「冒険的な挑戦」、『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』小西遼生・伊礼彼方(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「冒険的な挑戦」、『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』小西遼生・伊礼彼方(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年9月25日

ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』が、2022年9月25日(日)から9月30日(金)まで東京・Bunkamuraオーチャードホールで、10月7日(金)から10月10日(月・祝)まで福岡・キャナルシティ劇場で上演されます。2021年12月の初演時には、観劇後の原作ファンやミュージカルファンから、多くの称賛の声が寄せられました。2022年版は新たなキャストが加わって、ブラッシュアップされて帰ってきます。

アイデアニュースでは、小西遼生さんと伊礼彼方さんの対談を、上、下に分けてお届けします。小西さんは、再演からの参加でトキ役で出演します。伊礼さんは、初演ではレイとジュウザを交互出演していましたが、再演ではジュウザ役で出演します(上川一哉さんとダブルキャスト)。「上」では、本作への想い、お互いのトキとジュウザを観て思うこと、トキとジュウザを演じるにあたってのそれぞれの想いなどについて話してくださった内容を紹介します。

「下」では、長年親交のある二人に、幅広くお話していただきました。最近の互いの出演作や役を見て思っていること、アドリブについて、小西さんの『ピーターパン』のフック船長や、伊礼さんの『レ・ミゼラブル』のジャベール、『ミス・サイゴン』のエンジニアの話、伊礼さんの芝居には、鴻上尚史さんの演劇論が基礎にあるのではという話、小西さんが演劇論を勉強していた頃の話、「ミュージカルを芝居にしたい」と以前からお互い話していたということなどについてお話ししてくださった内容と、再演にあたっての、お客さまへのメッセージを紹介します。

小西遼生さん(左)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳
小西遼生さん(左)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳

(インタビューは9月初旬に実施しました)

――8月末の段階で通し稽古をされたと伺いましたが、ジュウザ役は上川一哉さんがされたのですか?

小西:そうです。基本的に初演をなぞるのではなく、新キャストがいる役は、新キャストが一から役を作っていく作業を主にしています。

――初演キャストは、それを見守っている感じですか?

小西:初演キャストももちろん皆新しいアプローチを探している最中ですが、初演キャストのベースとなるキャラクター像は演出する石丸さんの頭の中にも見えていますし、演じる人によってそのキャラクター像は異なると考えていらっしゃるので、新キャストの像を早く見つけたいというのがありますね。

伊礼:それはあるかもしれないね。

小西:ミザンスとか形だけを移すやり方ではなく、本人が役を作っていく過程を大事にされているのだと思います。

――初演からは、どのくらい変わっていますか?

伊礼:がらっと変わっているわけではなく、もやっとしたところが分かりやすくなりました。レイのいる意義とか、なぜ登場してきたのかということなどが明確になったり、ジュウザのユリアに対する気持ちを誰かがセリフで語ってくれていたり。原作を知っている方には「あのシーンだよね!」と喜んでいただけますし、知らない方は、まっさらな気持ちで情報がそのまま入ると思います。

――小西さんは、前回の舞台をご覧になっていますか?

小西:どうも、加藤和樹です。

――(笑)。トキのビジュアルが出た時に、「初演もいらっしゃいましたよね?」というくらい自然でしたね。

伊礼:そりゃそうだよね。あの悲壮感を帯びた感じ、最高でしょ。

小西:言い方(笑)。

伊礼:通しで第一声を聞いた時に、「OK! トキ!」と思った。

――ビジュアルが発表になったとき、馴染み過ぎていて驚きました。

小西:ありがたいです(笑)。衣装合わせ1回とチラシ撮影でしかまだ着ていないのですが、なんだか馴染んでます。

――初演はご覧になっていたのですか?

小西:出演のお話をいただいてから、映像で観ました。本当にいい意味で裏切られたというか。だって上演が発表された時って「あの作品を!?」みたいなこと、きっとみんな言ってたでしょう?

