前は毎年1 度、スペインでもスペインの戯曲を日本人で上演されていたんです。スペインについて本当によくご存知の方に翻訳していただいています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、新たな翻訳によるこれまでの上演との解釈の違い、杉原さんの演出のこと、共演する木村達成さん、須賀健太さん、早見あかりさんとの稽古場での交流などについて伺った内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。13日掲載予定のインタビュー「下」では、今回の「母親」役のこと、 久しぶりのストレートプレイへの想い、芝居のこと、この作品の魅力について伺った内容や読者の方へのメッセージなど、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■新しい翻訳での『血の婚礼』。これまでとは解釈が違っているのが面白くも難しい

■「演出家先生」という雰囲気ではない杉原さん。笑いが絶えない稽古場になっている

■友達同士のような木村さん、須賀さん、早見さん。私は「近所のおばちゃん」みたい

■木村さん、須賀さん、早見さんを見守るだけではなく、どんどん関わっている

<『血の婚礼』>
【東京公演】2022年9月15日(木)~10月2日(日) Bunkamura シアターコクーン
【大阪公演】2022年10月15日(土)~16日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/chinokonrei2022/

『血の婚礼』 関連記事:

⇒すべて見る

安蘭けい 関連記事:

⇒すべて見る

※安蘭けいさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月12日(水)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

安蘭けいさん=撮影・NORI
安蘭けいさん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.