伊礼:言ってた。

小西:多分、つくる側も、「この作品をミュージカルにするの!?」みたいに最初は思っていたと思うんです。

伊礼:ほぼ全員言ってた。

小西:でしょ? 世の中的にも、実際に関わっている人間もそういう印象だったところから、見事にイメージを覆した作品だと思いましたね。それは石丸さんをはじめとするマンパワーの力でもあるし、漫画原作をミュージカルにするという方法の中で、これほど演劇的なアプローチで各キャラクター像や人間関係を大切に作り上げるというのは、なかなか難しいことだと思うので、本当にこの人たちの情熱で作りあげたんだなと本番の映像を見て感じました。

――カンパニーの外にまで、評判が聞こえていたんですね。

小西:イメージの強い原作を元に作るのは大変だろうなというのは大体分かります。でも、そういう前評判の声はきっと覆すだろうなと。見事に舞台作品に昇華したというか、純粋に面白かったです。

――その様子を知っていて、映像をご覧になって、どのような気持ちでお引き受けになったんですか?

小西:ホリプロさんが作る作品は、近年ずっと挑戦的なので、関われる時は関わりたいといつも思っています。作品を自己満足で完結させるのではなく、あえて難しい題材にも挑戦し、作品や人を育てていこうとする思いや、ジャパニーズミュージカルを作りたい、世界にも発信したいという意欲がとても素敵だなと思います。

今回もお声がけいただいて、ありがたくお引き受けしました。この作品には知りあいの役者もたくさん出ているので、より一層観ていて面白かったです。

「お! 伊礼君、楽しそうにこの活劇の中に入ってるな!」みたいな感じとか(笑)。大前提として、演劇の力やテクニックなど、いろんなものを持っている人たちが集まっていますし、この人たちが本気でやったら当然面白い。

――初演を創る渦中にいらっしゃった伊礼さんは、『北斗の拳』をミュージカルにするという発表があって、結果話題作になって、すぐ再演が決まるという経緯や、皆さんのマンパワーで創る面白さなどを、どのように感じていらっしゃいますか?

伊礼:ちょっと重複しますが、小西くんが言ったように、ホリプロの冒険的な挑戦、「会社で新しいものを作っていくんだ、新しい道を切り開いていくんだ」という姿勢が、やっぱり面白くて。もう会長になられましたが、当時社長だった堀義貴さんの前でも、「関われるのであれば、自分も参加したい」と言ったんですよね。新しい道を築いていくのは大変だと思います。失敗も多いだろうし、リスクもあるでしょう。

でもそのリスクを負ってでも進んでいこうとする、世界進出を目指していく方針や理念には、いち役者としてはやっぱり憧れがあるし、自分も携われるのであればという思いがあるので、ホリプロの人間じゃなくても携わっていけるという環境を与えていただけるのはありがたいです。ホリプロさんの作品に出させていただくというのは、非常に魅力的なことだと思います。『デスノート THE MUSICAL』も成功していますし、多分これからもっともっと成功するでしょう。日本の漫画は、世界に誇れる文化のひとつじゃないですか。

この作品については、「大丈夫? こんなの、 どうやってミュージカル化するの?」と思いながらも、未知なる世界に自分も浸かってみたいという気持ちがありました。こんなに盛り上がるとは思いませんでしたね。

――「ここまでとは!」という感じですか?

伊礼:最初は盛り上がってなかったと思うんです。「筋肉祭りでしょ? 何が楽しいの?」みたいな。

小西:そうなるよね。ミュージカルのイメージは全くないもんね。

伊礼:多くのミュージカルファンの方々は、綺麗なものを見たいのだろうなと。でも蓋を開けてみれば、どんどん数字が伸びていって。再演や再々演、中国へ、次はイギリスなのかフランスなのか分かりませんが、そういうところを目指してやっていっているんだろうなと思います。僕もそのワンピースになれればと思っていますし、携われるのは嬉しいです。オリジナルですから、いろいろな問題はありますし、ゼロから作らなければいけない大変さはありますが、とてもやり甲斐のある仕事です。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、お互いのトキとジュウザを観て思うこと、トキとジュウザを演じるにあたってのそれぞれの想いなどについて話してくださった内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。インタビュー「下」では、長年親交のある二人に、幅広くお話していただきました。最近の互いの出演作や役を見て思っていること、アドリブについて、小西さんの『ピーターパン』のフック船長や、伊礼さんの『レ・ミゼラブル』のジャベール、『ミス・サイゴン』のエンジニアの話、伊礼さんの芝居には、鴻上尚史さんの演劇論が基礎にあるのではという話、小西さんが演劇論を勉強していた頃の話、「ミュージカルを芝居にしたい」と以前からお互い話していたということなどについてお話ししてくださった内容や再演にあたっての、お客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■伊礼:小西遼生の声がそもそも好き。解釈が違っていても芝居を見てストレスがない

■小西:「トキはぴったり」と先に想像されちゃってると、少し恥ずかしい(苦笑)

■小西:伊礼くんのジュウザは、水を得た魚。ちょっとした緩急などがやっぱり上手い

■伊礼:ジュウザのシーンは、箸休めみたいになればいいなと考えて、毎回アドリブを

<『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』>
【東京公演】2022年9月25日(日)〜9月30日(金) Bunkamuraオーチャードホール
【福岡公演】2022年10月7日(金)〜10月10日(月・祝) キャナルシティ劇場
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/musical_fons2022/

『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』 関連記事:

⇒すべて見る

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

伊礼彼方 関連記事:

⇒すべて見る

※小西遼生さんと伊礼彼方さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月25日(火)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小西遼生さん(左)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳
小西遼生さん(左)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. らぶりぃ より:

    自由奔放なジュウザと静かに闘志を燃やすトキに魅了された素晴らしい作品でした。再再演を心より期待しております!

  2. マギー より:

    岩村の記事いつも楽しく拝読いたします。
    おかげさまで今回のミュージカルより一層楽しめました。
    ありがとうございました。

  3. うし より:

    東京公演福岡の大千穐楽まで拝見しました
    舞台上では掛け合いがある訳ではなかったですが、お二人の舞台上での生き様が素敵でした

    インタビューで仰ってましたがまたぜひ藤岡さんと3人で何かやってください!

  4. さっち より:

    この作品に対するお二人の率直な感想が興味深いです。
    観劇後に改めてこのインタビューを読むとまた改めて感じるものがありました。
    私も「この作品をミュージカル化?」と思っていましたが、実際に観てみると「なるほどこんな面白さがあったのか」と。
    小西さんのトキ、想像通り(笑)ハマッていましたが、役としてもとても説得力があって流石でした。(それは伊礼さんもですが)
    そして今回のお写真(も)、どれもとても素敵で、写真集にしてください!という感じです。

  5. Mi より:

    美写真をありがとうございます。
    トキもジュウザも素敵でした。
    ジュウザからエンジニアへの切り替えは大変そうですね。
    藤岡さんとの3人ユニットも期待しています!!

  6. にょん より:

    2人の共演をとても楽しみにしていました!かけあいが楽しくて、今回は絡みがない役ではありますが、舞台上でもやりとりをする2人を観たいなあと思いました。公演が楽しみです!

  7. ロゼ より:

    両想いのお二人ですね。
    伊礼さんのショータイム♪は、絶妙だなぁと思っていたのですが、偶然じゃなくてちょうど良い塩梅にしていたのがわかりました。
    小西さんがすごく考えてトキを作られてると思いますが、伊礼さんだけでなくトキにぴったり!と、恐らく誰しも感じてますが、予想以上のトキにしてくださるのが小西さん。
    これからの初日が楽しみです。
    下も楽しみにしています。

  8. さすけ より:

    初演も驚きの連続で楽しめましたが、再演でまたこの作品の新しい一面を観るのが楽しみです。

  9. みっく より:

    初演は、観ていませんでしたが、この記事を読んでますます楽しみになりました。

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.